外壁リフォームで補助金が受けられるって本当? 申請方法を詳しく!

外壁リフォームで補助金が受けられることをご存じでしょうか。外壁リフォームにもお金がかかりますから、条件を満たしているのなら申請したいですよね。しかし、どんな補助金があるのか・申請条件は何かなど、よく分からないことも多いでしょう。そこで、今回は、外壁リフォームの補助金について詳しく解説します。

  1. 外壁リフォームで補助金について
  2. 外壁リフォームの補助金制度について
  3. 外壁リフォームの補助金申請の手続き
  4. 外壁リフォームの業者の選び方
  5. 外壁リフォームの補助金に関するよくある質問

この記事を読むことで、外壁リフォームの補助金について詳しく分かり、申請手続きを進めることができます。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

1.外壁リフォームで補助金について

最初に、外壁リフォームの補助金について見ていきましょう。

1-1.外壁リフォームに使える補助金や助成金はある?

自治体によって、外壁リフォームをするときに補助金や助成金を受けられることがあります。外壁リフォームは数十万円程度かかることが多く、補助金や助成金を受けることができれば費用負担が軽くなるのがメリットです。自治体ごとに募集内容や期間が異なるので、まずはホームページなどで確認してみてください。

1-2.外壁リフォームの助成金や補助金とは

外壁リフォームの助成金や補助金は、自治体が環境にやさしい住宅を推進し、地元企業を活用することを目的にしています。したがって、申請には条件があることがほとんどで、リフォーム内容によっては対象からはずれることもあるのです。まずは、どんな外壁リフォームが条件に当てはまるのか、細かく調べてみるといいでしょう。

1-3.助成金と補助金の違いは?

外壁リフォームの助成金と補助金の違いは、以下を参考にしてください。

  • 助成金:外壁リフォーム時に断熱・遮熱塗料を使うことが条件で、申請時に審査は不要
  • 補助金:外壁リフォームの指定条件が自治体ごとにあり、申請時に審査が必要

なお、助成金・補助金ともに自治体が必ずしも実施しているとは限りません。いずれかもしくは両方ともタイミングが合わず、利用できないこともあるので注意しましょう。

2.外壁リフォームの補助金制度について

外壁リフォームの補助金制度について詳しく解説します。

2-1.自治体によって異なるガイドライン

外壁リフォームの補助金制度は、ガイドラインが自治体ごとに異なります。ある自治体では申請条件に合致しても、ほかの自治体では対象外となることもあるのです。まずは、居住区の自治体のガイドラインを調べてみましょう。なお、税金の滞納があると補助金を受けることができません。補助金の資金源は、各自治体に納められる税金だからです。

2-2.外壁リフォームの補助金・助成金制度の具体例を紹介

外壁リフォームの補助金・助成金制度の具体例を3つの自治体でご紹介します。

2-2-1.埼玉県川口市「川口市住宅改修資金助成金」

埼玉県川口市では、「川口市住宅改修資金助成金」として住宅改修工事費用の5%(上限10万円)を限度に、外壁リフォームの補助金制度を実施中です。平成31年2月28日までに完了報告書を提出することなどの条件があります。

2-2-2.東京都渋谷区「住宅簡易改修工事費助成」

東京都渋谷区では、「住宅簡易改修工事日助成」として、外壁リフォームにかかわる5万円以上の工事費のうち、20%(上限10万円)を補助しています。渋谷区内に住民登録をしている・対象住宅の所有者であるなどが申請条件です。

2-2-3.長野県信濃町「住宅リフォーム支援事業補助金」

長野県信濃町では、「住宅リフォーム支援事業補助金」として外壁リフォーム時に補助金を利用きる制度があります。補助対象工事費の20%(上限25万円)の補助金を受けることが可能です。10万円以上の工事・町内に存する住宅・住宅の所有者が補助金申請者の二親等以内の親族など条件があります。

2-3.外壁リフォームの補助金の利用条件

外壁リフォームの補助金には、利用条件が細かく決められています。以下は、一例として参考にしてください。より詳しい内容は、各自治体に確認しましょう。

  • 申請先の自治体に申請者の住民票がある
  • 申請する自治体の管轄内で外壁リフォームする
  • 指定期間内に工事開始~完了となる
  • 指定内容(断熱など)を伴う外壁リフォーム工事をする

2-4.自己判断で進めないこと

外壁リフォームの補助金を確実に受けるためにも、自己判断で進めないようにしましょう。自分では条件を満たしていると判断しても、自治体が審査した結果、却下されることもあります。また、補助金申請が必ずしも受理されるとは限りません。補助金を受けられるつもりで外壁リフォーム工事を進めても、当てがはずれることもあるので注意しましょう。

3.外壁リフォームの補助金申請の手続き

外壁リフォームの補助金申請の手続きについて詳しく解説します。

3-1.補助金制度の調べ方

自治体でどんな補助金制度があるか調べるためには、自治体のホームページを調べるか以下のサイトを利用するといいでしょう。

なお、情報は随時更新されるため、こまめにチェックしてください。

3-2.補助金の申請方法や流れ

外壁リフォームの補助金の申請方法や流れは、以下を参考にしてください。

  1. 外壁リフォームの補助金について条件に合うものを調べる
  2. 補助金申請に必要な書類を用意し、申請手続きをする
  3. 自治体から補助金支給決定通知が届く
  4. 外壁リフォーム工事の開始
  5. 外壁リフォーム工事が完了後、自治体に報告書を提出
  6. 自治体により施工した住宅の確認を受ける
  7. 改めて補助金支給決定通知が届く
  8. 指定口座に補助金の支払いを確認して完了

3-3.補助金申請前のチェックリストと注意点

外壁リフォームの補助金申請前には、以下のリストをチェックしてみてください。

  • 申請条件を満たしているか
  • 申請書類や記入事項に不備はないか
  • 申請期間内か
  • 施工業者に補助金申請希望を伝え、理解を得られているか
  • 補助金を受けられる時期に問題はないか

申請で不安な点があるときは、自治体の担当窓口に確認する・信頼できるリフォーム業者に相談するなどして解決しておきましょう。申請後、不備があって却下された場合、タイミングによっては申請期限切れとなり、再申請できないことがあります。

3-4.火災保険が使えるかもチェック

外壁リフォームでは、火災保険が使えるかチェックしてみてください。たとえば、台風などの自然災害などで外壁が破損した場合、リフォーム時に保険が使えることがあります。詳しくは、保険証書や保険会社に確認してください。なお、保険を利用する場合は、勝手に工事を進めると保険が下りない可能性があるので注意しましょう。

4.外壁リフォームの業者の選び方

外壁リフォームの業者の選び方や注意点について詳しく解説します。

4-1.業者選びのポイント

外壁リフォームを依頼するときは、以下の条件をチェックするといいでしょう。

  • 外壁リフォームの実績が豊富
  • 補助金申請について詳しい知識を持ち、申請が可能
  • 見積もりは無料
  • 工事費用がリーズナブルで明確
  • 希望の工期に合わせてくれる
  • スタッフのマナーがよく受け応えがしっかりしている
  • アフターサービスや保証が手厚い

4-2.悪質業者に注意しよう

外壁リフォーム業者には、悪質業者も多く含まれています。補助金制度を使いたいと伝えているのに無視して契約したがる・外壁リフォーム以外(屋根リフォームなど)を無理にすすめてくるなどが特徴です。また、見積もりでは安くても実際には何かと理由をつけて高額請求する業者も存在します。悪質業者の被害に遭わないためにも、前述したポイントを参考に業者選びをきちんと行いましょう。

5.外壁リフォームの補助金に関するよくある質問

最後に、外壁リフォームの補助金に関するよくある質問に回答します。それぞれ確認し、参考にしてください。

Q.補助金は申請後すぐにもらえる?
A.すぐにはもらえません。申請が受理され、実際に外壁リフォーム工事が完了してから再度報告申請してから約2か月かかります。業者への工事費用の支払期日より後のタイミングとなるでしょう。

Q.以前補助金を利用したことがあっても申請できる?
A.自治体によっては可能なことがあります。ただし、上限金額に達するまで・通算2回までなど、自治体によって条件が異なるので確認してください。

Q.補助金を受け取った後、ほかの目的に使用できる?
A.補助金を受け取った後の使い道については、特に決まりがありません。補助金の入金は申請者が工事費用を支払った後のタイミングとなるため、ほかの目的に使用してもいいのです。

Q.補助金申請が却下された場合はリフォーム工事をキャンセルできる?
A.リフォーム工事が着手前であり、業者がキャンセルに応じた場合だけ可能です。すでに工事に入っている場合で、キャンセルしたい場合は途中工程までの費用を全額自己負担することになり、中途半端な状態で工事を終えることになります。補助金申請が却下されても、工事はキャンセルせずに完了させることがおすすめです。

Q.補助金の申請時にはどんな書類が必要?
A.補助金の申請時には、以下のような書類が必要になります。

  • 自治体指定の補助金申請書
  • 対象住宅の案内図
  • 工事費用の見積書(補助対象工事とそのほかの工事を区別したもの)
  • 補助対象工事の図面や仕様書など
  • 住宅全体および施工部分の写真(施行前に撮影したもの)

なお、自治体によってはこのほかの書類が必要になることもあるので事前に確認しておきましょう。

まとめ

今回は、外壁リフォームの補助金について詳しく解説しました。外壁リフォームの時期や内容によっては、自治体などから補助金を受けられる場合があります。まずは、補助金の種類や条件について詳しく調べてみてください。補助金申請に詳しい業者に相談してみるのもいい方法です。条件に合う場合は、申請することで補助金を受けられます。なお、補助金申請には期限があるので、早めに申し込むことも忘れないようにしましょう。