大公開!スッキリ収納したい人の『玄関収納3つのアイデア』

意外とモノがあふれて片付かないのが「玄関」ではないでしょうか。
特に家族がいる方は、靴が収納しきれないという悩みを抱えている人が多く、結局靴が出っ放し・・・そんな人もたくさんいます。

靴は形が統一されていないため、きっちり収納するのは難しいものです。
大きさも家族によって違いますから、必要なスペースも違ってきます。

「どうやったら靴がすべて収納できるの?」という方のために、玄関収納のアイデアをまとめてみました。

工夫一つで収納力が2倍以上にもなります!
ぜひ玄関収納にとりいれてくださいね。

アイデアその1:空きスペースは棚を追加して有効活用

子供の小さな靴を置いたら、上の空間が気になりませんか?

まだ空間があるのに棚板がないから何も置けない・・・そんな時は100円ショップなどに落ちてあるコの字型の棚を追加して2足収納してみましょう。
収納力がぐっとアップします。

大人の靴でも前後で2足収納できるグッズが売っていますので、それを活用して収納力をアップさせてみてください。

靴の収納時にやってはいけないのは、空間があるからといって適当に靴を置いていかないこと。
無理やり靴を詰め込むと靴の形が崩れるばかりでなく、湿気がたまって靴にカビが生えやすくなります。

靴の収納は必ず整然と、整った形にしていくのがコツです。

アイデアその2:オフシーズンの靴は移動させる

ブーツやサンダルなど、特定の季節にしか履かない靴は袋に入れるなどして、上段にある靴入れやクローゼットなどに移動させておきましょう。

1年中玄関のメイン収納に置いておくと場所を取るだけでなく、靴が劣化する原因にもなります。

湿気取り剤などを袋に入れてシューキーパーで形を整え、クローゼットにしまっておけば場所をとらず型崩れもせず、一石二鳥です。

特にブーツは場所をとりますし、型崩れもしやすいです!
ロングブーツを持っている人はメンテナンスと収納に少しだけ手を加えて、少しでも長く履けるように工夫してみてください。

アイデアその3:小物類を玄関に置いておく

毎日必ず持っていくものは玄関先に置いておくと忘れ物をせず、とても便利です。
カギ・ハンカチ・ティッシュなどは玄関先にかごをおき、その中に収納しておきましょう。

おすすめは人別にかごを用意しておくこと。
特に子供が小さいうちは学校に持っていくものが多く、忘れ物が気になりますよね。

玄関に名前の書いたかごを置いておき、「毎朝その中を必ず見る」というルールにしておけば忘れ物をせずに済みます。

靴入れの上にかごを置くだけで出来上がりますから、ぜひやってみてくださいね。

玄関収納のアイデアをご紹介しました。
ちょっとした工夫でスッキリ片付けることができるのが玄関収納のいいところ!
アイテムの種類は限られていますから、空間を上手に使えばすべて解決できるはずです。
キレイになればインテリア要素も加えられますから、ぜひ玄関収納を一工夫してみてください。