物置収納・整理に役立つ5つのコツを知って使いやすい物置に!

物置に収納をするコツがわからず、余分なスペースが余ってしまっている…
どこになにがしまってあるのかわからなくなってしまった…

そんな悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか?
物置は上手に活用できれば非常にたくさん収納できますが、適当に物を詰めてしまっているという人もいるようです。

今回は物置収納・整理に役立つ5つのコツや片付けをする中で出てきた不用品の処分方法についてご紹介します。
参考にしていただければ、物置を有効活用できるでしょう。

1.物置収納・整理のコツ

1-1.ラックやケースを使う

棚などで細かく収納場所が分かれている物置であればいいのですが、多くの物置は縦のスペースが余りがちです。
下から物を積んでいくと、上の部分が余ってしまいますよね。
だからといってそれ以上物を積み重ねると倒れてしまったり、下に置いた荷物が潰れてしまうこともあるでしょう。

そのような場合は、ラックや収納ケースを使った物置の片付け方がおすすめです。
まずは物置の高さを測り、それに収まる高さのラックを用意してみてはどうでしょうか。
収納ケースは、細かいものをしまったりする際にも役立ちます。

外から中身が見える透明タイプのケースが理想です。
中身が見えないタイプのケースを使う際には中に何が入っているのか一目で分かるように中身を書いたシールをケースの外側に貼っておきましょう。

1-2.使う頻度で収納場所を決める

使う頻度が高いものは手前に、滅多に使わないものは奥にしまうのがポイントです。
普段からよく使うものは物置にはしまわずにタンスなどにしまっている人が多いのではないでしょうか。

つまり、物置にはあまり使わないけれど使う時にないと困るものが多く収納されています。
だからこそ、必要な時になってから「どこにしまったっけ?」ということになってしまうこともあるでしょう。

そこで、物置の片付け方を考える際のポイントとして、使う季節と頻度を両方想像して収納場所を決めることをおすすめします。

1-3.季節ごとに収納場所を決める

その季節にしか使わないものを物置にしまっているという人も多いはず。
例えばストーブや扇風機といったものです。

このように、その季節になれば必ず使うものは手前にしまっておいたほうがいいでしょう。
季節ごとにしまう位置を決めておけば必要になった時に探すこともありません。

ただ中には一年に数回しか使わないものもあるはずです。
例えば運動会の時に使うランチボックスなどが挙げられますが、こういった使用頻度が少ないものを奥にしまっておくとどこに置いたかわからなくなってしまうことがあります。
そういったものでも運動会が10月に行われる学校であれば秋物を収納しているスペースの奥にしまうように心がけると、翌年に見つけやすくなるでしょう。

1-4.壁や天井も使う

壁や天井にスペースが余っている場合は、こちらも片付けに有効活用しましょう。
S字フックをかけたり、つっぱり棒を使って収納スペースを作るのもおすすめです。

ただ、強度がないタイプの物置ではつっぱり棒を伸ばしすぎると壁にダメージを与えてしまうことがあるため、伸ばしすぎないように注意しましょう。

1-5.重い物は下に

片付ける際に重い物を上に置いてしまうと、下に置いた荷物が潰れてしまうことがあります。
そのため重い物の上に軽いものを置くように心がけましょう。

また取り出す時のことを考えて、重いものは大きな箱に入れるのではなく小さな箱に少量入れておいたほうがいいですね。

2.片付けで出た不用品の処分方法

2-1.いらないものは処分する

物置が散らかってしまう大きな原因として、不要なものまで収納している可能性が考えられます。
一度物置の中に入っているものを全て出し、不要な物があれば処分することを考えてみてはどうでしょうか。

不用品を処分すれば物が入るスペースができるのでそれまでお部屋に溢れていた物もしまえるかもしれません。

2-2.ゴミとして処分する

物置を片付けている中で出た不用品はゴミとして処分するという方法もあります。
分別する手間はありますが、古かったり壊れていて価値がないようなものはゴミとして処分しましょう。

もしかしたらいつか使うかも…と考えてしまうと片付けが進まないので1年以内、または2~3年以内に使っていないものは思い切って処分するのもいいですね。

2-3.オークションで売る

この先使うことはないけれど捨てるのはもったいない、と感じるものがあるのであれば、オークションで売るというのもおすすめの方法です。
特に珍しいものはオークションで高値がつく可能性もあるので出品してみてはどうでしょうか。

出品や発送といった作業があるのでそういった作業が面倒ではない人に向いている方法です。

2-4.リサイクルショップに持ち込む

捨てるのはもったいないけれどオークションに出品するのが面倒ということであれば、リサイクルショップに持ち込むという方法もあります。

ただリサイクルショップの中には買い取りが難しいものは返却といった形を取っているところもあるため、そういったものは自分で改めて処分しなければなりません。

2-5.不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に回収を依頼するというのもおすすめの方法です。
この方法であれば、リサイクルショップのように買い取れなかったものを返却されてしまうということもありません。

しかも自宅まで引き取りにきてくれるので物置から不要な物を外に出したらあとは業者が来るのを待つだけという手軽さも魅力です。

3.不用品回収業者を利用する際の注意点

3-1.信頼できるか確認

不用品回収業者を選ぶ際には、実績があるか確認してから選んだほうがいいでしょう。
中には一度全ての不用品を回収するものの、価値がないものを山や海に不法投棄するような悪質な業者もあります。

他にも必要な物まで勝手に持っていくような業者もあるため、安心して回収をお願いできるかどうかというのはよく確認しておいたほうがいいですね。

3-2.直接引き取りがおすすめ

宅配回収や持ち込み回収に対応している業者もありますが、中でもおすすめなのが直接引き取りに来てくれる業者です。
この方法であれば自分で梱包や持ち込みをする必要もありません。

3-3.買い取りは可能か?

不用品回収業者の中には、回収しか行っていないところもあります。
できれば価値のあるものは買い取ってくれる業者を選択したほうがいいでしょう。

買い取りで得たお金は回収費用の一部にできるので大量に不用品がある場合もお得に処分できます。
ただ業者によって買い取りができるものとできないものが細かく分類されていることもあるので、事前に調べておいたほうがいいですね。

まとめ

いかがでしたか?

  • 物置を片付ける際に知っておきたい5つのコツ
  • 片付けで出た不用品を処分するには?
  • 不用品回収業者を選んだ場合の注意点

以上のことについてご紹介しました。
そのうち手を付けようと思っているけれどなかなか片付けられずにいるという場合も、不用品回収業者の力を借りながら物置を片付けてみてはどうでしょうか。

業者の力を借りれば、たくさん不用品があったとしてもまとめて処分できます。
せっかく物置があるけれどほとんど活用できていないという人も、今回ご紹介した内容を参考にして物置の使い方を見直してみてくださいね。