釣具は買取を利用して処分! 中古で人気のメーカーや買取方法を紹介

使わなくなった釣具や、増えすぎた釣具の処分に困っていませんか? 釣具は中古需要があるため、買取を利用して処分することができます。どのような釣具に中古ニーズがあるのか、買取対象となる釣具の特徴などを覚えておきましょう。本記事では、釣具の買取についてご紹介します。

  1. 釣具の買取について
  2. 釣具の買取方法
  3. 釣具の買取でよくある質問

この記事を読むことで、釣具の買取についてよく分かります。釣具で人気のあるメーカーを覚えておき、高額査定に結びつけることも大切です。釣具の処分を検討している方はご一読ください。

1.釣具の買取について

釣具の中古需要や買取対象となる釣具について解説します。

1-1.釣具の中古需要

釣り好きは世界中にいます。海釣りや川釣りなどでさまざまな魚を釣って楽しむことができるため、釣りに没頭する方も多くいるのです。釣りが趣味だといろいろな釣具を集めたくなってしまうでしょう。新品を購入するのは高いけれど、中古なら気軽に集めることができるため、中古釣具の人気は年々高まっています。釣竿・ルアー・リール以外に、魚群探知機・釣具用バッグ・釣具用ベストなども、中古買取が可能です。以下のようなメーカーは特に人気があります。

  • ダイワ
  • シマノ
  • がまかつ
  • ダイコー
  • オリムピック
  • ウエダ
  • プロックス

ダイワとシマノは、釣具の2大メーカーです。中古でも非常に人気があり、高額買取が期待できるメーカーでしょう。

1-2.買取できるものとできないもの

 釣具の買取基準は、傷・汚れ・破損がないものとなっています。折れているものや改造が施されているものは、買取対象外です。故障部分をメーカーでの修理をせず、自己補修している場合は、買取金額がつきません。リールなどは、動作不良がないことが前提です。しっかり巻き取ることができるよう、普段からグリスアップなどのメンテナンスをしておくことがポイントになります。売りたい釣具がある場合は状態をよく見て、正常な動作ができることを確認しておきましょう。

2.釣具の買取方法

釣具を高額買取に結びつけるポイントや買取方法などをご紹介します。

2-1.買取時期や高額買取のポイント

釣具は年間をとおしてニーズがある製品です。ショップが買取強化を掲げている時期は、買取価格が上がることがあるでしょう。買取を利用したい場合は、高額買取を目指すため、普段からショップ情報などをリサーチしておくようにしてください。既述したとおり、釣具には人気メーカーがあります。しかし、無名メーカーは買い取りしにくいのが現状です。高額買取のポイントは、以下の条件を満たしていることがポイントになります。

  • なるべく有名メーカーのものを買取に出す
  • メンテナンスをして見栄えよくしておく
  • 新しいうちに買取に出す
  • 付属品などをそろえておく

2-2.買取価格相場

ショップの買取価格はまちまちです。買取基準がそれぞれのショップで異なるため、買取価格に差が生じます。買取価格の相場を探る方法は、複数のショップから見積もりを取り、平均値を見ることです。買取強化品目などを設定しているショップでは、相場より高値で買取となる場合もあるでしょう。最初に訪れた店舗だけで、買取価格を判断しないことが大切です。

2-3.買取方法

釣具の買取は、リサイクルショップや不用品回収業者で行っています。リサイクルショップの場合、釣具専門に扱うショップのほうが、値段がつきやすいでしょう。具体的な買取方法と、それぞれのメリット・デメリットを解説します。

2-3-1.持ち込み

持ち込みは、釣具を店舗に直接持参して査定を受ける方法です。人気メーカーなどを所有している場合、値段交渉を店頭で直接できるメリットがあります。しかし、自分で持参しなければならないため、買取に出す釣具がたくさんある場合は不便に感じる方法でしょう。店舗までの運搬時に釣具を折らないように注意してください。

2-3-2.宅配

宅配は、ショップや業者に宅配で釣具を発送し、査定を受けるスタイルです。不用品回収業者で多く取り入れられている買取方法で、自分の都合がいいときに発送手配をすることができるメリットがあります。しかし、釣具に損傷が起こらないよう、丁寧にこん包しなければなりません。また、送料が発送者負担になる場合があるので、業者のサービス内容や料金体系をしっかり確認してから利用しましょう。

2-3-3.出張

出張は、業者が自宅訪問して釣具の買取をする方法です。訪問日時を自由に設定できるため、忙しい方でも都合をつけやすいメリットがあります。大量に釣具がある場合も、運搬やこん包などの作業を伴わないので利便性が高い手段です。しかし、業者によっては出張料金がかかる場合があるため、業者選びの際にチェックしておきましょう。

2-4.自分で売る方法

ネットオークションやフリマサイトを活用した売却方法も注目されています。それぞれのメリット・デメリット、注意すべき点を覚えておきましょう。

2-4-1.ネットオークション

ネットオークションは、複数の購入希望者が現れたら、購入希望者同士が競り合って入札価格が上昇する仕組みになっています。画像や商品の詳細は、自分でサイトにアクセスしてアップしなければなりません。なるべく分かりやすく表記することが、購入希望者のアクセス数の増加につながります。価格を自由に設定できるため、ショップの買取より高く売れる場合もあるでしょう。汚れ・傷などははっきり明記し、価値観の相違で落札後にトラブルにならないように注意してください。

2-4-2.フリマサイト

フリマサイトは、オークションとは異なり、値段が競り上がることはなく、値引き交渉がなされるケースが多いでしょう。誰でも気軽に利用できるメリットはあっても、同じような商品が集まるため、分かりやすい画像と明確な商品情報をアップし、購入希望者のアクセス数が伸びるような工夫が必要です。また、フリマサイトでの取り引きは、オークションと同じようにトラブルも起こります。たとえば、商品の状態と記載内容が異なる・商品が破損した状態で届いたなどです。トラブルが起こらないように、出品者側は細かい部分まで気配りをしなければなりません。

3.釣具の買取でよくある質問

釣具の買取を利用するときは、さまざまな疑問が出てくるでしょう。少しでも高く売るためには、あらかじめ疑問を解決しておくことが大切です。質問集をご一読ください。

Q.釣具を売る前にしておくことは?
A.買取を利用する前にやるべきことは、釣具のメンテナンスです。細かな部分まで磨き上げておき、動作確認もしておきましょう。掃除をした後は、風とおしのいい日陰で干してください。

Q.釣具の付属品とは?
A.釣具の付属品は、取り扱い説明書や外箱などです。パーツがある場合は、一緒に添えておきましょう。付属品の有無で買取金額が変わります。高額買取を目指す場合は、購入時に入っていたものをきちんとそろえておくことが大切です。

Q.新モデルが出た後は、釣具の買取価格は下がってしまうのか?
A.どんな商品にも共通しているのは、新モデルの登場により、古いモデルの価値が下がることです。モデルチェンジをするまでに売却するほうが、買取では有利でしょう。市場をリサーチしておき、年式が古くなる前に買取査定を受けるようにしてください。

Q.査定は無料で受けることができるのか?
A.多くの業者では無料で査定を行っています。しかし、中には手数料や査定後のキャンセル費用が発生する業者もいるので注意してください。査定を利用する前に、業者の規約などを確認しておきましょう。

Q.買取業者を選ぶときのポイントは?
A.釣具の買取実績を見ることも大切なポイントですが、業者の対応などもしっかり見るようにしましょう。インターネットで利用者のクチコミを見ることで、業者の情報を把握することができます。安心して利用するためにも、業者の質を見極めることが重要です。

まとめ

いかがでしたか? 釣り好きだと釣具をたくさん集めてしまい、古い釣具を処分しなければならないケースがあるでしょう。釣具は中古でも需要があるため、買取を利用して手放す方法がおすすめです。リサイクルショップや不用品回収業者の買取を利用する方法以外に、自分で売却する方法もあります。釣具をリサイクル業者などに売却すれば収益を得ることができるため、汚れなどをしっかり落としてきれいな状態にしておき、高額査定につながるように工夫しましょう。