物を増やさない方法とは?考え方・生活習慣を改善してキレイな部屋を維持しよう!

セールやバーゲンの文字を見ると、つい衝動買いをしてしまう人は要チェックです。
物を増やさない方法について説明します。
衝動買いをすると、いつも後悔してしまう人は多いのではないでしょうか。
後で考えてみると、「欲しい物じゃなかった」「必要のない物だった」と冷静になりますよね。
衝動買いをやめなければ、徐々に物が増えていってしまうでしょう。
物を増やさないためにも、考え方や生活習慣の改善に意識を高めてください。

1.物を増やさない方法

衝動買いをしてしまう人は、物を増やさない方法を知ることが大切です。
不要な物を今以上増やさないためにも、ぜひ知っておいてほしい方法を説明します。

1-1.保存用としての物は買わない

衝動買いをする人に多いのが、「保存用を購入すること」です。
今使っている物の保存用として購入している物はありませんか?
保存用を購入すると、同じ物が2つになり、部屋の中が物であふれやすくなってしまいます。
保存用で購入しても、決して使うことはありません。
すでに使っている物もあるでしょう。もう1つは新品未使用状態になってしまうのです。
買った意味がないことはもちろん、いつの間にか存在を忘れてしまう人も多いでしょう。
使わない物を保存していても収納スペースが無駄になってしまうだけなので、保存用としての物は買わないでください。
物もお金ももったいないので、物を増やすためにも頭の中に入れておきましょう。

1-2.絶対に買わない物を決める

どれだけ安く売り出していても絶対に買わない!と断言できる物を決めてください。
本当に今必要な物だけ買うためにも、絶対に買わない物を決めることも大切です。
たとえば、増えやすい洋服や雑誌、CD、置き場所に困りがちな運動器具など、絶対に買わないと決める気持ちが大切になります。
もし、衝動買いになりそうなときは、いったん冷静さを取り戻してください。
「今本当に必要な物なのか」「買って自分はどうしたいのか」、考えてみましょう。
冷静になって考えてみてください。「必要ないから買わない」と判断できます。
衝動買いしやすい人は、気持ちを抑えることができません。
だからこそ、冷静になって考えることが大切ですよ。

1-3.「新しい物」を購入するたびに「古い物」を捨てる

物を増やさないためにも、「新しい物」を購入したら「古い物」を捨てていきましょう。
購入した物が2つの場合、2つ古い物を捨てるというシステムにすれば、物を増やす心配もありません。
使っていない古い物を捨てないから、部屋に物があふれてしまいます。
新しい物を購入したら古い物を捨てることさえ守っておけば、キレイな部屋が維持できるでしょう。
また、定期的に古い物を処分する習慣をつけることもできます。
いつの間にか身についていることなので、周囲には必要な物しかない状態になるでしょう。
衝動買いをすることが多い人は、ぜひ取り入れてみてくださいね。
効率的な生活をするためにも古い物を捨てることは大切です。

2.考え方・生活習慣の改善点

2-1.買う前に、代用できる物はないか考える

衝動買いをする人は、「今買っておかないと」と焦りが表に出てきてしまいます。
そのため、買った後のことを考える余裕がありません。
家にある物かどうか考えることができず、セール品、お得だからとつい買ってしまうのです。
買う前に、「家にある物で代用できるかどうか」考えてみてください。
代用できる物はないか考えたうえで、代用できる物がなければ購入してもいいでしょう。
しかし、代用できる物があれば購入する必要がありません。
手持ちのアイテムで代用ができるのですから、買っても使わないでしょう。
衝動買いをする前に、考え方を改めることが必要ですね。
最初は難しく感じてしまうこともあるでしょう。
少しずつ、しっかり考えることができれば自然と身につきます。

2-2.「もったいない」を言い訳にしない

物を増やしてしまう人は、「もったいない」を言い訳にしています。
もったいない精神を美化している人ほど、部屋の中にたくさん要らない物があるのです。
本当は要らない物だとわかっているけれど、「もったいない」と言う美徳が邪魔をしています。もったいないが言い訳になってしまってはダメです。
物を捨てるかどうか迷ったときは、自分の内面と向き合ってください。
「もったいない」からではなく、なぜ自分は物を捨てることができないのか、自分自身に問いかけることが大切です。
捨てることができない原因を考えれば、自分で気づくことがあります。
そして、「自分が思っていたより大した物ではない」と判断でき、物への執着心が薄まるでしょう。もったいないからと、あれこれ物を収集してはいつの間にかゴミ屋敷になってしまいます。
もったいないを言い訳にせず、いい機会ですから自分と向き合ってみてはいかがでしょうか。

3.要らない物を処分する方法

3-1.使えそうな物は売る

要らない物を処分することも、物を増やさない方法だと説明しました。
要らない物の処分は、どうすればいいのでしょうか。
まだ使えそうな物を捨てる場合、そのまま処分するのはおすすめしません。
そこで、使えそうな物は売りに回しましょう。
売ることで処分できると同時にお金も得る、一石二鳥の方法だと言えます。
リサイクルショップや買い取り業者は、価値ある物であれば買い取ってくれるでしょう。
ただし、傷がついている物や壊れていて使えない物は買い取ってもらえないので注意してくださいね。
たとえ、買い取ってもらえなくてもネットオークションの利用があります。
ネットオークションでは、買い手さえ見つかれば取り引きができるものです。
ぜひ、チェックしてみてはいかがでしょうか。

3-2.不用品回収業者に依頼する

処分したい物が大量にある場合、「不用品回収業者」を利用するのも1つの処分方法です。
不用品回収業者なら、どのような不用品でも回収してくれます。
量がたくさんあっても、1度にすべて回収してくれるので楽チンです。
また、わざわざお店に運ぶ必要もありません。
連絡すれば、その日のうちに自宅へ回収しにきてくれるでしょう。
手間いらず、時間を無駄にせず処分できる方法ですね。
ただし、不用品回収業者に依頼するときは、事前に「見積書」を確認しなければなりません。
見積書に不備がないかどうか、妥当な料金かどうかチェックしてください。
疑問点があればすぐ業者に問い合わせましょう。
気持ちよく処分するためにも、確認は大切ですよ。

4.まとめ

物を増やさない方法、考え方・生活習慣の改善点、要らない物を処分する方法について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
物を増やさないための行動も大切ですが、物を捨てる勇気も必要です。
今ある物の中から「必要な物」「要らない物」をわけていきましょう。
もし、悩んだときは、「1年以上使っている物かどうか」を基準にしてください。
要らない物が処分できれば、部屋もスッキリになりますよ。

  • 保存用としての物は買わない
  • 絶対に買わない物を決める
  • 「新しい物」を購入したら「古い物」を捨てる
  • 買う前に、代用できる物がないかどうか考える
  • 「もったいない」を言い訳にしない
  • 自分自身と向き合うことが大切
  • 使えそうな物は売る
  • 不用品回収業者を利用する

以上のポイントを踏まえながら、物を整理してください。
物を増やさないためにも、少しずつの努力と工夫が大切です。
無理のない程度に、できることから少しずつ始めていきましょう。