鏡につくうろこ状の汚れを落とす方法はコレ! 汚れ防止方法と共に解説

気がついたら、鏡にうろこ状の汚れがついていた。こんな経験はありませんか? 一度鏡にうろこ状の汚れがついてしまうと、なかなか落ちにくく、曇って鏡としての役割を果たさなくなってしまいます。掃除に苦労している人も多いことでしょう。

今回は、鏡についたうろこ状の汚れの落とす方法を紹介します。

  1. 鏡にうろこ状の汚れがつく理由
  2. 鏡についた汚れの掃除方法
  3. 鏡につくうろこ状の汚れを予防する方法
  4. 鏡につくうろこ状の汚れに関するよくある質問
  5. おわりに

この記事を読めば、鏡についたうろこ状の汚れを効率的に落とす方法がよく分かりますよ。鏡の掃除方法に悩んでいる人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.鏡にうろこ状の汚れがつく理由

鏡につきやすく取れにくいうろこ状の汚れの正体は、水道水に含まれるカルシウムやマグネシウム・ケイ素です。水道水にはこれらのミネラル分が含まれており、鏡についた水が蒸発してもミネラル分は白く結晶化して残ります。鏡が設置してある場所によっては、石けんカスも一緒に付着することもあるでしょう。ミネラル分や石けんカスは、時間がたつにつれて落ちにくくなります。特に、ケイ素は鏡を構成する物質との結合力が強く、中性洗剤で洗ったくらいでは落ちないケースも珍しくありません。

2.鏡についた汚れの掃除方法

この項では、鏡についたうろこ状の汚れの落とし方を紹介します。ぜひ、参考にしてください。

2-1.やってはいけないこと

1で解説したように、鏡につくうろこ状の汚れは、水道水に含まれるミネラル分です。鏡を洗おうと水をかけてスポンジなどでこすっても、水滴をそのままにしておけば余計に汚れがつきやすくなってしまいます。水をかけたら必ず拭く、もしくは換気扇を回して短時間で乾燥させましょう。
また、クレンザーやタワシなどで鏡を力任せに磨くと、表面に傷がついてしまいます。研磨剤が入った洗剤は基本的に使わないようにしましょう。

2-2.鏡の掃除は基本的に毎日

鏡を汚れたまま放っておくと、鏡に使われている銀メッキが酸化・腐食を起こします。古くなった鏡はカビのような黒い点々がつくことがありますが、これが腐食です。鏡は湿気に弱く、浴室の鏡はうろこ状の汚れだけでなく酸化・腐敗がしやすいでしょう。そのため、基本的に毎日水滴をぬぐい、浴室の湿気をできるだけ早く取ることが大切です。入浴をの後に、さっと鏡の水滴をぬぐい、換気扇をかけるだけでもうろこ状の汚れがつきにくくなります。

2-3.うろこ状の汚れを取る方法:クエン酸を利用する場合

うろこ状の汚れは、クエン酸や重曹できれいにすることができます。クエン酸は水道水に含まれるミネラル分を落とす効果があり、重曹は石けんカスを落とす効果がある物質です。水300mlに対し、クエン酸小さじ3を溶かしたクエン酸水を鏡に吹きつけ、布や古新聞紙でこすってみてください。少々の汚れならこれで落ちます。クエン酸がないという場合は、レモンやオレンジの皮で鏡をこすってもいいでしょう。うろこ状の汚れがたくさんついて鏡が曇って見える場合は、クエン酸水でぬらしたキッチンペーパーを鏡に張りつけ、ラップで覆ってしばらく放っておいてください。その後、キッチンペーパーを外して丸めたラップで鏡をこすればきれいになります。なお、クエン酸は酸の一種ですから金属にかけてはいけません。金属にかかった場合はすぐに洗い流しましょう。

2-4.うろこ状の汚れを取る方法:重曹を利用する場合

クエン酸だけでは、石けんカスの汚れは落ちません。クエン酸で鏡を拭いても汚れが残っている場合、重曹水を使って掃除してみましょう。水300mlに対し、重曹小さじ3を溶かした重曹水を鏡に吹きつけ、布でこすってみてください。なお、クエン酸と重曹を混ぜると二酸化炭素が発生し、泡立ちます。これも汚れを落とす効果があり、体に害はありません。
石けんカスと水道水のミネラル分が混じり合った汚れがついているという場合は、少量の水で練った重曹ペーストを鏡に塗り、クエン酸水を吹きつけてみてください。泡が出てきたら布や古新聞紙で鏡をこすってみましょう。

2-5.どうしても汚れが落ちない場合の対処方法

重曹やクエン酸を利用してもうろこ状の汚れが落ちない場合は、「ダイヤモンドパフ」を利用してみましょう。インターネット通販や、100円ショップで購入できます。これを利用すれば、がんこなうろこ状の汚れも落ちると評判です。石材用・陶器用などがあるので、鏡用を購入しましょう。

3.鏡につくうろこ状の汚れを予防する方法

1で解説したように、鏡に長時間水滴がつきっぱなしになっていると、うろこ状の汚れが付着するようになります。鏡に水滴がついた場合は、きれいに拭き取りましょう。浴室の鏡は、熱いお湯をかけた後で水滴をぬぐい換気扇をかけておけば、石けんカスが残ることもなくうろこ状の汚れもつきにくくなります。毎日浴室掃除をする暇がないという場合は、熱いお湯をかけて水滴をぬぐうだけでもやっておきましょう。洗面所の鏡は、使うたびに拭くといいですね。

4.鏡につくうろこ状の汚れに関するよくある質問

Q.鏡は、中性洗剤で洗っても汚れは落ちませんか?
A.毎日浴室掃除をする場合は、中性洗剤だけでも十分汚れは落ちるでしょう。

Q.一度腐食した鏡は元に戻りませんか?
A.はい。一度腐食してしまうと元に戻ることはありません。

Q.皮脂等の油汚れは、どうやって落とせばいいでしょうか?
A.油汚れは中性洗剤や重曹で落とすことができます。

Q.鏡は古新聞紙で磨くと布よりもきれいになるでしょうか?
A.劇的にきれいになるというわけではありませんが、使用した後そのまま捨てられるので便利です。また、新聞紙のインクが鏡にツヤを出してくれます。

Q.お風呂場の窓を開けておくだけでは、湿気は逃げませんか?
A.はい。換気扇を回すか乾燥機能を使いましょう。

5.おわりに

いかがでしたか? 今回は、鏡につくうろこ状の汚れをきれいにする方法などを紹介しました。鏡が曇っていると、使いにくいものです。鏡についた水滴を毎日布で拭くだけでも汚れは防止できます。うろこ状の汚れがついてしまわないように、使い終わったらそのつど拭くことを習慣にしましょう。また、重曹やクエン酸があれば家中を一通り掃除できます。