Ecology

省エネ住宅とは? 基準やメリット、種類や特徴を詳しく解説

「省エネ住宅」という言葉を頻繁に耳にしますが、実際、どのような住まいを指しているのでしょうか?

ここでは「省エネ住宅」の主な特徴や、住まいの種類について詳しく説明したいと思います。
省エネ住宅の施工を検討中の方は、参考にしてください。

1.省エネ住宅って何?

省エネ住宅(省エネルギー住宅)とは、自然エネルギーをもとにした「環境に優しい住まい」を指しています。
太陽エネルギー・地熱エネルギーなどを用いて、電気や石油に依存しない、快適な住環境を作り出すのが主な特徴です。

2.省エネ住宅の基準

省エネ住宅は、以下5つの項目に対して「次世代省エネ基準」をクリアしている必要があります。

  • 断熱性
  • 気密性
  • 防露
  • 日射の遮蔽(真夏)
  • 換気基準

3.省エネ住宅の種類について

省エネ住宅には、熱交換換気システムを用いたもの、太陽光でエネルギーをつくるものの他に、日射を遮断するもの、気密性を高めて冷暖房の利用負担を減らすものなど「夏涼しく、冬にあたたかく」なるよう、さまざまな工夫が施されています。
住まいの立地条件、環境に合わせて「全体のバランスに合った」省エネ住宅を施工しましょう。

4.省エネ住宅のメリットについて

省エネ住宅を導入ことで、最も大きなメリットは「環境に優しいこと」が上げられます。
また、エネルギーのムダを省き、自然エネルギーを活用することで、光熱費を大幅に削減できるなど、地球にも家計にも優しい「快適な住まい」が手に入るのです。
この他にも、省エネ住宅には以下のようなメリットが存在します。

  • 環境に配慮した住まいが持てる
  • 空気がきれいなので・人と住まいにやさしい
  • 冷暖房費がかからない(節約できる)
  • 気密性・遮音性にすぐれ、快適に過ごせる
  • 耐久性に優れ、防災面でも安心できる

5.省エネ住宅は税制の優遇が受けられる

環境に優しい「省エネ住宅」は、税金の面でも優遇措置が設けられるなど、費用の面でも大きなメリットが存在します。
場合によっては、長期優良住宅並みのお得な価格で「省エネ住宅」が建てられる可能性があります。

6.省エネ住宅を導入するには?

省エネ住宅は、建て売りとして販売されるものや注文住宅、リフォームとして導入するなど、今ある住まいや将来のプランに合わせて、自由に取り入れることが可能です。
また、税金の控除なども受けられることが多いので、どのような補助金・優遇税制が設けられているのか詳しく調べておくと良いでしょう。
費用や導入の仕方で分からないことがあれば、施工業者やリフォーム業者に相談してみてください。
それぞれのプランに合った、より良い省エネ住宅が見つかるはずです。