ほこりの正しい掃除方法は? 発生原因と減らす対策なども覚えよう

生活していればほこりは自然と溜(た)まるものです。しかし、ほこりはアレルギーなどを発症する原因であるため、きちんと掃除をして取り除かなければなりません。ほこりが発生しやすい場所や適切な掃除方法を知り、環境維持に役立ててください。本記事では、ほこりの掃除について解説します。

  1. ほこりについて
  2. ほこりの掃除方法について
  3. ほこりを減らす方法
  4. ほこり掃除に関するお役立ち情報・よくある質問

この記事を読むことで、ほこりの掃除方法がよく分かります。また、ほこり掃除の重要性なども理解でき、ほこりを減らす方法なども覚えることができるでしょう。

1.ほこりについて

ほこりの成分や原因、溜(た)まりやすい場所についてご紹介します。

1-1.ほこりの成分・特徴

ほこりは、灰色の綿ぼこりというイメージが強いと思います。ほこりが灰色なのは、さまざまな色が混ざり合っているためです。ほこりの成分は、繊維・砂・土・毛髪・フケ・ダニ・花粉など、いろいろな要素が絡み合ってできています。また、ほこりには細菌やカビが数多く含まれているため、アレルギー症状を発症する原因であるのも特徴です。

1-2.ほこりの原因・溜(た)まりやすい場所

ほこりが発生するのは、人が動くことで衣類の繊維や毛髪が舞い落ちることが原因のひとつです。布団からも繊維が抜け落ちています。掃除をしても日常生活の動きを繰り返すことで、知らぬ間にほこりは蓄積するものです。また、静電気が発生する場所はほこりを誘引しやすく、部屋の隅などに溜(た)まる傾向にあるでしょう。パソコン・テレビ・各種ゲーム機・コンセントなどは、静電気を誘引するためほこりの付着には特に注意が必要です。扇風機のファンにもほこりがつきやすく、ドラム式の洗濯乾燥機を使っている場合は、乾燥フィルターなどのパーツにほこりが詰まることがあります。

1-3.ほこりはアレルギーの元

既述したとおり、ほこりはさまざまな物質の融合体です。カビ・ダニ・細菌などを大量に含んでいます。そのため、喘息(ぜんそく)やアトピー性皮膚炎など、深刻なアレルギー症状を引き起こす危険性があるのです。高齢者や子どもなど抵抗力が弱い人は、アレルギーを発症するリスクが高いので注意してください。アレルギーは長期に亘って苦しめられる症状です。症状が出る前に、ほこりを掃除して予防するようにしましょう。

2.ほこりの掃除方法について

ほこりがいかに人体に有害なものであるかをご説明しました。ほこり掃除の重要性や掃除方法などを見ていきましょう。

2-1.ほこり掃除の重要性

ほこりを放置した場合、疾患の発症だけではなく、メンタルにも悪影響を与えるリスクがあります。汚らしい部屋では、人はゆっくりくつろぐことができません。

また、掃除を怠ると、ほこりはこびりついた状態になって落としにくくなるため、早めに取り除くことが大切です。コンセントにほこりが付着している場合、トラッキング現象によって火災を引き起こす恐れがあります。大事故になる前に、きちんと掃除をして対策を整えましょう。

2-2.掃除する箇所・頻度など

1-2でご紹介した静電気を誘引しやすいパソコンなどの電子機器周辺は、火災の危険性もあるため、重点的に掃除をしましょう。本体だけではなく、液晶画面・ファン・キーボードなども丁寧にほこり掃除を行うことが大切です。電子機器をほこりから守ることは、故障などの予期せぬ事態を回避することにもつながります。

家具のすき間などもほこりが溜(た)まりやすいものです。普段の掃除では見過ごしがちですが、ほこりの溜(た)まり具合を定期的にチェックし、家具のすき間もしっかり掃除を行ってください。定期的に大掃除を行うことも大切ですが、日々の掃除でこまめに実行することがポイントです。とはいえ、ほこりは人の動きや静電気の影響で常に発生するものなので、気づいたら掃除をするという習慣を持つようにしましょう。

2-3.掃除方法

ほこり掃除を行うときに用意するものは、ほうき・雑巾・新聞紙・歯ブラシなどです。掃除機をいきなりかけてしまうのは避けましょう。なぜなら、ほこりが舞い上がってしまい、室内に広がる可能性があるからです。最初にほうきで部屋の隅から掃き始めてください。なるべく静かに優しくほうきを動かすことがポイントです。

ほうきがない場合は、濡(ぬ)らした雑巾や新聞紙で丁寧に拭き掃除を行ってから掃除機をかけてください。家具や天井など高いところの掃除は、モップに雑巾や古布を取りつけ、撫(な)でるように優しく拭き取るようにしましょう。こびりついたほこりは、濡(ぬ)らした歯ブラシでこすり落とすと有効です。

2-4.効率よく掃除するポイント

ほこり掃除をするときは、部屋を明るくして行いましょう。というのは、ほこりは灰色であるため、暗い部屋だと見逃してしまうことがあるからです。また、ほこり掃除の時間を短縮するためには、高いところから始め、棚や床面へと徐々に下方へ進めることがポイントになります。高いところからほこりが舞い落ちても、下方の掃除を最後にすることで、短時間でもしっかり掃除をすることができるでしょう。

毎日少しずつ掃除をすることも時短につながります。1回で家全体を掃除しようとせず、1日1部屋など場所を決めて進めるのもいいでしょう。普段からほこりを見つけたら掃除をするという習慣が大切なのは、大がかりな掃除を必要としない環境にするためです。時短を重視したいなら、日常生活の中でほこりの定着を予防する意識を持つようにしてください。

2-5.いきなり掃除機をかけないこと

2-3でご紹介したとおり、ほこりは舞い上がる性質を持っています。掃除機の排気によって部屋全体に拡散してしまう恐れがあるため、徹底的にほこり掃除をしたいなら、手順はしっかり覚えておくようにしてください。いきなり掃除機をかけず、最初に拭き掃除やほうきを使った掃除を実行しましょう。

3.ほこりを減らす方法

ほこりが溜(た)まりにくい環境を作りたい方は、ほこりを減らす方法を覚えておきましょう。

3-1.衣類やものを減らす

ほこりの原因となる衣類やものを減らすことが、最も有効なほこり対策です。原因を根本からなくすことで、掃除が行き届きやすい環境を生み出すことができます。断捨離やものを最小限にするミニマリストなどが流行(りゅうこう)している時代です。掃除と同時に、ものの見直しも行ってみてください。

3-2.気づいたら取り除く

ほこり掃除は大がかりなイメージがあると思います。しかし、日常生活で食べこぼしをすぐ拭き取るのと同じで、見つけたら取り除くことが、ほこりを根本から減らすことに通じるのです。小さなほこりでも気づいたら、つまんで捨てるようにしましょう。

3-3.柔軟剤を使用する

衣類などを洗濯するときは、柔軟剤を使いましょう。柔軟剤には、静電気の発生を抑制する働きがあります。静電気によるほこりの発生を防ぐことができ、ほこりの少ない環境に近づくことができるでしょう。

3-4.換気はこまめに行う

締め切った室内は、ほこりっぽさを感じることがあるでしょう。1日に数回換気を行い、室内にこもったほこりや淀(よど)んだ空気を屋外に出すようにしてみてください。澄んだ空気に入れ替わるだけでも、室内が快適な環境になります。ただし、花粉が舞う時期は換気を避けてください。換気によって、アレルゲンとなる花粉を部屋に入れてしまう結果になるため、空気清浄機を活用しましょう。

3-5.洗濯物を取り込むときは軽く叩(はた)く

洗濯物を屋外に干している場合、花粉や砂などが微量でも付着していることが多いものです。そのまま取り込まず、室内に入れる前に軽く叩(はた)くようにしてください。

4.ほこり掃除に関するお役立ち情報・よくある質問

ほこり掃除に役立つ情報や疑問を集めました。ご一読ください。

Q.ドラム式洗濯乾燥機のほこりはどうやって取り除けばいいのか?
A.フィルターを取り外し、水洗い後にしっかり乾かして取りつけましょう。また、吸排気口付近もほこりが溜(た)まりやすい場所です。洗濯乾燥機の背面にあって手が届きにくい場合でも、目詰まりなどを防止するために、しっかり掃除をしてください。パナソニック製の場合、お手入れ用ブラシが付属されています。便利なグッズですから、パナソニックユーザーの方はぜひ活用してみてください。

Q.ほこり掃除に適した時間帯は?
A.ほこりが舞い上がる前の時間帯がおすすめです。人が活動を始める前の朝一番や、帰宅後すぐなどが適しているでしょう。

Q.室内以外でもほこりが溜(た)まる場所はあるのか?
A.はい、溜(た)まる場所があります。普段見逃しがちな網戸やサッシなどです。網戸は屋外からの空気を取り入れ、室内のほこりを屋外に出す際にフィルターのような役割をします。そのため、網戸がほこりで目詰まりを起こすことがあるのです。サッシも砂などが蓄積しやすいため、定期的に水で洗うようにしましょう。網戸もサッシと同様に、水洗いがおすすめです。

Q.棚にほこりを溜(た)めないようにするためにできることは?
A.本やおもちゃなどを収納する棚には、自然とほこりが定着します。ほこりの蓄積を予防する対策は、扉つきの家具を選ぶことです。内部にほこりが入り込むのを抑制できるため、普段の掃除もぐっと楽になるでしょう。

Q.ほこりを効率よく取り除くことができるグッズとは?
A.パソコンやテレビなどの電子機器には、ハンディータイプのモップが便利です。また、床面の拭き掃除などを行う場合は、マイクロファイバー素材の雑巾がいいでしょう。マイクロファイバークロスはほこりを吸着する性質があり、繊維を残すことなくきれいに拭き上げることができます。

まとめ

いかがでしたか? ほこりは、日常生活で必ず発生するものです。しかし、ほこりの成分にはアレルゲンとなる有害物質が含まれているため、ほこりを放置せずに掃除するようにしましょう。ほこりを巻き上げないよう、拭き掃除から始めるのがポイントです。ほこり掃除の正しい手順を覚え、快適な環境作りを実行しましょう。また、ほこりを減らす方法も同時に身につけ、環境改善に役立ててください。