安全に暮らすために。家具の地震対策について知っておこう!

みなさんは、どのような地震対策をしておられますか?地震が起きて最も怖いのは、家具の転倒、食器や書籍が落下し怪我をすることです。倒れやすい本棚や大型の家具は、地震に備えた対策をしっかり施しておきましょう。早めの対策が、家族やみなさんの命を守ります。

家具の地震対策・どうやって行うの?

地震により大型の家具が転倒してしまうと、外への逃げ道が塞がれてしまいます。災害時は迅速に非難できるよう、大きな家具は転倒しないような工夫を施しましょう。

転倒防止をしておきたい家具とは?

食器棚・本棚・冷蔵庫・ピアノ・電子レンジ・テレビ・硝子が入った絵画などの額・鏡・その他大型の家具・割れやすいもの

転倒防止の具体的な方法

壁に固定する

壁に面して設置された家具は、L型の金物とネジでしっかり固定しましょう。壁以外にも、桟や鴨居、横木などにも家具を固定できます。固定する板と家具が離れ過ぎている場合は、スライド式の金具を使って固定してみてください。寸法を計測しておけば、日曜大工センターでピッタリ合う金具が見つかります。固定の仕方で分からないことがあれば、ネジや金具の売り場担当者に相談してみましょう。

連結式の家具は?

家具を積み重ねて使っているご家庭では、上下の家具を連結・固定しておいてください。積み重ねたままではバラバラと落下し、破損する危険があります。連結式の金具は、日曜大工センターや量販店で専用の金具が売られています。

食器棚の中にはシートを敷く

割れ物が多く入った食器棚には、大きな揺れが来ても動かないような「滑り止めシート」を敷いておきましょう。家庭用品の売り場や100円ショップでも購入可能です。こうしたシートを敷いておくだけでも、硝子や割れ物の破損率は大幅に減少します。

家具が倒れないような家作りを心掛ける

家具が転倒しないよう固定をすることは「地震対策」で大切なことです。ただ、最も大切なことは「揺れや地震に強い家作り」をしておくことです。突然、大きな揺れがきたとしても、建物の揺れを半減させる「制震装置」などを施工しておけば安心です。

高機能・低コストの地震対策を取り入れる

耐震費用の施工は高いといったイメージが強いのですが、実際には補助金などの適用も多いのが現状です。特に「制震装置」などの設置は、低コスト+短期間で済むので費用の面でも安心です。大切な家族の命と未来を守るため、今できる「住まいの地震対策」をはじめましょう。