後悔しない家づくりのために!!失敗例を知っておきましょう。

家は一生で最も大きな買い物のひとつ。
特に、注文住宅を建てる方は家に対するこだわりが強いケースが多いと思います。
理想の家が自宅になる喜びは大きいでしょう。
しかし、こだわって建てた結果、家づくりに失敗してしまったケースも少なくありません。
そこで、今回は家づくりの失敗例をご紹介しつつ、それを防ぐ方法をご紹介します。
家は失敗したからといってもう一度、というわけにはいかないでしょう。
ですから、ぜひこの記事を読んで後悔しない家づくりの参考にしてください。

1.建売住宅と注文住宅、失敗が多いのはどっち?

建売住宅とは、すでに住宅メーカーが建てた家を買うものです。
マンションも、建売住宅の一種でしょう。
一方、注文住宅は自分で土地を買い、業者に建築を依頼します。
自分好みのデザインや設備で家を建てられますので、こだわりのある方は注文住宅を選ぶケースが多いでしょう。
しかし、理想の家が住みやすい家とは限りません。
建売住宅は無難なデザインが多く面白みに欠けますが、万人が暮らしやすい家でもあるのです。
また、建売住宅は実際の物件を見てから購入を決めることができます。
ですから、暮らしやすい家かどうかは、注文住宅より分かりやすいでしょう。
つまり、失敗するリスクが高いのは注文住宅の方といえます。
では、実際にどのような失敗があるのでしょうか?
次の項でその具体例をご紹介します。

2.家づくりの失敗例

この項では、家づくりの失敗例をご紹介します。
建ててすぐに分かるものもあれば、時間がたってから後悔する失敗もあるのです。

2-1.土地にかかわる失敗

注文住宅の場合、家づくりは土地選びから始まります。
ここに長い時間をかける方もいるでしょう。
また、新しい住宅地が開発されて売りに出されたものを買ったという方もいます。
よい土地は南向きで角地などのイメージがありますが、これにこだわりすぎるとほかの不具合を見逃しがちです。
たとえば、南に面していても高い建物が周囲にあれば、日当たりは悪くなります。
また、周辺の環境が居住向きでないこともあるでしょう。
新たに作られた住宅地の場合は、地盤が軟弱だったり土砂災害に巻きこまれやすかったりすることもあるのです。
土地を選ぶときは、異なる時間帯に下見をしたり住宅地になる前は何だったのか、調べたりすると失敗をしにくいでしょう。
また、周辺の施設や環境もよく調べておいてください。

2-2.予算にまつわる失敗

家は、かけようと思えばいくらでもお金をかけられます。
そして、やはり値段の高い設備の方が立派に見えるのです。
家づくりをするときには、住宅設備のショールームへ足を運ぶことも多いでしょう。
また、住宅展示場で何件ものモデルハウスを見ることもあります。
やはりよいものを、と考えてしまうと予算をだいぶオーバーしてしまうことも珍しくありません。
家づくりは大きなお金が動くので、金銭感覚がマヒしてしまうことも多いでしょう。
その結果、ローンの支払いが大変になることもあります。
ですから、予算は上限を決めておき、譲れない設備だけはよいものを使いましょう。

2-3.間取りにかんする失敗

家づくりの失敗の中でも多いのが間取りにかんするものです。
暮らしやすい家というのは、人が動きやすい家でもあります。
たとえば、キッチンからダイニングへの移動。
自分の部屋からリビングへの出入り。
さらに、家事をするための移動などがスムーズにいくと、暮らしやすいでしょう。
逆に、移動するたびに障害物をよけなければならなかったり人の目が気になったりすると、暮らしにくい家になります。
また、家は長く住むものですから、家族構成にも変化があるでしょう。
現在は暮らしやすいけれど、10年後に間取りの変更がうまくいかずに暮らしにくい家になったという例もあります。

2-4.収納にかんする失敗

収納スペースはたくさんあった方が便利です。
しかし、とにかく大きな収納スペースを作ればよい、というわけではありません。
収納スペースが大きすぎると、中で荷物が行方不明になることもあります。
また、収納スペースの設置場所に偏りがあっても使いにくいでしょう。
どの部屋にどのくらいの荷物を収納するかよく考えて、収納スペースを作ってください。

2-5.家の設備にかんする失敗

家の設備にかんする失敗も少なくありません。
最も多いのは、コンセントの位置です。
現在の生活はたくさんの家電を使いますから、コンセントの位置が悪いと非常に住みにくい家になるでしょう。
また、家の設備をこりすぎると、手入れが大変になります。
今は、主婦でも家事にいくらでも時間をかけられる人は少ないでしょう。
お手入れに手間のかかるものばかりだと、家の掃除が追いつきません。

3.後悔しない家づくりのコツとは?

では、家づくりで後悔しないためにはどうしたらよいのでしょうか?
この項では、家づくりがうまくいくコツをご紹介します。

3-1.家族全員の意見を聞いて家を建てる

家は、家族全員で住むものです。ですから、家族全員の意見を取り入れましょう。
意見に偏りが出ると、住みにくい家ができあがる可能性が高くなります。
また、住宅雑誌には個性的なデザインの家がよく取り上げられますが、決して暮らしやすいわけではありません。
ですから、デザインを優先させすぎないようにしましょう。
特に、外国製の設備を使うと、壊れたときに交換部品がなく、修理ができないということもあります。

3-2.家を建てる場所の気候も考える

日本は南北に長いので、気候にも大きな差があります。
ですから、地域によって適した家のスタイルは違うのです。
たとえば、冬も温暖な分湿度も高い地域に高気密高断熱の家を建てると、湿気で家の寿命が短くなる可能性もあります。
逆に、冬の寒さが厳しい場所に間口の大きい家を建てると、冬の光熱費が高くなるでしょう。

3-3.専門家のアドバイスを聞く余裕を持つ

住宅メーカーや工務店、建築家は、施主が「こうしたい」と強い希望を述べれば、反対はできません。
ですから、「絶対にこんな家をつくりたい」というのではなく「このような家をつくりたいのだけれど、どうしたらよいか?」とアドバイスを求めてみましょう。
住宅メーカーや工務店は家づくりのプロです。
施主の意見を取り入れつつ、暮らしやすい家ができるようにアドバイスをしてくれるでしょう。

4.おわりに

いかがでしたか?
今回は、家づくりの失敗例や後悔しない家づくりのコツなどをご紹介しました。
まとめると

  • 注文住宅は自分の希望どおりの家ができる反面、失敗もしやすい。
  • 家づくりは失敗したからといってやり直すわけにはいかないので、慎重に計画を立てよう。
  • 家づくりはプロのアドバイスを聞きながら作るとよい。

ということです。
かつては「家づくりは3度目で満足いくものができる」といわれていました。
しかし、今は3度も家を建てられる人はごくまれです。
ですから、注文住宅をつくる際は、慎重に計画を立ててください。
また、「今暮らしやすい家」ではなく「10年後も暮らしやすい家」をつくりましょう。
各部屋の役割を固定しすぎず、「どんな目的にも使える部屋」を多く作っておくと間取りの変更もしやすいです。
また、あまりに安い土地や安い工事費はなにか理由があるはず。
安さだけで土地や工務店を決めないようにしましょう。