ダンベル処分方法まとめ! お得な中古買取手順やリサイクルのポイント

体を鍛えるための道具としてかかせないのがダンベルです。効率的に筋肉を鍛えることができるうえに、手軽に自宅で使用できるのが、ダンベルの強みでしょう。しかし、筋トレに飽きてしまった・もう少し重いダンベルに買い換えたいなど、今持っているダンベルを処分したいと思うこともあるはずです。そこで今回は、ダンベルの処分方法について詳しくご紹介します。

  1. ダンベル処分の悩み
  2. ダンベルの処分~自治体回収に出す場合
  3. ダンベルの処分方法~販売店による買取・引取
  4. ダンベルの処分方法~中古品として売れるか?
  5. ダンベルの処分方法~回収業者に頼む場合
  6. よくある質問
  7. まとめ

ダンベルの捨て方や処分方法を知りたい方にはぴったりの内容になっています。ぜひ最後まで読んでみてください。

1.ダンベル処分の悩み

まずは、ダンベル処分についての悩みや、ゴミの分類などについてご紹介します。

1-1.処分の悩みは?

ダンベルを処分しようと思った際に悩むのは、以下のような内容でしょう。

  • 何ゴミで出したらいいのか分からない
  • 重くて持ち運べない
  • まだ使えるので捨てるのはもったいない

1-2.ゴミ分類や資源性は?

ダンベルをゴミとして処分する場合は自治体回収に出すことになります。一般的には、不燃ゴミか粗大ゴミとなるでしょう。ダンベルはサイズ的には小さなものですが、重さによっては粗大ゴミとして処分しなければなりません。自治体のゴミ区分表を確認してみましょう。

1-3.捨てずに活用できるか?

ダンベルは、中古でも使いたいという人は少なくないでしょう。そのため、リサイクルショップに売ったり、知人にゆずったりして、ほかの人に再利用してもらうというリサイクル方法もあります。

2.ダンベルの処分~自治体回収に出す場合

この項では、ダンベルを自治体回収に出す方法などについてご紹介します。

2-1.ゴミの分類について

まずは、自治体のHPやゴミ出し表などを確認して、ダンベルが何ゴミに区分されているか確認しましょう。ダンベルが掲載されていない・探し方が分からないという場合は、市役所などのゴミ担当課に電話すれば教えてもらえます。あらかじめ重さと数量を確認しておきましょう。また、プラスチック製の水を入れるタイプのダンベルは、プラスチックゴミとして取り扱われることがほとんどなので、素材のチェックも必要です。

2-2.方法

自治体がダンベルを不燃ゴミとして取り扱っているなら、指定のゴミの日にゴミ袋に入れて捨てるだけでOKです。ダンベルを粗大ゴミとして捨てる手順をご紹介します。

  1. HPや電話などで、粗大ゴミ申請を行い、料金・回収日を確認する
  2. コンビニやスーパーで、粗大ゴミ処理券を購入する
  3. 回収日になったら、ダンベルを回収場所まで持って行く

2-3.メリット・デメリット

自治体回収は、無料もしくは比較的安価にダンベルを処分できるというメリットがあります。また、行政の仕事なので安心感もあるでしょう。ただし、ダンベルが複数本ある場合は、一本ごとに処分料金がかかってしまう可能性があります(自治体による)。また、重いダンベルを回収場所まで持って行くのは、なかなか大変でしょう。

3.ダンベルの処分方法~販売店による買取・引取

ダンベル販売店による買取・引取についてご紹介します。

3-1.買取・引取はしてもらえるか?

ダンベル販売店では、中古のダンベルを買取しているところもあります。事前に店舗で買取・引取を行っているか確認しておくとよいでしょう。

3-2.方法

ダンベルを店舗に買取・引取してもらう方法は以下のとおりです。

  1. ダンベルの買取・引取を行っているか、店舗に確認する
  2. 店舗へダンベルを持ち込み、査定してもらう
  3. 買取価格が付いたら、引き取ってもらい料金を受け取る(場合によっては手数料を支払う)

3-3.メリット・デメリット

ダンベル専門の販売店なら、適正価格で買取をしてくれる可能性が高いでしょう。ただし、せっかくダンベルを持ち込んでも、買取不可となってしまった場合は、また持ち帰らなければならず、手間や時間が無駄になってしまいます。あらかじめ、型番やメーカーなどを伝えて買取可否を確認しておくと、無駄な手間をある程度防げるでしょう。

4.ダンベルの処分方法~中古品として売れるか?

ダンベルの中古買取についてご紹介します。

4-1.中古需要について

ダンベルの中古需要についてまとめました。買取価格が付きやすいダンベルは以下のとおりです。

  • 美品・使用感が少ないもの
  • 人気メーカーのもの(MOTIONS/FIGHTING ROAD/WILDFITなど)
  • 販売年が新しいもの
  • 外箱・ベルトなど、付属品がそろっているもの

4-2.方法

ダンベルを中古買取に出す方法は以下のとおりです。

  1. リサイクルショップの店舗に、ダンベルを取り扱っているかを確認する
  2. ダンベルを店舗へ持ち込み、買取査定を受ける
  3. 買取額を受け取り、ダンベルを引き渡す

4-3.メリット・デメリット

ダンベル販売店による買取・引取と同様、買取価格が付けば、お得にダンベルを処分できる一方、買取不可の場合は手間が無駄になってしまいます。また、ダンベルの知識がない、一般的なリサイクルショップでは、本来の価値どおりの価格が付かない可能性もあるでしょう。

5.ダンベルの処分方法~回収業者に頼む場合

ダンベルを処分するには、回収業者に依頼する方法もあります。

5-1.どんなときに業者に頼むべき?

こんなときは、回収業者の利用を検討しましょう。

  • 重くて持ち運べない
  • 自分で粗大ゴミの手続きをしたりリサイクルショップに行ったりする時間がない
  • 買取と回収をまとめて依頼したい
  • 数がたくさんあって、処分するのが面倒
  • ダンベルのほかにも処分したいものがある

5-2.回収方法

一般的な出張回収業者の利用方法は以下のとおりです。

  1. 電話やHPのフォームなどで、無料見積もりを行う
  2. 訪問日を決める
  3. 訪問・ダンベルの査定
  4. (買取の場合)買取額を受け取る/回収料金を支払う
  5. ダンベルを引き渡す

5-3.料金

回収業者による回収料金は、各業者のHPでチェックすることができます。ダンベル単品の場合、数千円が発生してしまいあまりお得とは言えません。ただし、複数のダンベルや、ダンベル以外の不用品を処分する際に、まとめて依頼すれば、総合的にお得になる可能性が高いでしょう。お住まいの自治体の粗大ゴミ処分料金を調べておけば、料金比較もしやすくなります。

5-4.メリット・デメリット

回収業者にダンベルの処分を依頼することで、自宅にいたままダンベルを処分することができます。時間や手間を省きたい方には向いている方法でしょう。ただし、回収料金をお得にするためには、なるべく不用品をまとめて依頼するなどの工夫が必要です。また、悪質な業者には十分注意しましょう。

5-5.悪徳業者には注意

回収業者の中には、悪質なところもあるので注意しましょう。無料で回収すると言っておきながら、あとから不当に料金を請求したり、回収した不用品を不法投棄されてしまったりといったトラブルも多発しています。地域を巡回している無料廃品業者や、身元や資格が不明な業者は利用しないようにしましょう。

6.よくある質問

Q.ダンベルをなるべく高く売るためには?
A.ダンベルを買取に出す際は、しっかり磨いてなるべくきれいにしておきましょう。また、外箱・説明書・付属品があればそろえておくと買取価格アップにつながります。

Q.回収業者を選ぶポイントは?
A.回収業者を選ぶ際は、以下のポイントを抑えましょう。

  • 無料で相談・見積もりを行っている
  • 料金に関することは書面で提示がある(口頭・電話だけはNG)
  • 料金が分かりやすい
  • 古物商許可などの資格を持っている

Q.悪質業者を避けるポイントは?
A.悪質業者を避けるには、以下の方法がおすすめです。

  • 依頼していないのに訪問・営業に来る業者は利用しない
  • 無料廃品回収車は利用しない
  • 怪しいと思ったら、営業所・資格・身元を確認する
  • 見積書などは書面で依頼する(断られたら、依頼をキャンセルする)
  • 飛び込み営業などには、ひとりで対応しない

Q.ダンベルはどのようにリサイクルされるの?
A.そのままの形で中古販売することもありますし、壊れて使えなくなったダンベルでも、金属として素材を再利用することがあります。

Q.フィットネスクラブなどで使用していたダンベルを処分したいのですが
A.企業や店舗で出た不用品は、産業廃棄物扱いとなり、専門の資格を持った業者に依頼する必要があります。法人向けの業者を利用しましょう。

7.まとめ

ダンベルの処分方法についてご紹介しました。重くて処分が面倒なダンベルですが、きちんと方法を選べば、お得に楽に処分することができるでしょう。ダンベルを処分する際は、処分にかかる料金だけでなく、時間や手間、リサイクル性なども考慮してみてください。