吹き抜けを家に造るメリットとデメリットとは?

吹き抜けのある家は開放感があり、家の中が明るく見えます。
モデルハウスなどで、吹き抜けのある家を見学すると「わが家にも吹き抜けを作ろう」と思う方もいるでしょう。
しかし、吹き抜けのある家はメリットだけではありません。
今回は、デメリットもご紹介します。
また、吹き抜けを作るのに向いている家、向いていない家もご紹介しましょう。
メリットとデメリットの両方が分かれば、家を建てる際に役立ちます。
これから家を建てる方は必見ですよ。

1.吹き抜けとは?

吹き抜けとは、一階部分の天井と二階部分の床を設けずに上下を連結させたスペースのことです。
通常の家も階段の部分だけ吹き抜けになっている、というケースもあります。
吹き抜けのある家は、吹き抜けのスペースを可能な限り多く取っているのです。
また、平屋では吹き抜けが作れない、ということはありません。
天井板を張らず、わざと梁(はり)をむき出しにしたスタイルの家も、天井裏が吹き抜けになります。
屋根に天窓をつければ、部屋の中が一気に明るくなるでしょう。

2.拭き抜けのメリット・デメリットとは?

では、吹き抜けのメリット・デメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?
この項で詳しくご紹介します。
メリットだけを見て造ってしまうと後悔するかもしれません。

2-1.吹き抜けのメリット

吹き抜けを作ると、開放感が出て家が広く見えます。
天井がないだけで、体感する広さは倍以上になるそうです。
また、吹き抜けの上に窓を作ることにより、陽光が部屋の中に降りそそいで明るくなります。
都市部では、家の敷地が狭く窓の位置に悩む方も少なくありません。
また、窓を作っても北や西側だったり目隠しが必要だったりする場合は、十分な採光を得られないでしょう。
しかし、吹き抜けにして天窓を作ると、どの時間でも日光が入ります。
また、天上は目隠しの必要もないのです。
そして、家族の声が聞こえやすいのも大きなメリットでしょう。
たとえば、リビングを吹き抜けにすると1階から呼びかけても、2階の個室まで聞こえます。
また、2階の音もリビングに聞こえやすいです。
ですから、家族が何をしているか分かりやすいため、育児や介護なども行いやすいでしょう。

2-2.吹き抜けのデメリット

吹き抜けは、天井が通常の部屋よりも高くなります。
ですから、冷暖房が効きにくいです。
特に、天窓がある場合は日光が直接部屋に降りそそぎますから、夏の暑さはかなりのものになるでしょう。
また、暖かい空気は上の方へ行きます。
ですから、冬は暖房を強くしても、人のいる場所はなかなか温まりません。
つまり、冬寒く夏暑い家になるでしょう。
また、声が響くということはよいことだけではありません。
特に、二世帯住宅の場合はお互いの生活音が聞こえるとストレスになることがあるでしょう。
さらに、天窓は掃除が難しいです。
新築のときはよいかもしれませんが、築年数がたってくると風雨で汚れてくるでしょう。
ガラス窓が曇ると採光も悪くなります。

3.吹き抜けが向いている家、向いていない家とは?

さて、どうですか?メリットとデメリットはご理解いただけたと思います。
この項では、吹き抜けが向いている家と向いていない家の特徴をご紹介しましょう。
ご自分が建てる家はどちらにより当てはまるのか、確かめてみてください。

3-1.吹き抜けが向いている家

吹き抜けを作っても問題がない家は、暖かい地方に建つ小さい家です。
小さい家ならば、たとえ冷暖房が効きにくくても天井にゆったりと回転するプロペラをつけたり、高性能のエアコンをつけたりすれば大丈夫。
光熱費も多少高くなる程度でしょう。
また、家族の人数は少ない方が吹き抜けを作るには向いています。
家族が多いとやはり音も響きやすいでしょう。
さらに、通常の窓では採光が十分に得られない家も、吹き抜けと天窓を作った方が、より快適に過ごせます。
日当たりは、皆様が思っている以上に大切なのです。

3-2.吹き抜けを造るのに向いていない家

あまり広い家に巨大な吹き抜けを造ってしまうと、温度管理が大変です。
いくら高性能のエアコンでも限度がありますから、家によっては吹き抜けのある場所に複数台必要になるかもしれません。
すると、光熱費が大変なことになります。
また、小さい子どもや体が不自由な高齢者がいる家も吹き抜けは不向きです。
足音が響きやすいですし、デザインによっては転落の可能性もあるでしょう。
子どもはやがて大きくなりますが、高齢者は体の機能が改善することはありません。
ですから、より安全性の高い家を作りましょう。
さらに、完全分離型の二世帯住宅を造りたい場合も、吹き抜けは向きません。
一階と二階で親世帯、子世帯に分けた場合、吹き抜けがあるとどうしてもプライバシーがたもたれなくなるでしょう。
また、南の地方ほど陽光がきついです。
ですから沖縄などの南国にお住まいの方が吹き抜けのある家を造る場合は、日光をさえぎる手段も天窓につけておきましょう。
さらに、周りが高いマンションなどに囲まれていると、天窓から家の内部が見えてしまうこともあります。

4.吹き抜けのある家を造る場合の注意点

吹き抜けは、絶対に必要なものではありません。
たとえば、日当たりの悪い敷地に住宅を造る場合でも、工夫しだいで天窓以外からも採光が取れるでしょう。
建築士や設計業者の腕の見せ所です。また、吹き抜けの形もひとつではありません。
光熱費をできるだけ節約したい場合は、空気をかくはんするプロペラを取りつけるなどの工夫をしましょう。
さらに、安全にも十分に気を配ってください。
吹き抜けはたいてい手すりをつけて転落防止にしますが、子どもの場合はそこをよじ登る可能性もあります。
さらに、二階からおもちゃを投げることもあるでしょう。
下の人がケガをしないようにしてください。
また、天窓の掃除方法も考えておきましょう。
屋根にのぼれるならば、そこから掃除をする方法もあります。
しかし、天窓が大きい場合は素人では難しいでしょう。
ですから、掃除を依頼できる業者などを調べておくと、年に1度くらいの割合で依頼ができます。
天窓は小まめに掃除をする必要はありませんが、あまり何年もほうりっぱなしにしておくと、汚れで外が見えにくくなるでしょう。

5.おわりに

いかがでしたか?
今回は、吹き抜けのメリット・デメリットなどをご紹介しました。
今は、いろいろな家のデザインがあります。
吹き抜けを造らなくても、開放感が出るような造りにすることも可能でしょう。
ですから、吹き抜けはあくまでも候補のひとつと考えておくとよいですね。
また、温暖な地域に建っている家の場合は、床暖房をつければ足元から暖まります。
さらに、天窓にロールカーテンなどをつけておくと日光が強すぎるときにしめておけるでしょう。
このように、単に「すてきだから」というだけでなく、デメリットをメリットに変える工夫を考えた上で、吹き抜けを造るかどうかを決めてください。
また、作ると決めたら、いろいろなデザインを見てみましょう。
ただし、デザイン性を重視しすぎると住みにくくなります。
住み心地を1番に考えて、次にデザインを考えましょう。
なお、匂いも上にあがりますので、キッチンをうかつに吹き抜けにしないようにしてください。