遺品整理で多い失敗や失敗しないための対策を紹介!業者選びも重要!

「遺品整理で失敗しないためにはどうすればよいのか?」「失敗を避けるための対策を知りたい」という悩み、よく分かります。遺品整理は遺族の大切な役目です。悔いなく済ませられるように、しっかりと計画を立てて行う必要があるでしょう。しかし、実際には、遺品整理で失敗した例も少なくありません。

この記事では、遺品整理でよくある失敗や失敗を防ぐためにできることなどをまとめてご紹介しましょう。

  1. 遺品整理でよくある失敗は?
  2. 遺品整理の失敗を防ぐための対策を紹介
  3. 遺品整理で失敗しないためには業者選びも重要
  4. 遺品整理の失敗に関するよくある質問

この記事を読むことで、遺品整理の失敗を防ぐための具体的な方法や業者選びのコツなどが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.遺品整理でよくある失敗は?

まずは、遺品整理でよくある失敗例をいくつかご紹介しましょう。

1-1.形見分けでもめる

遺品整理の際、特にトラブルになりやすいのが形見分けです。「誰が何をもらうか」でもめるケースも少なくありません。特に、金銭的価値のあるものをめぐってトラブルが起きやすいため、注意が必要です。

1-2.価値のあるものを処分してしまう

「価値のある遺品を処分してしまった」という失敗例も多くなっています。特に、貴金属や美術品・着物などは、その価値が分からず処分してしまう人もいるでしょう。処分した後で価値のあるものだと知り、後悔するのは避けたいものです。

1-3.賃貸物件の退去期限に間に合わない

故人が賃貸物件に住んでいた場合、「遺品整理が物件の退去期限までに終わらない」という問題も出てきます。近年は核家族化がすすみ、1人で遺品整理をしなければならないケースも多いでしょう。期限までに作業を終わらせるのが現実的に難しい場合もあると思います。

1-4.悪徳業者を利用してトラブルに巻き込まれる

近年は、遺品整理をプロの業者に依頼するケースも増えてきています。しかし、悪質な業者を利用した結果、トラブルに巻き込まれる場合もあるのです。具体例として、「高額な料金をだまし取られた」「遺品をずさんに扱われた」などの問題が発生しています。

1-5.遺品整理をしたことで相続放棄ができなくなった

「遺品整理をしたことで相続を放棄することができなくなった」という失敗例も多いでしょう。基本的に、相続を放棄した人には故人の財産を処分する権限がありません。相続放棄の意思があっても、遺品整理を行う中で、資産価値のあるものを処分すると「相続の意思がある」とみなされ、相続放棄ができなくなってしまうことがあるのです。明らかに資産価値のないものは処分しても問題ないと考えられますが、相続放棄を検討している人は、専門家などに相談してから遺品整理を行ったほうがよいでしょう。

2.遺品整理の失敗を防ぐための対策を紹介

遺品整理で失敗しないための具体的な方法をご紹介しましょう。

2-1.押さえておくべき基本ポイントは?

遺品整理を行う際には、いくつか押さえておくべき基本ポイントがあります。まず、遺品の量や故人が住んでいた家の状態から、遺品整理にどのくらい時間がかかるかを考えることです。その結果、自分で行うのか業者に依頼すべきかを決めましょう。業者に依頼する場合はどのくらいの費用がかかるのかも調べる必要があります。また、相続の対象となる財産や形見分けする遺品がどのくらいあるかも確認しましょう。自分1人では判断が難しい場合は誰に相談するのか、手伝ってくれる人はいるのかも考えておく必要があります。

2-2.親族がそろったタイミングで行う

遺品整理はできるだけ、親族がそろっているときに行うのがベストです。そうすることで「勝手に遺品を処分された」「意に沿わない形見分けをされた」などのトラブルを防ぐことができるでしょう。四十九日法要や月命日などの法要で親族が集まる際に、遺品整理をする例も多くなっています。

2-3.生前整理をしておく

「遺品整理に時間がかかりすぎる」「何をどう処分すればよいのか分からない」ということにならないよう、生前整理をしておくことも大切です。生きているうちに身の回りのものを整理しておくことは、残された遺族の負担を少なくするために必要なことといえます。高齢の親がいる場合は、早めに生前整理をすすめておくと安心でしょう。

2-4.スケジュールを立て、人手を確保しておく

遺品整理で失敗しないためには、事前にしっかりとスケジュールを立てておくことが大切です。いつ取りかかり、いつまでに終わらせるのかを決め、期日までに完了するためにはどのような作業日程を組む必要があるのかを考えておきましょう。さらに、人手の確保も必要です。「大量の遺品がある」「なかなか作業する時間が作れない」などの場合は、1人で遺品整理をするのは大変でしょう。法要などで親族が集まったときに、できるだけ手伝ってもらえるよう事前に声をかけておくことをおすすめします。

2-5.故人の意思を尊重する

遺品整理で後悔しないために、できるだけ故人の意思を尊重することも大切です。遺言が残されている場合はもちろんのこと、そうでない場合も、故人が生前どのようなことを望んでいたのか思い出してみましょう。「誰かにもらってほしい」「捨てないでほしい」といっていた遺品はないか、再度確認してみてください。

2-6.慎重に業者を選ぶ

遺品整理を業者に依頼する場合は、慎重に業者選びをしてください。悪質な業者に依頼してしまい、遺品整理に悔いが残る結果になってしまった例も少なくありません。近年は遺品整理業者の数も増え続けているのが現状です。その中から、信頼できる良心的な業者を選ぶにはどうしたらよいのか考えてみましょう。

3.遺品整理で失敗しないためには業者選びも重要

遺品整理を依頼する業者の選び方や大まかな費用・知っておくべき注意点などをまとめました。

3-1.こんなときは業者に依頼を

以下のような場合は、遺品整理を業者に依頼するのがおすすめです。

  • 遺品が大量にある
  • 遠方に住んでいて通うのが難しい
  • 仕事が忙しくて時間がとれない
  • 遺品整理を手伝ってくれる人がいない
  • どの遺品をどう処分すべきか判断できない

3-2.プロならではのメリットがある

業者に依頼することで、遺品整理の失敗を防ぐことができます。経験豊富な業者であれば、見つけにくい場所にある遺言書や土地の権利書なども見つけ出してくれるでしょう。価値のある骨とう品や美術品なども、誤って処分する心配はありません。また、短時間で効率的に作業してもらえるため、退去期限などが迫っているときも安心です。

3-3.ワンルーム30,000~100,000円が相場

遺品整理を業者に依頼した場合の費用相場は、ワンルームで30,000~100,000円が相場です。もちろん、遺品の量や種類によって差は出ます。また、階数やエレベーターの有無・トラック車両までの距離などによっても料金は変わってくるため、必ず事前に確認してください。

3-4.悪徳業者を見極めることが大切

業者を選ぶにあたって、悪徳業者を見極めることが何よりも重要になります。悪質な遺品整理業者には以下のような特徴があるため、参考にしてください。

  • 廃棄物収集運搬許可や古物商の許可を得ていない
  • 見積書に不明確な項目が多い
  • 無料見積もりを受け付けていない
  • 事務所の所在地を明らかにしていない
  • スタッフの対応が悪い

3-5.良心的な業者を選ぶポイントは?

安心して依頼できる良心的な業者を選ぶには、以下のポイントをチェックするとよいでしょう。

  • 豊富な実績があるか
  • 廃棄物収集運搬業や古物商の許可を得ているか
  • 見積書の内容が細かく記載されているか
  • 料金体系が分かりやすいか
  • 無料相談や無料見積もりを受け付けているか
  • 丁寧でスピーディーな対応か

4.遺品整理の失敗に関するよくある質問

「遺品整理で失敗しない方法を知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.遺品整理と生前整理はどう違うのでしょうか?
A.生前整理は生きているうちに身の回りを整理することをいい、死後、遺族が負う遺品整理の負担を減らすために行うものです。残された遺族が行う遺品整理とは異なります。

Q.遺品整理で誤って捨てると困るのはどのようなものでしょうか?
A.貴重品や現金はもちろんのこと、鍵やリモコン・レンタルしているもの・人から借りているものなどを捨ててしまうと大変です。しっかり確認しましょう。

Q.相続手続きの際に必要なのはどのような遺品ですか?
A.遺言書や印鑑・銀行の通帳・土地の権利書・株券・借用書などは相続手続きの際に必要なものとなります。

Q.親族で集まって遺品整理をすることができないのですが、どうすればトラブルを防ぐことができるでしょうか?
A.事前に「この日に遺品整理を行う」という連絡をしておくことをおすすめします。その際、遺品整理に関する希望や要望はないか、自分に一任してもらえるかなどを確認しておくとよいでしょう。

Q.遺品整理には資格が必要ですか?
A.必ず必要というわけではありませんが、遺品整理士認定協会が設けている「遺品整理士」という資格があります。遺品整理に関する専門的な知識を習得していると証明できるため、この資格を持つスタッフが在籍している業者を選ぶと安心でしょう。

まとめ

遺品整理でよくある失敗や失敗を防ぐ方法などをまとめてご紹介しました。遺品整理には相続問題や形見分けなども関係してくるため、失敗するとトラブルの原因にもなります。また、悔いなく遺品整理をすることは故人にとってもよい供養になるはずです。ぜひこの記事を参考にして、スムーズに遺品整理をしてください。