製薬会社で働いてみませんか? 2種類の仕事内容をご紹介します!

あなたの持っている医師としての資格や経験。それを必要としているのは病院だけではありません。
治療に必要な薬の生産や開発を行う製薬会社でも、医師の資格と経験が必要とされているのです。
あなたも現在、製薬会社の仕事に興味を持っているのではありませんか?
もしそうなら、製薬会社で実際にどんな仕事が行われているのか知りたいと思いますよね。
そこでこの記事では、製薬会社の仕事内容について2つの点をご紹介致しましょう。病院以外であなたの医師免許や経験を活かすチャンスを掴むために是非お役立てくださいね。

仕事内容その1:新薬の開発

製薬会社で行われている代表的な仕事は新薬の開発です。
新薬の開発は今まで克服できなかった病気を治すために役立つ仕事ですよ。あなたの研究結果によって今まで救えなかった命を救うことが出来るようになるかもしれないのです。
製薬会社では新薬開発のために、

  • 薬になる化合物を見つける研究
  • 医薬品の作用メカニズムを解析する研究
  • 薬として販売するための基礎研究
  • 薬の安全性や有効性を確かめる臨床研究

などが行われています。あなたが医師として培った知識や経験を役立てることができるでしょう。

仕事内容その2:薬の生産とマーケティング

製薬会社では認可された薬の生産も行われます。
薬の生産に携わる場合は生産される薬の品質管理をすることになるでしょう。
生産された薬のマーケティングも製薬会社で行われてる重要な仕事内容です。具体的には、

  • 医療関係者に医薬品の販売を行う
  • 薬に関する情報の提供や収集を行う
  • 新薬が臨床現場で有効活用されているか調査し、改善点を指摘する
  • 治験によって得た情報を解析し、厚生労働省に報告書を提出する

このような仕事をすることになります。
薬の生産やマーケティングの現場でも、医師として培ったあなたの経験や知識がとても役立つことでしょう。

補足情報:製薬会社のお給料

製薬会社の仕事内容が分かったところで気になるのがそのお給料ですよね。
製薬会社のお給料は普通の医師として働くよりも高めです。年収は1,500万円、高いポストになると2,000万円位になることもありますよ。
この点も製薬会社の魅力ですね。

まとめ

この記事では製薬会社で行われる仕事内容について2つの点をご紹介しました。

  • 仕事内容その1:新薬の開発
  • 仕事内容その2:薬の生産とマーケティング

製薬会社では基本的にこのような仕事が行われています。あなたの持っている医師免許を病院以外の場所で役立てたいと思っているなら、是非製薬会社への転職を検討してみてくださいね。