省エネ住宅にリフォームしたい! 主なメリットや補助金制度を詳しく!

省エネ住宅へのリフォームをお考えではありませんか。省エネ住宅は、1年中快適・光熱費の削減など、さまざまなメリットがありますからね。しかも、条件によっては補助金を受けられ、税金も優遇されるのです。しかし、補助金制度や税金の優遇を利用するためには、いくつかのコツや注意点があります。今回は、省エネ住宅のリフォームについて詳しく解説しましょう。

  1. 省エネ住宅とは?
  2. 省エネ住宅の補助金・減税制度
  3. 省エネ住宅のメリット・デメリット
  4. 省エネ住宅のリフォームポイント
  5. 省エネ住宅の相談先
  6. 省エネ住宅に関するよくある質問

この記事を読むことで、省エネ住宅のリフォームに必要なことがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.省エネ住宅とは?

最初に、省エネ住宅とはどんなものか、また、省エネ基準について解説します。

1-1.省エネ住宅は小さなエネルギー消費でも快適

省エネ住宅とは、生活に必要なエネルギー量を抑えることができる住宅のことです。断熱性や気密性の高い建築材を使用したりエネルギー効率の高い設計になっていたりするため、電気やガスなどの消費量を抑えても、快適な暮らしを送ることができます。また、地球上の資源が枯渇するのを防ぐため、環境にやさしい住宅と言えるでしょう。

1-2.省エネ基準の内容

2013年に施行となった「改正省エネ基準」では、冷暖房・換気・照明・給湯などの設備に仕様基準を設定し、総合的に評価しています。省エネ性能を評価する基準は、以下の2つです。

  • 住宅の窓や外壁などの外皮性能を評価する基準
  • 設備機能等の一次エネルギーを評価する基準

より詳しい内容は、建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律(建築物省エネ法)の概要パンフレットを参考にしてください。なお、2020年以降、家を新築する場合には、改正省エネ基準に適合させることが義務となります。

2.省エネ住宅の補助金・減税制度

省エネ住宅にリフォームするときは、補助金や減税制度を活用しましょう。

2-1.対象となる省エネ住宅の条件

省エネ住宅で補助金や減税制度の対象となるのは、以下のような住宅です。

  • 低炭素住宅:二酸化炭素の排出を抑制する住宅
  • 長期優良住宅:一定の省エネ性能や耐久性の高さなどが認められた住宅

2-2.省エネ住宅で受けられる補助金

省エネ住宅にリフォームした場合、以下のような補助金を受けられることがあります。ただし、それぞれ申請条件や申込期限などがあるため、よく確認してください。

また、地方自治体によっても補助金制度を受けられることがあります。詳しくは、地方公共団体における住宅リフォームに係わる支援制度検索サイト(平成30年度版)を参考にしてください。

2-3.減税制度も活用しよう

省エネ住宅にリフォームすると、内容によって以下の税金で減税制度が適用できることがあります。

  • 所得税(住宅ローン減税)
  • 固定資産税
  • 贈与税

なお、減税制度を利用するときは、リフォーム工事の契約前に減税対象となるか確認し、必要書類の準備を業者に依頼しましょう。さらに、工事完了後、期日までに自治体や税務署へ申請が必要です。

3.省エネ住宅のメリット・デメリット

省エネ住宅の主なメリット・デメリットを解説します。

3-1.メリットは光熱費の節約になることなど

省エネ住宅のメリットは、以下のようにたくさんあります。省エネ住宅にリフォームすれば、快適な環境で安心して暮らすことができるでしょう。

  • 光熱費の節約になる:少ないエネルギーで効率よく生活でき、光熱費が節約できる
  • 環境にやさしい:エネルギーの消費量が少ないため、資源を大切にできる
  • 快適に暮らせる:屋内の寒暖差が小さいため1年中快適
  • 耐久性が高い:結露がしにくくカビや腐食の発生が少ないため、家が長持ちする
  • 心身の健康にいい:ヒートショックの予防・カビが発生しにくくアレルギーになりにくい

3-2.デメリットは初期費用が高いことなど

省エネ住宅は、初期費用が高いことがデメリットです。省エネ効果を継続させるためには、定期的なメンテナンスが必要で維持費もかかります。さらに、補助金制度を利用するためには、地域ごとに細かな設定があるなど、材料や設計に制限がかかることもあるでしょう。デメリットを極力抑えるためには、省エネ住宅のリフォームや補助金制度の利用に詳しい業者に相談することが大切です。

4.省エネ住宅のリフォームポイント

理想の省エネ住宅を実現するために必要なポイントや選び方を解説します。

4-1.断熱性

断熱性が高い家は屋外の気温の影響を受けにくいため、夏は涼しく冬は暖かく過ごすことができます。また、冷暖房効率が高くなり、光熱費の大幅な削減が期待できるのもメリットです。断熱リフォームの方法には、断熱性の高い素材を使う・外壁や屋根に断熱塗料を塗るなどがあります。

4-2.日射遮蔽(にっしゃしゃへい)性

日射遮蔽性を高め、日射による温度上昇を抑えることも大切です。日射が窓から入り込むと室温の上昇につながります。特に、夏場は熱中症のリスクが高まるなど危険です。日射による影響を抑えるためには、窓に遮熱タイプのガラスを使用する、軒を長くして影を作るなどの方法があります。

4-3.気密性

気密性の高い窓やドアにリフォームすることが大切です。窓やドアなどにすき間があると、外気が入り込んでしまうため外気温の影響が大きくなります。また、冷暖房効率が下がり、光熱費の増加につながることでしょう。家のすき間をなくすことで気密性を高めれば。外気温の影響を抑え、過ごしやすい室温を維持しやすくなります。

4-4.外壁や屋根など外気と接する部分を重視する

省エネ住宅のリフォームでは、外壁や屋根など外気と接し、表面積が広い部分を重視することが大切です。また、窓やドアなどの開口部も、気密性を高めることが必要になります断熱性・日射遮蔽性・気密性を高め、省エネ基準を満たした家なら、快適に暮らせることでしょう。

5.省エネ住宅の相談先や依頼先

省エネ住宅のリフォームは、信頼できる業者に相談して進めましょう。

5-1.省エネ住宅に詳しい業者に相談しよう

省エネ住宅のリフォームは、施工実績が豊富で補助金制度に詳しい業者に相談しましょう。補助金制度によっては、業者の実績が少ないと上限金額が下がることがあります。また、手続きやリフォーム内容に不備があれば、補助金を受けられなくなるので注意してください。省エネ住宅のリフォーム実績や知識が豊富かどうか、業者選びのときにきちんと確認しておきましょう。

5-2.悪質なリフォーム業者に注意しよう

リフォーム業者の中には、悪質なところも多いので注意してください。たとえば、いきなり訪問してきたり電話勧誘をしてきたりする業者は、省エネ住宅の知識や実績に乏しく、工事費用だけ高くつくことが多いものです。業者の言われるままに契約しても、低品質で省エネ効果が低く、補助金や税制優遇が受けられないこともあります。省エネ住宅のリフォームは、信頼できる業者に依頼してください。

6.省エネ住宅に関するよくある質問

最後に、省エネ住宅に関するよくある質問に回答します。それぞれ目をとおしてください。

Q.省エネ住宅がおすすめのケースは?
A.たとえば、家族に高齢者や乳幼児がいる・体が弱い人がいるなどの場合におすすめします。省エネ住宅は、1年中快適な気温を保ちやすく、体にやさしいからです。

Q.省エネ住宅にしたのに光熱費がほとんど変わらないのはなぜ?
A.以下のような原因が考えられます。対応策と合わせて参考にしてください。

  • 窓や扉を開けたままにしている:開けたあとはきちんと閉める
  • 家電のスイッチを常時ONにしている:必要なときだけONにする
  • 消費電力の高い家電を導入した:長時間の使いすぎに気をつける

Q.気密性が高いとシックハウス症候群が心配なのですが?
A.確かに、気密性の高さはシックハウス症候群を引き起こしやすいのも事実です。しかし、原因となる化学物質を抑えた建築材もあるため、業者に相談してみてください。

Q.省エネ住宅にリフォームしてから元が取れるのはいつ?
A.すぐには元を取ることはできません。省エネ住宅にすれば光熱費の削減効果がありますが、毎月数千~数万円程度の減額となるからです。しかし、心身の健康促進効果による医療費の削減なども期待できるため、想像以上の効果があるでしょう。

Q.省エネ住宅のメンテナンスは何年ごとにするべきか?
A.特に決まりはありません。アフターフォローが手厚い業者なら、一定期間ごとに定期点検サービスを受けられるはずです。定期点検の際に不具合が見つかったら、メンテナンスするといいでしょう。

まとめ

今回は、省エネ住宅について詳しく解説しました。省エネ住宅にすると、光熱費を削減できたり資源を大切にできたりなどのメリットが多くあります。また、補助金制度や減税制度を活用すれば、リフォーム費用を抑えることも可能です。1年中快適な室温を維持しやすくなり体にやさしいので、高齢者や乳幼児のいる家庭には特におすすめします。省エネ住宅のリフォームは、信頼できる業者に相談しいろいろとアドバイスを受けて進めるといいでしょう。

給湯器の交換工事・修理をお考えの方必見

トップブランドの給湯器が最大81%オフ!