子育てしやすい住宅の間取りとは?マイホーム購入における基礎知識

小さい子どもがいる家庭では「子育てしやすいかどうか」もマイホームの条件に入ります。
周囲の環境は子どもにとって良いかどうか、子育ての支援をしている地域かどうかもチェックするでしょう。
特に生活する基盤となる「家」は大切な場所です。
子育てしやすい家の間取りアイデアや子育てしやすい住宅の特徴、マイホームを購入する際の注意点について説明します。

1.子育てしやすい家の間取りアイデア

すでに間取りが決まっている「建売住宅」は自由に決めることができません。
しかし、注文住宅なら自分たちの理想どおりの間取りにできます。
そこで、子育てしやすい家の間取りアイデアを紹介しましょう。

1‐1.親子や家族の絆が深まる「共有スペース」

家の間取りは子どもの心に影響を与えるだけでなく、家族・親子の絆を深める大切なものです。
静岡大学名誉教授である人も「子どもの心身の健康は、家の間取りと密接に関係している」と言っています。
とても大切な間取りだからこそ、子どものことを考えなければなりません。
そこで、まず「共有スペース」のアイデアを紹介しましょう。
リビングやキッチンなどの共有スペースは、特に親子のきずなを深める大切な場所です。
リビングとキッチンをつなげる、交流できるように吹き抜けにする、オープンキッチンにして子どもと使いやすい環境にするなどさまざまなアイデアがあります。
子どもと触れ合う場所だからこそ、子ども目線で考えることが大切なポイントです。

1‐2.子ども部屋は成長段階に合わせた空間を

子育てしやすい家の間取りにおいて「子ども部屋」もチェックしてください。
子ども部屋は成長に合わせて柔軟に対応できる空間が好ましいです。
たとえ、現在、子どもが小さくても小学生・中学生・高校生とどんどん成長していきます。
成長すればするほど1人の空間を作ってあげなければなりません。大きくなるにつれ子ども部屋が狭く感じることもあるでしょう。
よって、子ども部屋の間取りは将来をきちんと踏まえたうえで設計する必要があります。
小さいころは兄弟と共有スペースになっても、成長に応じて個室になるように仕切る、小さい子どもでも押せる場所にスイッチを設けるなど、さまざまなアイデアがあるのでチェックしてください。

1‐3.リビングに隣接したテラスやお庭

快適な生活を送るためにも「テラス」や「お庭」と言った場所は必要不可欠になります。
小さいうちからそとに触れてあげたい、自然を感じてほしいと願う親御さんは多いものです。
そこで、子どもの成長を考えた「テラス」や「お庭」をリビングに隣接して設置してみてはいかがでしょうか。
リビングと隣接していれば自由に行き来でき、親も子どもの行動が把握しやすくなります。草木や虫・花との触れ合いにも最適です。
天気が良い日はそとのテラスでランチをする、庭でボール遊びをするなど親子としてのきずなも深まりますよ。
以上のように、子育てしやすい間取りのアイデアは家の中だけではありません。

2.子育てしやすい住宅の特徴

2‐1.常に子ども目線で考えて設計している

子育てしやすい住宅にはある「特徴」があります。
特徴とは‟常に子ども目線で考えていること”です。
大人目線で考えた間取りは子どもにとっては行動しにくい、住みにくい家になってしまいます。
あくまで「子育て」は子どもが第1優先です。
注文住宅の場合は最初から自分たちで間取りを決めることができます。立地条件や広さによっても異なりますが、子ども目線になって間取りを考えてみましょう。
また、新鮮でキレイな空気を取り入れるのも大切です。
少ないエネルギー消費量で快適な空間になる「パッシブハウス」に注目してください。
パッシブハウスは近年、エコ住宅として注目度が上がってきていますよ。

2‐2.子どもにとって‟自分の居場所”を作ってあげる

子育てしやすい住宅は単に子どもに良い間取りを設置しているだけではありません。
子どもの目線になりつつも、子どもにとって‟自分の居場所”があるかどうか考えています。
子どもが安心して生活できる空間、‟自分の居場所”を作ってあげることも大切なのです。子どもは自分の家に居場所があることで安心します。
伸び伸びと成長してほしいのなら、自由に過ごせる空間が必要不可欠です。
もちろん、子どもだけの目線ではなく家族や人間関係を含めたうえでの‟居場所”でなければなりません。
親子の会話やコミュニケーションを生む間取り、子どもに居場所を与える場所はどこか、家族で話し合いながら決めていきましょう。

3.マイホームを購入する際の注意点

3‐1.子どもの成長を考えたマイホームにする

マイホームを購入する際の注意点は大切です。
子育てしやすい間取りアイデアでも説明したとおり、子育てに良い環境にするには‟子どもの成長”を考えた間取りが必要になります。
マイホームを購入するときはつい現状に合った設計かどうかで悩んでしまうものです。しかし、マイホームは何十年も生活する場所になります。
自分たちの老いはもちろん、子どもの成長に合わせた設計かどうか考えなければなりません。
しっかり将来のことも考えなければリフォームしなければならない状態になってしまいます。
余計にお金がかかってしまうので注意してください。

3‐2.信用できる業者に依頼する

マイホームを購入する際、業者と打ち合わせをすることになります。
注文住宅は特に業者との打ち合わせが多くなるでしょう。
満足いく家にするためにも打ち合わせはとても大切です。しっかり自分たちの要望を伝えつつ、理想的で安心した家を設計していかなければなりません。
業者の中には悪徳も存在しているので信用できる業者を見極めていきましょう。
優良業者はしっかり依頼主の意見を聞きつつも、最も良い間取りや施工方法を提示してくれます。
今までの経験を生かして適切なアドバイスをしてくれるので非常に信頼できるパートナーになるのです。
また、快適な家にするためリフォームをしているところもあります。
自分にとって信用できる業者を選んでくださいね。

4.まとめ

子育てしやすい家の間取りアイデアや子育てしやすい住宅の特徴、業者に依頼する際の注意点について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
家の間取りは子育てや親子・家族との関係につながるとても大切な部分です。
家族全員で幸せな生活を送るためにも、子ども目線で間取りを考えていきましょう。
きちんとポイントをつかんで設計をしてくださいね。

  • 親子や家族のきずなが深まる「共有スペース」
  • 子ども部屋には成長段階に合わせた空間を
  • リビングに隣接したテラスやお庭
  • 常に子ども目線で考えている
  • 子どもにとって‟自分の居場所”を作ってあげる
  • 子どもの成長を考えたマイホームにする
  • 信用できる業者に依頼する

以上は大切なポイントになります。
信頼できる業者と入念に打ち合わせをして納得いく間取りを完成してください。