子育てしやすい住宅の間取りとはどんなもの?アイデアをご紹介します。

子どもが生まれたのをきっかけに、マイホームを購入する人は多いでしょう。
特に、複数の子どもを育てる場合は、一戸建てを購入した方がメリットは大きいです。
では、子育てしやすい家の特徴とは何でしょうか?
そこで、今回は子育てしやすい住宅の間取りをご紹介します。
アイデアしだいで通常の間取りよりも、ぐっと子育てはしやすくなるのです。
マイホームで子育てを考えているという方や子育てしやすい家の間取りを知りたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

1.子育て世代の特徴とは?

子育て、というと「小さい子どもの面倒を見る」というイメージを持っている方も多いでしょう。
しかし、子どもは成長します。
親がつきっきりで面倒を見てあげなければならない時期もあれば、プライバシーに気を配りつつ必要最低限のことをすればよい時期もあるでしょう。
つまり、時間とともに家に求める機能が変わってくるのです。
ですから、現在暮らしやすい家を建てることも大切ですが、子どもが大きくなっても暮らしやすい家を造ることが最も重要になります。

2.子育てに必要な住宅の機能とは?

では、子育て世代に必要な家の機能とはどのようなものでしょうか?
この項では、その一例をご紹介します。

2-1.収納スペース

子どもを育てていると、家の中にものが増えていきます。
衣類やおもちゃはもちろんのこと、学用品も収納スペースが必要でしょう。
また、子どもが複数いればものが増えるスピードも速くなります。
もちろん、整理整頓をすることも大切です。
でも、収納スペースを広めに取っておけば、「とりあえずしまっておく場所」が確保できるでしょう。
収納家具を増やしていくよりも、最初から広めに収納スペースを作っておいた方が家の中が狭くなりません。

2-2.家族で集まれるスペース

子どもに個室を与えるかどうかは、いまだにいろいろな意見があります。
しかし、家族が集まれるスペースは絶対に必要です。
「リビングがあるから大丈夫」と思う方もいるでしょう。
しかし、広さによってはソファーやダイニングテーブル、テレビなどを置いたら人が歩くくらいのスペースしかないということもあります。
子どもが小さいころは家の中でも親の目の届くところで遊ばせたい、と考えるものです。
しかし、リビングが狭すぎれば子どもを遊ばせるスペースがありません。
かといって、家具を減らせば大人がくつろげなかったり生活が不便になったりします。
そこで、リビングに和室をくっつけた間取りにするなど、子どもが余裕を持って動けるスペースを作りましょう。
特に、和室はフローリングの部屋よりも使い勝手がよいので、子育て世代の家にはひとつ作っておくと便利です。

2-3.子どものプライバシーを守るスペース

10代になると、子どもも自分のプライバシーを大切にするようになります。
子どもの性別が違う場合は、いつまでも一緒の部屋というわけにはいきません。
ですから、どのような形であれ、子どものプライバシーを守るスペースは必要です。
しかし、まだ子どもが赤ちゃんのうちから「子ども部屋」を作ってしまうと、かえって使いにくいものができる場合があります。
そこで、子どもが年頃になったら個室として使えるような多目的な部屋を作っておくとよいでしょう。

3.子育てしやすい間取りとは?

では、子育てをしやすい間取りとはどのようなものでしょうか?
この項では、間取りのアイデアをいくつかご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

3-1.親の目が届きやすい間取りにする

子どもが小さいうちは、目が離せません。
ですから、キッチンやリビングにいても子どもの行動がよくわかる間取りにするとよいでしょう。
マンションの間取りではポピュラーなセミオープン型のキッチンは、シンクや作業台がリビングの方を向いているので、子どもの行動に目が届きやすいです。
また、ガスコンロを奥に置き冷蔵庫がキッチンの入り口付近に置いておく間取りだと、子どもがキッチンをうろうろしません。
そのほかには、庭があるならば、リビングに大きめの窓をつけておくとよいでしょう。
さらに、子ども部屋にする予定の部屋をリビング経由でしか入れないようにしておくと、子どものプライバシーを守りつつ異変に気付きやすくなります。

3-2.子ども部屋はシンプルな造りにしておく

今は、子どもが喜ぶようなかわいらしい壁紙や作り付けの家具がたくさん販売されています。
モデルハウスを見学に行くと、「いかにも子ども部屋」というデザインの部屋も見られるでしょう。
子どもが「こんな部屋にして」とねだるかもしれません。
しかし、あまり子どもらしい造りにしてしまうと、用途が限られてしまいます。
また、子ども用の作り付け家具は用途が限られてしまうので、必要ならば不要になっても処分しやすい安価なものを選びましょう。

3-3.大人用の個室を1個作っておくと便利

子どもには個室を与えているが、父親や母親はリビングが個室代わりという家庭は珍しくないでしょう。
日本の家は欧米の家に比べると、狭いです。
特に、都市部ほど土地の値段が高くなりますので、小さい家に工夫を凝らして住むことになるでしょう。
しかし、小さな子どもに触って欲しくないものも多いです。
また、大人もひとりでほっとしたい時間があるでしょう。
そんなときに備えて、小さくてもよいので多目的な部屋をひとつ作っておくと便利です。
3畳あれば和室や家事室は作れますから、工務店と相談してみてください。
屋根裏部屋を、隠れ家のような大人のスペースにしている家もあります。

3-4.家の周りの環境にも気を配ろう

子育て世代ならば、家の周りの環境にも気を配りましょう。
学校が遠くにしかなかったり家のすぐ前を幹線道路が通っていたりすると、暮らしにくい場合があります。
また、隣家との距離が近すぎる場合は、集合住宅のように子どもの足音や話し声が隣近所に響くこともあるでしょう。
ですから、古くからある住宅街によい物件がない場合は新興住宅地も候補に入れてください。
大規模な新興住宅地の場合は、小学校や幼稚園、保育所などが新しく開校する場合もあります。
また、同じ世代の家族が多いですからご近所づきあいも楽になりやすいです。
ですから、いろいろな売地やモデルハウスを見学してみてください。

4.おわりに

いかがでしたか?
今回は、子育て世代が暮らしやすい住宅の間取りをご紹介しました。
まとめると

  • 子育て世代は子どもの年代に応じて必用な住宅の機能が異なる。
  • 今だけでなく、未来のことを考えて間取りを決めよう。
  • 親の目が家全体に届きやすい間取りにしよう。
  • 和室は使い勝手がよいので、ひとつあると便利。
  • 子ども部屋はシンプルな造りにしておこう。

ということです。
家は、定期的にリフォームが必要になります。
「必要な機能ができたら、リフォームで後付すればよい」と考える人もいるでしょう。
しかし、大規模なリフォームは高額です。
家のローンを払っている最中に、不用意な高額リフォームをするのはお勧めできません。
それならば、最初から「部屋の模様替えをする程度で、必要な機能が追加できる家」を建てた方がよいでしょう。
雑誌やネットを見るだけでなく、工務店やハウスメーカーの担当者とよく話し合って間取りを考えてください。