遺品整理の心構えはこれが大切! 片付けをスムーズに進める方法・コツを解説!

遺品整理は、故人が遺(のこ)したものをきちんと整理して片付けることです。しかし、親族が亡くなって悲しんでいるときほど、何をどうすればいいのかよく分からないことでしょう。きちんと片付けるためにも、心構えをしておく必要があります。そこで、今回は、遺品整理の心構えと共に、片付けをスムーズに進める方法やコツを詳しく解説しましょう。

  1. 遺品整理について
  2. 遺品整理の心構えについて
  3. 遺品整理を自分でやる場合
  4. 遺品整理を業者に依頼する場合
  5. 遺品整理に関するよくある質問

この記事を読むことで、遺品整理の心構えについて詳しく分かります。まずは、記事をじっくり読んで参考にしてください。

1.遺品整理について

最初に、遺品整理について詳しく解説します。 

1-1.遺品整理の意味や必要性

遺品整理には、故人の持ち物を整理するという意味だけではありません。故人が大切にしていたものを整理・処分することが供養のひとつになるのです。また、遠方の親が亡くなったなどの場合は、相続の問題も出てくることでしょう。遺品整理は、相続の手続きを進めるためにも必要なものです。

1-2.遺品整理の方法

遺品整理は、自分でやる・業者に依頼するの2パターンがあります。それぞれ解説するので参考にしてください。

1-2-1.自分でやる

遺品整理を自分でやるときは、家の掃除・遺品の捜索・不用品の仕分けと処分をすべて行う必要があります。まずは、何を・いつまでに行うか計画を立ててから手をつけましょう。

<メリット>

  • 費用が節約できる
  • 好きなタイミングで実行できる
  • 自分のペースで実行できる

<デメリット>

  • 時間や労力がかかる
  • 挫折しやすい

1-2-2.業者に依頼する

遺品整理は、専門業者に依頼することができます。業者では、遺品整理に関する専門知識を持ったスタッフが効率よく作業を進めていくので、とてもスムーズです。

<メリット>

  • 時間や労力を節約できる
  • 自分たちよりキレイに仕上がる
  • 不用品を買取してもらえることもある
  • ゴミ屋敷・事故物件でも対応してもらえる

<デメリット>

  • 費用がかかる
  • 大切なものを処分されるリスクがある

2.遺品整理の心構えについて

遺品整理の心構えについて、自分でやる場合・業者に依頼する場合でそれぞれ解説します。

2-1.自分でやる場合の心構え

自分で遺品整理をやると決めたのなら、まずは、気持ちの整理をしましょう。遺品整理をしていると、故人との思い出で胸が詰まって作業が止まってしまいがちです。また、遺品以外のものであっても、処分に戸惑ってしまうことがあります。遺品整理を自分でやるのなら、ある程度の割り切りも必要です。また、長く生活していたのであれば多くのものが遺(のこ)されているので、親族たちに協力を依頼しましょう。なお、通常、遺品整理は49日法要までに行うことが多くなります。相続が関係しそうな場合は、早めに手をつけましょう。

2-2.業者に依頼する場合の心構え

遺品整理を業者に依頼する場合は、何をどこまで依頼するのか決めておくことが大切です。また、信頼できる業者を第一に選びましょう。なお、遺品整理を業者に依頼すると決めたら、早めに手配してください。希望日時にほかの人からの依頼が重なることも考えられます。

3.遺品整理を自分でやる場合

遺品整理を自分でやる場合について、タイミングや流れ・注意点など詳しく解説します。

3-1.遺品整理を自分でやるタイミングや流れ

遺品整理を自分でやるときは、日程に余裕があるときがいいでしょう。故人が亡くなって数日間は、何かとバタバタしていて落ち着かないものです。また、気持ちの整理もつきにくいでしょう。遺品整理は、ある程度日にちが経過してから数日間ほど予定を組むことをおすすめします。遺品整理を自分でやるときの流れについては、以下を参考にしてください。

  1. 遺品整理の日程を決める
  2. 遺品整理の基準を決める
  3. 予定日になったら現場の掃除をする
  4. 不用品やゴミを仕分けし、処分する
  5. 必要なものだけが残ったら整頓する
  6. 最後に掃除をして完了

3-2.自分でやるときは計画が大切

自分で遺品整理をやるときは、計画をきちんと立てることが大切です。特に、部屋が広くて物量が多い・汚れがひどいなどの場合は、想像以上に手間と時間がかかります。まずは、どこをいつまでに整理するか、具体的に書き出してみましょう。次に、どこから手をつけるのか順番を決めてください。さらに、遺品として残すものと処分するものの基準を決め、不用品の処分方法も検討しておきましょう。挫折しないで作業を進めるためにも、最初の計画で細かく決めておくのがコツです。

4.遺品整理を業者に依頼する場合

遺品整理を業者に依頼する場合の流れや、業者を選ぶポイントなど詳しく解説します。

4-1.業者に依頼したほうがいい場合は?

以下のような場合は、業者に依頼するほうが大きなメリットがあるでしょう。

  • 人手や時間が足りない
  • ゴミ屋敷や孤独死・事故物件などで手がつけられない
  • 費用がかかることを理解できる
  • キレイに仕上げたい

4-2.業者に依頼する流れ

遺品整理を業者に依頼するときの流れは、以下を参考にしてください。

  1. 遺品整理について業者に相談する
  2. 業者が現場視察する
  3. 業者から見積もりが送られてくる
  4. 見積もりを確認して問題がなければ正式に依頼する

見積もりを依頼するときには、業者の対応もしっかりチェックしましょう。見積もりの段階で丁寧かつ親切な対応ができる業者は、信頼できるものです。

4-3.業者を選ぶポイント

業者を選ぶポイントでより詳しいものは、以下を参考にしてください。

  • 遺品整理の実績が豊富
  • 見積もりは無料
  • 料金システムが明確でリーズナブル
  • 不用品の処分だけでなく買取もしている
  • 希望の日時・場所での作業が可能
  • 顧客からの評判がいい
  • スタッフが遺品整理士の資格を取得している
  • 対応が親切で丁寧
  • 万が一のときのために損害賠償保険に加入している

4-4.業者に依頼した場合の料金や期間

遺品整理を業者に依頼した場合の料金は、家の広さや間取り・汚れ具合・物量などにより大きく異なります。詳しくは、業者からの見積もりを確認してください。以下は、あくまでも標準的なケースの目安となります。

  • 1R~1K:30,000円~80,000円程度
  • 1DK:50,000円~120,000円程度
  • 1LDK:70,000円~200,000円程度
  • 2DK:90,000円~250,000円程度
  • 2LDK:120,000円~300,000円程度
  • 3DK:160,000円~400,000円程度
  • 3LDK:220,000円~500,000円程度
  • 4LDK以上:280,000円~600,000円程度

なお、作業日数は通常数時間~1日で終わることが多いでしょう。物量が極端に多いケースなどは、2日以上にわたることもあります。日数がかかるほど料金も割り増しになるので、業者に確認しておきましょう。

5.遺品整理の心構えに関するよくある質問

最後に、遺品整理の心構えに関するよくある質問に回答します。それぞれ確認し参考にしてください。

Q.悲しすぎて遺品整理をやる決心がつかない場合は?
A.業者に相談することをおすすめします。悲しい気持ちが癒(い)えないまま作業を始めると、余計に悲しみが増してしまい、作業が進みません。業者なら、客観的な立場で作業ができるためどんどん進めることができます。故人への思いに区切りをつけるためにも、専門業者の手を借りましょう。

Q.どうしても処分できないものは残してもいい?
A.遺品整理をして処分の決心がつかないものは、保留しても構いません。時間を置いてから、再び処分をするべきか考えてみてください。再度考えても処分を迷うようなら、残すべきものです。

Q.遺品を仕分ける基準は?
A.以下の基準を参考にしてください。

  • 故人との思い出が深いもの:残す
  • 写真やアルバム類:故人が写っているものだけを残して処分
  • 貴重品:残す(遺産相続や親族間トラブルの原因になるため)
  • 家電・家具など:処分する(未使用に近いものは買取に回すことも考える)
  • そのほかの生活用品:処分する

Q.自分で遺品整理していて挫折したらどうする?
A.途中からでも業者に相談して作業を依頼してください。できるだけ早く対応してもらうようにし、作業を完了させましょう。なお、業者に依頼するときには、自分で手をつけた場所と内容を説明すると共に、何をしてほしいのかをきちんと伝えることを忘れないでください。

Q.遺品整理は遺族の同意を得てからにするべきですか?
A.後日トラブルになるのを避けるためにも、ひとこと言っておいたほうがいいでしょう。特に、貴重品や現金などが見つかると、親族同士でもめごとになりやすいものです。嫌な思いをしないためにも、事前に日程を伝えておきましょう。

まとめ

今回は、遺品整理の心構えについて詳しく解説しました。遺品整理は、故人が遺したものを適切に処分し、後始末を進めることです。自分でやる方法と業者に依頼する方法、いずれでも構いません。自分たちでやるのなら気持ちの整理をきちんとし、事前にしっかり計画を立ててから進めましょう。ただし、遺品整理は想像以上に心身に負担がかかります。効率よく作業を進めるためには、実績と専門知識が豊富な業者に依頼することがおすすめです。遺品整理士の資格を持ったスタッフがいるなど、この記事でご紹介したポイントに沿ってきちんとした業者を選べば安心でしょう。業者に依頼すれば、大量の不用品の処分も任せられるので便利です。