企業が求める人材を獲得するために必要な採用戦略について

企業が求める人材を獲得するために! 必要な採用戦略について

「優秀な人材を採用するための戦略を知りたい」という悩み、よくわかります。人材の獲得は会社の成長に欠かすことのできない要素であり、いかにして優秀な人材を採用するかは人事だけでなく会社全体の課題です。近年、少子化による人材不足が問題視されている中で、「よい人材にめぐり会えない」「いても競合企業に取られてしまう」などの悩みを抱えている企業は、採用戦略について考えてみるとよいでしょう。

この記事では、採用戦略の重要性やポイント・具体的な方法などをまとめてご紹介します。

  1. 採用戦略はなぜ大切なのか?
  2. 採用戦略のポイントを紹介
  3. 採用戦略の方法
  4. 採用戦略に関するよくある質問

この記事を読むことで、優秀な人材を採用するポイントが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.採用戦略はなぜ重要なのか?

まずは、採用戦略の概要や重要性・最近の傾向などをまとめました。

1-1.欲しい人材を獲得するためのビジネス戦略

採用戦略とは、会社の利益と今後の成長を目的とし、求める人材を獲得するためのビジネス戦略の一つです。魅力的な人材を獲得するためにはどのように採用活動を行っていくべきなのかを考えていきましょう。

1-2.社会に貢献できる企業にするために必要不可欠

企業にとって大切なのは、自社を社会に貢献できる会社に成長させることです。採用戦略に成功した場合、企業の経営面にも大きなメリットをもたらします。少子化により人材不足が懸念される今の時代は、人材の確保自体が難しくなっているのが現状です。そういった状況の中で、「内定を出しても辞退されてしまう」「採用してもすぐに辞めてしまう」など、人材に関する悩みを抱えている企業は多いでしょう。会社と相性のよい人材を獲得し、理想どおりの活躍をしてもらうことは、会社の将来にとって確実に大きなメリットになります。

2.採用戦略のポイントを紹介

採用戦略を成功させるポイントや失敗事例・注意点などをご紹介しましょう。

2-1.採用戦略のポイントは3つ

採用戦略を成功させるためのポイントは、以下の3つです。

  • どんな人材が欲しいかを明確にする
  • 人材を見抜く力がある採用担当者を育成・選定する
  • 求める人材が応募してくる求人手法を考える

多くの企業は求人手法だけに力を入れ、ほかの2つについてはあまり検討されていないのが現状です。そのため、応募してくる人材は多くても、その中から企業にとってよい働きをする人材にめぐり会うことができません。まずは、企業全体として欲しい人材像を明確にし、その人材を見抜くことができる社員を採用担当者に選定することから始めましょう。

2-2.失敗例から学ぶことも大切

採用戦略に成功するためには、過去の失敗例から学ぶことも大切です。採用戦略の失敗例として多いものには、以下のようなものがあります。

  • 欲しい人材が応募してこない
  • 内定後に辞退されてしまう
  • 入社後、早期退職されてしまう
  • 入社後、いつまでたっても戦力になる働きをしない

こうした失敗がなぜ起こったのかを考え、繰り返さないためにはどのように採用戦略を立てていけばよいのか、検討しなければなりません。

2-3.ほかの戦略と一貫性を持たせる

採用戦略が企業の人事戦略と一貫性を持つことは、非常に大切です。たとえば、「新卒を多く採用したい」という採用戦略と、「人材育成にあまりコストをかけたくない」という人事戦略には、一貫性があるといえるでしょうか。人材育成にかけるコストを節約したいのであれば、即戦力となる人材を中途採用で獲得すべきです。より有効的な採用戦略を立てるためには、ほかの人事戦略と一貫性を持たせなければならないということを覚えておきましょう。

3.採用戦略の方法

具体的な採用戦略の方法について見ていきましょう。事例や注意点などもまとめました。

3-1.求める人材像を明確にする

まずは、会社が求める人材像を明確なものにし、ターゲットを絞って採用活動を行う必要があります。求める人材像は企業や職種によっても異なるため、できるだけ具体的に考えることが大切です。たとえば、技術力や資格がある人、営業が得意な人、成長意欲が高い人など、自分の会社がどのような人材を求めているのか考えてみてください。

3-2.採用目標を設定する

次に、具体的な採用目標を設定していきましょう。書類選考や面談の日程・採用予定人数などを決め、スケジュールを立ててください。特に重要なのは、採用人数です。短期的な戦略として中途採用が欲しいのか、長期的な活動を期待して新卒採用を増やしたいのかなど、慎重に検討しましょう。

3-3.面接官を育成する

優秀な人材かどうかを見抜くためには、面接官の育成も必要です。面接官研修などを実施して自社が求める人材を正しく見抜くスキルだけでなく、面接における基本的なマナーなども教えておきましょう。

3-4.求人手法を選定する

ハローワークやホームページ・パンフレット・求人サイトなど、どのような方法で採用活動を行うのか、合同企業セミナーに参加するかなど、具体的な求人手法を選定していきましょう。また、インターンシップを行うことで求職者にアピールする方法もあります。

3-5.リファラルリクルーティングを導入する企業も

近年増えている事例として、リファラルリクルーティングの導入があります。リファラルリクルーティングとは、社員の個人的な人脈を用いて新たな社員を採用する方法です。企業のことをよく知っている社員が紹介することで、よりミスマッチ率の低い人材の採用が可能になります。一つの採用手法として検討してみてはいかがでしょうか。

3-6.内定後のフォローも忘れずに

内定が決まったらそこで採用活動が終わりというわけではありません。内定後の辞退や早期退職を防ぐためにも、内定後のフォローも忘れずにしてください。たとえば、内定後も定期的に連絡を取る、内定者同士の懇談会や研修・イベントなどを積極的に開催して気持ちを高めてあげることなどを検討しましょう。入社後もストレスなく働ける環境を作り、「この会社に就職してよかった」と思ってもらえるような取り組みを行ってください。

4.採用戦略に関するよくある質問

「採用戦略について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.ソーシャルリクルーティングとは何でしょうか?
A.SNSなどのソーシャルメディアをとおして採用活動を行うことです。採用情報の発信や質疑応答などが、SNSを利用して行われます。

Q.面接官がよい人材を見極めるためには、どのようなテクニックが必要でしょうか?
A.求職者の能力を見極めるためのテクニックはもちろん、欲しい人材を口説く力、惹(ひ)きつける力が必要です。企業の魅力を伝える話術や、話を聞く力も学んでおくとよいでしょう。

Q.企業の知名度が高いと採用活動もうまくいくものですか?
A.必ずしもそうではありません。採用活動を成功させるためには、適切な採用戦略を計画し、会社全体で活動にあたることが大切です。

Q.web媒体を利用した求人活動には、どのようなメリットがありますか?
A.情報公開の自由度が高いこと、写真や動画を取り入れられるため、企業について深く理解してもらいやすいことなどがあるでしょう。また、情報が拡散されやすいため、多くの求職者の目にとまりやすいというメリットもあります。

Q.自社が求める人材像というものがなかなか明確にならない場合、どうすればよいでしょうか?
A.過去に採用した人材の中に、会社に利益をもたらす働きをしている社員が必ずいると思います。その人をモデルとして人材像を明確にしていくとよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか? 採用戦略の重要性や具体的な方法などを詳しくご紹介しました。企業にとってよい人材を獲得するために、採用戦略を立てることは必要不可欠です。採用に関する悩みを抱えている人は、ぜひこの記事を参考にして、欲しい人材の確保にあたってください。