玄関の匂いが気になる? スッキリ解消するためのコツを徹底解説!

「玄関が何だか匂う」「玄関の匂いを解消したい」など、玄関の嫌な匂いでお困りではないでしょうか。玄関の匂いが気になると、毎日ゆううつですよね。何とかして匂いを解決したいと思っても、どんな対策をすればいいのでしょうか。そこで、今回は、玄関の匂い対策について詳しく解説します。

  1. 玄関の匂いの原因は?
  2. 玄関の匂い対策方法
  3. 玄関の匂いの予防方法
  4. 玄関の匂い対策に関するよくある質問

この記事を読むことで、玄関の匂い対策が詳しく分かり、嫌な匂いをスッキリ解消できます。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

1.玄関の匂いの原因は何?

最初に、玄関の匂いの原因について見ていきましょう。

1-1.玄関の匂いの主な原因

玄関の匂いの主な原因には、以下のようなものがあります。

  • 靴の匂い(汗・皮脂が付着して雑菌が繁殖しやすい)
  • 靴箱の匂い(湿気がこもりやすく雑菌やカビが繁殖しやすい)

このほかにも、掃除不足による匂いや家の中の匂いが玄関まで伝わってきている(タバコ臭など)こともあります。

1-2.玄関の匂いを対処する必要性

玄関が匂うのは、雑菌やカビの繁殖が主な原因です。もしも対処せずに放置した場合は、状況が悪化し、ますますひどい匂いになってしまいます。また、不衛生な状態は、住んでいる人に健康面で悪影響を与えるのです。それに、玄関は家の顔となる場所でもあるので、匂いがあると訪問者にも嫌な思いをさせてしまうことでしょう。匂いが気になるときは、すぐに対処してください。

2.玄関の匂い対策方法

玄関の匂い対策方法を詳しく解説します。

2-1.靴の匂いの対策方法

靴は、1日はくと汚れや汗が付着しています。帰宅したら靴の汚れをさっと落とし、新聞紙を丸めたものを1日程度中に詰め、湿気を取り除いてください。天気のいい日は、日かげに干すのも効果的です。靴の湿気を放置すると、嫌な匂いが発生するだけでなく、カビが生えることもあるので気をつけてください。また、毎日続けてはくのをやめ、複数の靴をローテーションして使うと匂いが定着しづらくなります。

2-2.靴箱の匂いの対策方法

靴箱は、玄関の匂いの大きな原因です。まずは、靴箱の扉を開けて中の湿気を逃がしましょう。靴箱の匂いには、据え置きタイプの消臭剤をおすすめします。市販のものでもいいですが、空きびんに重曹を入れたものや炭を置いておくのもいい方法です。また、靴箱に靴を収納するときは詰めすぎず、通気性を確保することも忘れないでください。

2-3.玄関の掃除方法

玄関の匂いが気になるときは、掃除方法も見直してみましょう。たたきを適当に掃き掃除するだけで終わっていませんか。玄関には、屋外からさまざまな汚れが持ち込まれます。まずは、玄関の汚れをきちんとチェックし、汚れ方や場所によって掃き掃除・ふき掃除を行いましょう。丁寧に掃除することで、匂いの原因が除去されるのです。最後に、消臭剤を使えばよりスッキリすることでしょう。なお、玄関マットの匂いが気になるときは、重曹を適量振りかけて30分ほど放置してから掃除機で吸うと効果的です。玄関マットは、汚れたらこまめに取り換えましょう。

2-4.玄関の匂い対策に関する注意事項

玄関の匂い対策は、必ず原因を除去することが大切です。たとえば、嫌な匂いをよい香りでごまかそうとするのはいただけません。匂いが混じってしまい、逆効果になることが多いものです。

3.玄関の匂いの予防方法

玄関の匂いの予防方法で主なものを詳しく解説します。

3-1.靴の湿気を取ってから収納する

靴を靴箱に収納するときは、必ず湿気を取ってからにしてください。靴は、1日はいただけで多くの汗を吸収しているものです。また、皮脂汚れや土汚れもつきます。そのまま靴箱に収納すると、湿気で蒸れてしまい、雑菌やカビの温床となるので注意しましょう。雨にぬれた靴は、天日干しにして乾燥させるなどしてください。

3-2.不要な靴を処分する

不要な靴は処分してください。収納スペースを圧迫し、通気性が乏しくなってしまいます。すると、カビや雑菌が繁殖しやすくなるのです。サイズが合わないものや傷みや汚れが激しいものなどは思いきって処分して、通気性を確保しましょう。

3-3.こまめに掃除・整理する

玄関をこまめに掃除・整理して、つねに清潔な状態に保ちましょう。ゴミやホコリがたまった状態では、匂いが発生しやすくなります。普段は掃き掃除をするぐらいでいいでしょう。週末などに、靴箱など普段掃除しにくい場所を丁寧に掃除をすればいつでもキレイで匂いの気にならない玄関を維持できます。

3-4.換気に気をつける

換気に気をつけ、湿気がこもらないようにすることも大切です。湿気は、カビや雑菌の繁殖を進めます。特に、靴箱には湿気がこもりやすいので注意しましょう。こまめに扉を開放したり、除湿剤を活用したりして湿気を逃がすことが肝心です。特に雨が降った後は、きちんと対策してください。

3-5.消臭グッズを利用する

市販の消臭グッズを利用することで、嫌な匂いがスッキリします。スプレータイプ・据え置きタイプなど、さまざまな消臭剤を試してみてください。異なるタイプのものを併用してもいいでしょう。無香・微香など、好みの香りを選ぶのも楽しいものです。使用の際は、説明事項をよく読んで正しく使いましょう。

3-6.重曹やコーヒーの出がらなどで消臭する

重曹やコーヒーの出がらなど、消臭効果のあるものを置くのもいい方法です。びんや容器に重曹やコーヒーの出がらを入れ、匂いが気になる場所に置いてみましょう。消臭効果で匂いを薄くしてくれます。化学物質を使わない方法なので、小さな子どもやペットがいる家庭にもおすすめです。

3-7.空気清浄機や脱臭機を活用する

空気清浄機や脱臭機を設置し、匂いを吸着することもおすすめです。特に匂いが気になるときに、長時間稼働させてみるといいでしょう。ただし、匂いの原因が大量にある・対象物から遠いなど、条件によっては効果が薄くなることもあります。効果が薄いと感じたときは、設置場所を調整してみてください。

4.玄関の匂い対策に関するよくある質問

最後に、玄関の匂い対策に関するよくある質問に回答します。それぞれ確認し、役立ててください。

Q.スプレータイプの消臭剤を使うといい場合は?
A.たとえば、外出先から帰宅したときに汗くさい・タバコの匂いがするなどのときにおすすめです。玄関に嫌な匂いを残さないだけでなく、部屋に持ち込まずに済みます。また、何となく匂いが気になるときに空間にスプレーするといいでしょう。

Q.据え置きタイプの消臭剤を使うときの注意点は?
A.直射日光が当たらず、水がかからない場所に置くことが大切です。市販品を利用する場合は使用説明を読んで適切な時期に交換してください。重曹やコーヒーの出がらなどは、2週間ほど後に下のほうにある重曹をかき混ぜて表面に持ってくるといいでしょう。その後、効果が薄れたときが交換のタイミングです。

Q.冷蔵庫用の消臭剤を靴箱用に転用できる?
A.冷蔵庫用の消臭剤は、冷蔵庫用に開発されたものです。転用しても、期待するほどの効果を実感できない可能性があります。ただし、使用説明に靴箱の消臭効果が明記してあるときは転用可能です。

Q.からっとした天候のときは匂いが気にならないのはなぜ?
A.湿度が低いからです。湿度が低いときは、匂い成分が湿気と結びつき合って拡散しないため、気になりません。湿度が低い日には、玄関の大掃除をするのもおすすめです。水ぶきをしてもすぐに乾燥するため、嫌な匂いの原因になりにくいでしょう。

Q.来客から玄関の匂いが気になると言われたのですが?
A.自分で気にならなくても、来客に言われたのなら匂いが発生していると思ってください。自分の家の匂いは、自分では気がつかないことがあります。まずは、素直に来客の言葉を受け入れ、匂いの原因を調べて対策してください。

まとめ

今回は、玄関の匂い対策について詳しく解説しました。玄関の嫌な匂いを解消するためには、原因を突きとめて正しく対策する必要があります。多くの場合、靴や靴箱に原因があるので、チェックしてみましょう。きちんと掃除する・除湿をするなどし、匂いの発生を抑えるとともに、消臭剤を使うなどして匂い対策をしてください。こまめに対策すれば、嫌な匂いもなくなり、スッキリとさわやかな玄関を取り戻すことができるでしょう。