ドライヤーの処分・買取依頼方法を一挙解説! お得に処分するコツは?

ドライヤーは髪を乾かすために必要不可欠な家電製品ですが、買い替えたり故障したりなどで処分せざるを得なくなることがあるでしょう。要らなくなったドライヤーの処分に、頭を抱える方が多いはずです。家電製品なので、家電リサイクル法の対象品目になっているか不安になりますよね。曖昧な状態で捨ててしまうと、不法投棄などトラブルになる恐れがあるので注意しなければなりません。

そこで本記事では、ドライヤーの正しい処分方法と買取に出すときのポイント・注意点について解説します。

  1. ドライヤーを処分する前に知っておきたいこと
  2. ドライヤーを自治体で処分する方法
  3. ドライヤーを買い替えで処分する方法
  4. ドライヤーを買取に出す方法
  5. ドライヤーの処分を回収業者に頼む場合
  6. ドライヤーの処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、ドライヤーの正しい処分方法・買取に出す方法とポイントが分かります。悩んでいる方やお得に処分したい方は、ぜひチェックしてください。

1.ドライヤーを処分する前に知っておきたいこと

ドライヤーを処分する前に、平均寿命や故障でよくある症状などを把握しておきましょう。処分に関する知識を習得することで、正しく捨てることができます。

1-1.ドライヤーの寿命、故障でよくある症状は?

具体的な寿命はメーカーや種類によって異なりますが、ドライヤーの平均寿命は約3~4年といわれています。でも寿命が短いのは、ドライヤーの心臓部分であるモーターが関係しているからです。モーターによって熱風を起こしますが、使えば使うほど消耗するため、使用頻度が多いドライヤーほど寿命も短くなるでしょう。寿命に近づいてくると起こりやすい故障の症状は、以下のとおりです。

  • ドライヤー本体が発熱する
  • 今までしなかった大きな異音がする
  • 温風が出なくなる
  • 焦げ臭くなる

1-2.自治体によってゴミの分類が異なる

ドライヤーを自治体で処分する場合、1番の問題は何ゴミになるかという疑問です。一般的に、ドライヤーは燃えないゴミ(不燃ゴミ)に分類されることが多いのですが、自治体によってゴミの分類が異なるので注意してください。小型家電リサイクル法に基づいて処分を決めている自治体では、一般の家庭ゴミとして捨てることができません。詳細は、後ほど【2-2.小型家電リサイクル法に基づいて捨てる】にて説明するので、ぜひチェックしてください。

1-3.状態によって買い取ってもらえることも

ドライヤーは生活の必需品となっているため、中古需要が安定しています。そのため、状態がいい製品ほど買い取ってもらえる可能性が高いのです。買取の可否は、販売年月が大きく関係することになるでしょう。前述したとおり、ドライヤーの平均寿命は約3~4年となっているため、3年以上が経過しているドライヤーは買取対象にならないケースがあります。買取を検討しているなら、なるべく早めに売ることがベストです。

2.ドライヤーを自治体で処分する方法

それでは、ドライヤーを自治体で処分する方法とポイントについて解説します。

2-1.各自治体の処分方法とルールを確認する

自治体で処分する際は、それぞれの地域でゴミの分類が異なります。何ゴミに指定されているのか、まずはお住まいの地域の処分方法とルールを確認してください。きちんと確認しなければ誤った方法で処分してしまうので注意しなければなりません。

2-2.小型家電リサイクル法に基づいて捨てる

小型家電リサイクル法に基づいてゴミの処分を決めている自治体では、ドライヤーをゴミとして処分することができません。公共施設や家電量販店などに設置されているリサイクル回収ボックスに投函(とうかん)することになります。具体的な方法に関しては、自治体のホームページまたは掲示板等で確認したほうがいいでしょう。

2-3.費用が無料~数百円で処分できる

自治体で処分する大きなメリットは、費用が無料~数百円で済むことです。回収業者へ依頼したり、ほかの方法で処分したりするよりも安く抑えることができます。また、自治体という安心感も大きいので、不法投棄されたり間違った方法で処分されたりするという心配がありません。ただし、回収場所・回収日が決まっていることもあり、すぐに手放すことができない場合があります。

3.ドライヤーを買い替えで処分する方法

買い替えを検討している方は、販売店での引き取りまたは下取りが利用できる可能性があります。買い替えで処分する方法とその特徴についてチェックしておきましょう。

3-1.下取りまたは引き取りサービスを利用する

新しいドライヤーを購入する代わりに、古いドライヤーの下取りまた引き取りを行っている店舗があります。下取りは、古いドライヤーを買い取り、販売額から買取額を差し引く方法です。販売価格よりも安く手に入れることができる魅力があります。また、引き取りの場合は無料で行っているところもあれば、リサイクル費用を請求するところもあるので要注意です。

3-2.新しい商品の購入と同時に手放せる

買い替えの大きなメリットは、新しい商品の購入と同時に処分できる点です。購入するてんぽとは別のところで、古いドライヤーを処分しなければならないという手間と時間がかかりません。下取り可能なら処分費用がかからない点も大きな魅力といえるでしょう。ただし、ドライヤーの下取りと引き取りを行っている店舗は限られています。ほとんどの店舗では下取りを行っていないため、少し難しいところがあるでしょう。

3-3.諸費用に要注意

販売店の中には、リサイクル費用や出張費・運搬費などの諸費用がかかるところもあります。特に、直接店舗に足を運ばない場合は、出張費・運搬費の有無を確認しなければなりません。ドライヤーのほかに買い替えを検討している場合、まとめて買い替えできるメリットがありますが、諸費用の有無をしっかりとチェックしておきましょう。後で「聞いていなかった」という事態にならないためにも、入念な確認が必要です。

4.ドライヤーを買取に出す方法

壊れていない・正常に稼働できるドライヤーは、処分ではなく買取に出すことを検討してください。ここでは、ドライヤーを買取に出す方法とポイントを解説します。

4-1.状態・発売年月・メーカーなどを確認しよう

買取対象となるドライヤーは状態がよく、発売年月が新しく、人気メーカーという特徴があります。寿命が短い家電なので、「発売から3年以内のもの」と基準を設けている業者も多いのです。まずは、買取に出す前にドライヤーがいつ発売されたものなのか、何年使用したのか確認してください。型番・発売年月・メーカーなども調べ、買取需要の有無を自分で確かめる必要があります。

4-2.リサイクルショップ・買取専門業者に売る

買取先で1番に思い浮かべるのは、リサイクルショップまたは買取専門業者です。近場にあるリサイクルショップに直接持ち運べば、すぐに査定し現金化できるでしょう。リサイクルショップは家電のほかにも衣類・本・家具などさまざまなジャンルを扱っているため、相場よりも低く買取査定する傾向があります。発売されたばかりで需要が高いドライヤーなら、中古需要の動向に詳しい買取専門業者へ依頼したほうがいいでしょう。

4-3.ネットオークションまたはフリマサイトに出品する

自分で売りたい方は、ネットオークションまたはフリマサイトを利用するのも方法の1つです。年々、利用者が増加しているインターネットでの販売は、全国から欲しがっている人を見つけることができます。ドライヤーは、数千円で取り引きされていることが多く、万単位になるのは正直困難でしょう。少しでも高く売りたいなら、できるだけ写真を多く掲載し細かく説明書きを記載することです。

5.ドライヤーの処分を回収業者に頼む場合

回収業者へ処分を依頼する方法とポイントを解説します。

5-1.主な回収方法は3つ

回収業者の多くは、持ち込み・宅配・出張の3つの回収方法に対応しています。大量の不用品がある場合はまとめて回収してもらえる出張回収を利用しましょう。自分のペースで回収を進めたい方は宅配回収がおすすめです。また、業者の中には買取サービスを行っているところもあります。買取と回収を同時に進めたい方は、買取サービスを行っている業者を探してください。

5-2.回収費用は1点当たり3,000円~

ドライヤーは小型家電になるので、処分費用は1点当たり3,000円~が目安になるでしょう。ただし、ほかにも処分してもらいたい不用品がある場合はさらに費用がかさみます。また、出張費・運搬費などがかかる可能性もあるため、無料見積もりできちんと確認しておきましょう。特に、注意しておきたいのが宅配回収の際にかかる送料の有無です。業者の中には、無料回収でも高額な送料を請求するところもあるので注意しなければなりません。

5-3.まとめてすぐに処分できる

回収業者の大きなメリットは、どのような不用品でもまとめて一気に処分できることです。自治体で処分を依頼するのとは異なり、処分したいときにすぐ手放すことができます。また、1点ずつ処分するよりも、まとめて処分したほうが費用がお得になることもあるのです。定額パックプランが用意されている業者を選ぶといいでしょう。

5-4.許可証があるか確認しよう

買取業を行うためには古物商許可証、産業廃棄物の収集を行う場合は産業廃棄物収集運搬許可証を、各都道府県から取得しなければなりません。そのため、ホームページや店舗などに許可証が掲げられていない業者は、違法な業者の可能性があります。きちんと許可を取得している業者かどうか確認してから依頼しましょう。

6.ドライヤーの処分に関してよくある質問

ドライヤーの処分に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.事業系ゴミの場合、処分方法は?
A.美容院など事業目的で使用したドライヤーは、産業廃棄物の扱いになるので一般家庭と同じゴミとして処分できません。自治体に相談するか、産業廃棄物収集運搬許可を取得している業者へ回収を依頼しましょう。事業系ゴミは、正しく処分しなければ法律違反となるため注意が必要です。決して、自分勝手に処分しないようにしましょう。

Q.買取額が高くなりやすいドライヤーは?
A.発売されたばかりのドライヤーは新機能がついているので、高く売れる可能性があります。特に、パナソニック・ソニーなど有名メーカーの人気製品は、数万円で売れることもあるのです。また、使用済みのドライヤーよりも未使用品のほうが高額買取が期待できるでしょう。買い手がつきやすいので、中古市場での需要がかなり高いのです。

Q.高く売るコツは?
A.査定前に、目立つ汚れをキレイにすることです。コード類をまとめ、手垢(てあか)などの汚れを拭き取っておきましょう。見た目をよくするだけでも査定額アップにつながりやすくなります。また、元箱・取扱説明書などの付属品をそろえることも重要です。できるだけ購入時と同じ状態にして売ることで、高く買い取ってくれる業者も増えます。そして、何よりも早めに売ることが重要です。ドライヤーは次々と新しい製品が登場し寿命も短いので、発売年月が経過した製品ほど高値で買取されなくなります。

Q.買取相場を知るポイントは?
A.ネットオークションでどんなドライヤーがいくらで落札されているのか確認することです。売りたいドライヤーと同じものがあれば、だいたいの買取額が分かるでしょう。買取業者などのホームページにも、買取実績として買い取ったドライヤーの査定額が記載されています。複数の業者を比較し、相場を割り出してみましょう。

Q.無料回収業者は危険なのか?
A.不正を働く悪徳業者が多いのは事実です。どうしても無料回収業者を利用したいときは、なぜ無料回収ができるのか理由に注目してください。理由がきちんと記載されている業者なら、ほかの業者よりも安心して依頼できます。逆に、スタッフの対応が悪く、きちんと説明してくれない業者は安心できません。

まとめ

いかがでしたか? ドライヤーの処分方法は、自治体・買い替え・回収業者などさまざまな方法があります。また、壊れていない正常に使える状態のものは、リサイクルショップや買取専門店で買取してもらうという選択も可能です。処分せずに買い取ってもらうことができれば、費用をかけずお得に手放すことができるでしょう。ただし、買取先によって査定額が異なるため、慎重に業者選びを行う必要があります。