医師の求人情報はどこにある!? まずはここをチェック!

医師の働き方や時間が多様化している今、職場も病院だけとは限りません。
また、自分にあった働き方や職場を求めて転職活動をする医師も増えてきているそうです。
そこで大切になってくるのが求人情報。
今回は医師向けの求人情報の集め方や注目すべきポイントなどをご紹介しましょう。
転職を考えている医師の方や、「現在の職場とは別の分野で働いてみて、医師としてのスキルを伸ばしたい」という方はぜひ読んでみてくださいね。

1.多様化する医師の働き方

なぜ今転職を考えている医師が増えてきているのでしょうか?
この項では医師の労働環境の問題点や、多様化する働き方についてご説明しましょう。

1-1.医師の多くは働きすぎ?

『医師の職場』というと多くの方が病院で患者さんを診察する「臨床医」をイメージするでしょう。
臨床医は医療の最前線であり、充実してやりがいのある仕事です。
しかしその一方で専門とする科によっては休日どころか睡眠さえ満足に取れないところもあります。
患者さんの命も大切ですが、医師も人間。満足に休めない日々が続けば体を壊してしまうでしょう。
今、転職を考えている医師の中には、現在の職場が忙しすぎることが原因、という人も少なくないのです。

1-2.医師を求める職場も増えている?

医師の転職が増えている理由のひとつに、病院以外にも医師を求める職場が多くなってきたということがあげられます。
代表的なのものが、「メディカルドクター」と「産業医」。
産業医のほうはご存知の方も多いでしょう。
一般企業に勤務して社員の健康管理や指導を行うのが仕事です。
メディカルドクターというのは聞きなれない名前ですが、製薬会社に勤務し、新薬開発に関わる仕事を行います。
臨床医としての経験が生かせるので、勤務医の転職先としてに人気があるそうです。

1-3.女性医師の増加も原因のひとつ

女性の社会進出が活発になるにつれて、女性医師の数も年々増え続けています。
社会のほうも「産婦人科医などデリケートな部分を診察する医師は同性のほうが良い」ということで、女性医師の増加を歓迎していますね。
しかし、女性は結婚や出産でライフスタイルが大きく変わる人が多いでしょう。
「医師としてバリバリ働きたいけれど、子供や家族との時間を大切にしたい」という考えから転職を考える医師も少なくないのです。

2.求人情報の集め方

一昔前までの医師の転職といえば、医局を通して行うのが一般的でした。
しかし今は医局を通さずに転職活動をする医師も増えてきています。
では、医師向けの求人情報はどこで集めればよいのでしょうか?
そこでこの項では求人情報の収集の仕方をご紹介しましょう。

2-1.医師向けの求人サイトを利用しよう

一般的な求人情報はハローワークやウェブ・求人情報誌など、至る所で知ることができます。
しかし、医師の求人はそのようなところにはほとんどありません。
それはいったいなぜでしょうか?
理由はふたつ。ひとつは、医師はとても専門性が高い職業ですので、「医師」という漠然なくくりでは求人ができません。
求めている医師の専門性が高いほど、医局などの限られた場所に求人情報が公開されることが多いのです。
もうひとつは、あまり医師を募集していることを外部の人々に知られたくない、という企業が少なくないからです。
そんな企業が医師の募集をするのが医師専門の求人サイト。
このようなサイトでは会員限定で求人が公開されます。
ですから、転職を考える医師はまずは求人サイトに登録をしてみましょう。
いくつか登録してみて、自分に合った求人を探すのもお勧めです。

2-2.求人サイトを閲覧する際の注意点

前述したように、医師の職場は多様化しています。
病院以外の職場からの求人も多いでしょう。
しかし、職場の環境ががらりと変わると慣れるまでに時間がかかります。
勤務医が病院以外の職場に転職しようと思った際は、職場の状態や仕事内容をよく確認しましょう。
病院以外の職場の場合は、語学やコミュニケーション能力など医師のスキル以外が求められることもあります。
この点もよく確認しておきましょう。

2-3.コーディネーターを活用しよう

医師専門の求人サイトには、「コーディネーター」と呼ばれる、転職活動をしている医師と求人をしている企業との橋渡しをしてくれる担当者がいます。
今までと全く違った環境の職場へ転職しようと思っている医師に、迷いと不安はつきもの。
分からないことがあったらどんどんコーディネーターに質問をしましょう。
コーディネーターと良い関係を築くことができたなら、転職活動もうまくいく可能性が高いです。
また、コーディネーターが親身に話を聞いてくれたり、質問に答えてくれたりする求人サイトは企業側からも信頼されているでしょう。
あなたの担当になったコーディネーターの態度で、ある程度求人情報の質もわかるのです。

3.転職活動をする際の注意点

では、実際に転職活動をする際にはどのような点に注意をすればよいのでしょうか?
この項では、それをご紹介しましょう。

3-1.譲れない点を絞って就職活動をする

医師が転職活動をする理由は様々です。
「今の職場よりも条件の良い職場に転職したい」と思っている方は多いでしょう。
しかし、あなたの希望をすべてかなえてくれる理想の職場、というのは残念ながらありません。
そこで決して譲れない点をまずは決めましょう。
給与・勤務時間・仕事内容など、どうしても譲れない点が希望通りならば、その他に多少不満があっても、ある程度は妥協が必要かもしれませんね。

3-2.転職活動は時間を決めて

今の転職活動は、パソコンやスマートフォンがあれば場所を選ばずに行うことができます。
大変便利ですが、その一方で転職活動が気になって仕事が手につかなくなる恐れもあるでしょう。
医師は患者さんの命を預かる仕事。
上の空で仕事をしてミスを犯せば、取り返しが付かなくなる可能性もあります。
「転職活動は就業前や昼休み」と時間を決めて、それ以外は転職サイトを開かない等、自分でルールを決めましょう。
事前にコーディネーターに連絡が取れる時間帯を教えておけば、うまく時間調整をしてくれますよ。

3-3.転職先が決まってから今の職場に報告する

職場にもよるでしょうが、転職活動をしている人がいると人間関係がぎくしゃくする場合があります。
特に病院勤務の医師の場合は看護師や同僚の医師との連携が不可欠でしょう。
いらぬ波風を立てないためにも、転職活動は大っぴらに行わず、転職先が決まってから退職日とともに職場に報告しましょう。
また、転職が決まってからも退職日までは真摯に勤務に取り組みましょう。
『発つ鳥跡を逃がさず』、といいます。
医療の世界は広いようで狭いので、かつての同僚たちと再びお付き合いする可能性もないとはいえません。

おわりに

いかがでしたでしょうか。
今回は医師が転職活動をする際の求人情報の集め方などをご紹介させていただきました。
まとめると

  • 医師も働き方が多様している。
  • 医師専門の求人サイトを活用しよう。
  • コーディネーターと良い関係を築こう。
  • 転職活動は時間を決めて静かに行おう。

ということです。
「勤務時間が合わない」「体力が続かない」「家庭と仕事が両立できない」などの理由で現在の職場で働き続けることが難しい医師の皆様。
今は医師の勤務先は病院だけとは限りません。
今までのスキルを活かして別の職場で働いてみませんか?
別の分野で働くことは、医師としてのスキルを高めたい方にとっても有意義なことです。