釣竿の処分はどうやるのか? 自治体から不用品回収業者まで紹介!

不要になった釣竿の捨て方にお困りではありませんか? 釣りを趣味にしている人は多く、凝れば凝るほど道具をそろえてしまいがちです。古い釣竿が不要になることもあるでしょう。また、釣りはお金と時間がかかる趣味でもあるため、「結婚して家族ができたのでやる時間がなくなった」などの理由で釣竿の処分を検討する場合もあるはずです。釣竿を処分するときはどうすればよいのでしょうか。この記事では、釣竿の処分方法について詳しくご紹介します。

  1. 釣竿処分の悩みとは?
  2. 自治体回収で釣竿を処分する方法
  3. 釣竿を買い替えで処分するには?
  4. 釣竿は中古品として売れる?
  5. 釣竿の処分を回収業者に依頼するメリット
  6. 釣竿の処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、自分に合った釣竿の処分方法が分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.釣竿処分の悩みとは?

釣竿の処分についてよくある悩みやゴミの分類についてまとめました。

1-1.処分の悩み

釣竿を処分するにあたって、以下のような悩みがあるでしょう。

  • 何ゴミか分からない
  • 長いのでゴミ袋からはみ出てしまう
  • まだ使えるので捨てるのはもったいない
  • そのまま捨てるとケガをする恐れがある

1-2.ゴミ分類や資源性

釣竿は、不燃ゴミまたは粗大ゴミとして回収している自治体がほとんどです。自治体によってゴミの分類に違いがあるため、事前に確認しておきましょう。また、釣竿の材質によっては資源性がある部分もあります。金具部分などは分解して捨てるよう定めている自治体もあるため、確認することを忘れないでください。

2.自治体回収で釣竿を処分する方法

まずは、自治体のゴミ回収を利用する方法についてご紹介します。

2-1.方法

自治体のゴミ回収を利用して釣竿を捨てる際は、何ゴミに分類されるのか、捨てる際のルールを確認しましょう。ケガを防止するために新聞紙などにくるんで捨てる、長い釣竿は短く切っておくなど、決まりがある自治体もあります。粗大ゴミとして捨てる場合は、事前の申し込みと粗大ゴミ処理券の購入が必要です。回収日時と回収場所・料金を確認しておきましょう。料金分の粗大ゴミ処理券を釣竿に貼り、指定の日時に回収場所に置いておくという流れです。

2-2.メリットとデメリット

自治体回収を利用するメリットは、やはり安さです。粗大ゴミの場合でも数百円で処分できる自治体がほとんどでしょう。また、相手が自治体ということで安心感も大きいはずです。デメリットとしては、申し込みや処理券の購入に手間がかかるという点があります。

3.釣竿を買い替えで処分するには?

新しい釣竿に買い替える場合、古い釣竿を下取り・引き取りしてもらえることもあります。

3-1.下取り・引き取りしてもらえるのか?

釣り具店に持って行くと古い釣竿を引き取ってもらえる場合もあります。新しい釣竿の購入を条件として下取りしてもらえることもあるため、確認してみるとよいでしょう。買い替えで古い釣竿を処分するなら、販売店の下取りや引き取りサービスを利用するのがおすすめです。

3-2.方法、料金について

処分したい釣竿を購入した店や、新しい釣竿を購入する店に直接持ち込んでみましょう。下取りや引き取りサービスを行っていれば、その場で回収してもらえます。引き取りについては、有料か無料かは店舗によって異なるため、事前に問い合わせておくと安心です。

3-3.メリットとデメリット

この場合、購入と処分が同時にできて便利です。また、下取りの場合は新規購入代金から割引してもらえるため、お得に購入できます。ただし、販売店によっては下取りや引き取りのサービスを行っていないこともあるということを覚えておいてください。

4.釣竿は中古品として売れる?

まだ使える釣竿は買い取りに出すのがおすすめです。中古需要や買い取りに出す方法などをご紹介します。

4-1.中古需要について

釣竿は中古市場でも需要が高いため、買い取り対象になる可能性は十分にあるでしょう。特に人気が高いのは、ダイワやシマノ、オリムピック、ダイコーなどの釣竿です。年式が新しいもの、壊れていないもの、比較的状態がきれいなものは高価買い取りしてもらえる可能性があるでしょう。

4-2.方法

釣竿を買い取りに出す方法には、リサイクルショップやネットオークションなどがあります。

4-2-1.リサイクルショップ

買い取りに出す方法として最も手軽なのが、リサイクルショップでしょう。直接持ち込めばその場で査定してもらえるため、すぐに現金化が可能です。近所に店舗がある人は持ち込んでみるとよいでしょう。ただし、状態によっては買い取り不可になる場合もあります。その際は持ち帰らなければならないため、ムダ足になってしまう可能性もあるでしょう。

4-2-2.ネットオークション

ネットオークションを利用して釣竿を売る方法もあります。うまくいけば自分の希望価格で売れるため、リサイクルショップよりもお得に利用できる可能性はあるでしょう。ただし、手間と時間がかかるというデメリットはあります。個人相手なのでクレームなどのトラブルに発展する可能性についても考えておく必要があるでしょう。

4-3.メリットとデメリット

釣竿を買い取りに出すメリットは、やはり「お金を手にできる」ということです。お金を支払って処分するよりも、お金をもらって処分するほうが絶対にお得でしょう。また、まだ使える釣竿をムダにしてしまうよりも、必要な人に買ってもらったほうがよいですよね。一方のデメリットは、どんなものでも売れるわけではないという点でしょう。「確実に処分したい」という人にはおすすめできない場合もあります。

5.釣竿の処分を回収業者に依頼するメリット

家庭から出た不用品を回収してくれる業者もあります。回収方法やメリットなどをご紹介しましょう。

5-1.どんなときに依頼するべきか?

不用品回収業者に依頼するべきなのは、以下のようなときです。

  • 釣竿以外にも処分したいものが大量にある
  • 自分で持ち運ぶのが困難
  • 自分で処分する時間がない
  • 手間をかけずに処分したい

5-2.回収方法

回収業者による回収方法には、主に「持ち込み」「宅配」「出張」の3つがあります。釣竿以外にも処分したいものがある場合は、出張回収を利用して自宅まで引き取りに来てもらうのがおすすめです。業者によっては回収方法を選択できるところもあるため、自分に都合のよい方法を選ぶとよいでしょう。

5-3.料金について

不用品の回収にかかる料金は、業者によって異なります。そのため、事前に複数の業者に無料見積もりを依頼して比較してみるとよいでしょう。そうすることで、大まかな料金相場を知ることができます。無料回収業者も存在していますが、なぜ無料で回収できるのかを明確に説明できない業者は利用しないようにしましょう。

5-4.メリットとデメリット

不用品回収業者を利用するメリットとデメリットには、以下のようなものがあります。

【メリット】

  • 自分の都合に合わせて処分できる
  • 自宅まで引き取りに来てもらえる
  • 大量の不用品をまとめて処分できる
  • 手間や時間をかけずに処分できる

【デメリット】

  • 費用がかかる
  • 業者選びに注意が必要

5-5.悪徳業者には注意!

不用品回収業者の中には、必要な許可を持たずに営業している違法業者も存在しています。そのような業者を利用して高額な料金をだまし取られた例や不用品を不法投棄された例なども数多く報告されているのです。そういったトラブルに巻き込まれないためにも、業者選びは十分注意してください。

6.釣竿の処分に関するよくある質問

「釣竿の処分について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.なぜ自治体によってゴミの分類に違いがあるのですか?
A.ゴミ処理施設の能力が大きく関係しています。処理能力が低いところでは、有害なガスが発生する可能性なども考慮し、細かく分別するケースが多いでしょう。また、人口が多い地域ではゴミの量も多くなるため、処理が大変という理由で分別が大まかになっている傾向があります。

Q.不要になった釣竿を売るタイミングはいつがよいでしょうか?
A.中古の釣竿は、売る時期が早いほど高く売れる可能性があります。そのため、釣竿を手放すことを考えたらできるだけ早く買い取りに出しましょう。

Q.釣竿をネットオークションで売るときの注意点を教えてください。
A.必ず商品の画像を載せ、商品説明は詳細に記載しましょう。不具合がある場合は正確に内容を記載し、トラブルを防止してください。

Q.釣竿を高価買い取りしてもらうポイントは何ですか?
A.さびや汚れはできるだけ取り除き、きれいに掃除しておきましょう。また、ケースや保証書、説明書など、購入時に付属していたものがあればすべてそろえておくのがおすすめです。

Q.  回収と買い取りを両方受け付けている業者もあるのでしょうか?
A.買い取りも行っている不用品回収業者もあります。状態のよいものは買い取り、悪いものは回収という形で引き取ってくれるため、大変便利です。

まとめ

いかがでしたか? 不要になった釣竿の処分方法と、それぞれのメリット・デメリットをご紹介しました。釣竿が不要になったとき、選択できる処分方法はいくつかあります。どの方法が自分に合っていて、最もお得に処分できるか、ぜひこの記事を参考にして考えてみてください。