ドローンの処分は買取サービスがおすすめ! 高額買取のコツや売却方法を詳しく紹介

ドローンは、近年人気が高まっている航空機器です。無人飛行が可能で、初心者でも操作できるタイプも流通しており、幅広い層に支持を得ています。中古需要も拡大しているので、処分時は買取サービスの利用がおすすめです。買取対象となるドローンの種類やメーカーなどを覚えておき、買取時の参考にしましょう。

本記事では、ドローンの買取についてご紹介します。

  1. ドローンは買取してもらえる?
  2. ドローンを高く売るコツは?
  3. ドローンを買取に出す方法
  4. ドローンの買取でよくある質問

この記事を読むことで、ドローンを買取に出す際のポイントがよく分かります。ドローンの売却を希望されている方は、ぜひご一読ください。

1.ドローンは買取してもらえる?

まず、中古需要が見込めるドローンの特徴や、人気のメーカーなどを見ていきましょう。

1-1.高まるドローンの人気について

ドローンは、遠隔操作や自動制御によって無人飛行できる航空機の総称です。空中撮影に用いられるイメージが強いですが、それ以外にも幅広い用途があり、測量・荷物の輸送・防犯対策・農薬散布などに使用されています。最近では、初心者でも操作できる安価なタイプも流通し、人気が上昇中です。おもちゃ感覚で扱うことができる、ホビードローンも人気があります。

1-2.リーズナブルな中古ドローンが人気

ドローンの中古需要は、年々上昇傾向にあります。新規購入すると高額なので、中古で良好な状態のものを購入しようと考えるからです。個人使用のものは特に中古での購入が増えています。そのため、ドローンの買取を行う業者も多くなっているでしょう。

1-3.ドローンの種類・メーカー

ドローンには、大きく分けて2つの種類があります。マルチコプターと呼ばれる翼が回転するタイプと、飛行機と同じ形状をした固定翼タイプです。飛行形式は、手元のリモコンで操作するラジコン形式と、GPS機能を生かしてプログラムに沿った自律飛行をする形式の2つがあります。人気があるメーカーは、DJI・Parrot・3D Robotics・GoPro・Yuneecなどです。

1-4.買取対象となるドローン

買取できるドローンは、年式が新しく、バッテリーの状態が良好なものです。傷や汚れは、査定時にマイナスとなる場合があります。また、飛行時に墜落したことがあるものや修復歴があるものは、正常な飛行ができない恐れがあるため、買取対象外となる場合もあるでしょう。

2.ドローンを高く売るコツは?

ドローンを高く売るポイントをご紹介します。

2-1.買取を強化している店舗を探す

ドローンは、常時買取を行っている製品です。年式が新しいほうが高額買取となるため、不要になったら早めに手放すようにしましょう。ドローンの買取を強化している店舗を探し、高額買取に結びつける方法がおすすめです。

2-2.高額査定の種類・高く売るポイント

箱や付属品などがきちんとそろっているものや人気メーカーのものは、高額査定になりやすいでしょう。高年式で高機能なものもニーズが高い製品です。少しでも高く売るためには、細かい部分まできちんとメンテナンスをし、本体をクロスで丁寧に拭き取り掃除をしておくようにしましょう。

2-3.買取金額は状態で異なる

ドローンの買取金額は、メーカー・種類・機能・状態などによって変動があります。もともと販売時の値段が安いものは、買取金額も低くなるでしょう。高機能で状態が良好なものは、数万〜十数万円で買取となる場合もあります。業者によって買取金額に幅があるため、複数の業者で査定を受け、買取金額相場を把握することが大切です。

3.ドローンを買取に出す方法

ドローンの買取は、リサイクルショップ・不用品回収業者・専門店で行っています。主な買取方法や、自分で売却する場合のやり方を覚えておきましょう。

3-1.持ち込み

持ち込みは、店舗にドローンを持参して査定を受ける方法です。店舗が開いている時間なら、予約不要でいつでも気軽に立ち寄ることができます。ドローンの知識が豊富な専門店に持ち込みをする方法がおすすめです。一般的なリサイクルショップより、高値で買取となる場合が多くなっています。また、ドローンを持参するため、運搬時の故障や破損には注意しましょう。店頭で交渉できるので、値段交渉したい方にはおすすめです。

3-2.宅配

宅配は、ドローンをこん包して業者に発送し、査定を受ける方法です。自宅でこん包を終えて発送手配ができるため、運搬の手間がありません。宅配利用時の送料負担は、業者によって異なります。送料無料の業者を利用するなど、費用負担が発生しない方法を選択しましょう。ただし、ドローンは繊細な製品なので、輸送時の衝撃に備え、厳重にこん包をすることが大切です。

3-3.出張

出張は、業者が自宅に訪問してドローンの買取を行う方法です。業者が運搬を行うため、輸送時のトラブルやこん包に関する不安を抱かずに済むのがメリットでしょう。ただし、出張費用を負担しなければならないケースもあります。また、ドローン1つだと出張対応が難しい場合もあるでしょう。出張買取は、不用品をまとめて処分したいときにおすすめです。

3-4.ネットオークション・フリマサイト

自分でドローンを売却する場合、ネットオークションやフリマサイトを利用しましょう。出品前は、利用者登録を行ってください。ドローンの画像と商品紹介文をサイトにアップロードして出品します。ドローンは、ネットオークションやフリマサイトに数多く出品されていますが、業者による出品や新品のものが目立つのが特徴です。また、ドローンは繊細な製品なので、こん包が難しい場合があります。破損などが起こらないよう、厳重にこん包してください。

4.ドローンの買取でよくある質問

ドローンの買取に関する質問を集めました。買取を利用する前に、ぜひご一読ください。

Q.ラジコン形式と自律飛行形式では、どちらが高額買取になるのか?
A.高額買取になるのは、自律飛行形式のドローンです。ラジコン形式は比較的安価で販売されているため、買取金額も低くなる傾向があります。

Q.付属品の有無で、買取金額にどのくらいの差が出るのか?
A.ドローンの付属品は、箱や取扱説明書以外に、予備のプロペラ・充電器・アダプター・バッテリー・交換パーツなどがあります。付属品がきちんとそろっていれば、数千円〜1万円ほど買取金額が上がるでしょう。

Q.未開封のドローンでも、年式が古いと買取では不利なのか?
A.ドローンは年々高機能になってきているため、年式が古くなるほど価値は下がります。未開封でも、年式が古いものは安値での買取になる可能性があるので、早めに買取に出すようにしましょう。

Q.ジャンク品は買取対象外になってしまうのか?
A.業者によっては、ジャンク品でも買取可能としている場合があります。複数の業者で査定を受け、買取できるかどうかを確認してください。

Q.ドローンの買取が難しい場合、どのように処分すればいいのか?
A.ドローンは、自治体のルールに従って処分しましょう。内部には、充電して使うリチウムイオンバッテリーが使われているケースが多いものです。可燃ゴミなどにバッテリーを混入して捨ててしまった場合、発火などの事故が起こる可能性があります。必ず分別し、正しく処分してください。

まとめ

いかがでしたか? ドローンは手軽に楽しむことができる安価なものから、プロ仕様の高価なものまであります。用途も幅広く、年々人気も高まっているのです。新規購入だと高額なものもあるため、中古需要も拡大しています。不要なドローンは買取を利用しましょう。買取査定を受ける前は、なるべくきれいに掃除をし、見栄えをよくしておくことが大切です。付属品もそろえておき、高額買取に結びつけましょう。