リフォームの流れを知りたい方へ!確認しておきたい注意点とは?

トイレや台所を新しく綺麗にしたい、快適に暮らすためにオール電化にしたい、ということであればリフォームが最適です。
ただ、リフォームを検討しているものの、リフォームの流れが分からず何から始めればいいのか悩んでいるという人もいるかもしれません。

そこで、事前にリフォームの流れをしっかり理解しておきましょう。

何もわからない状態でリフォームを始めてしまうとあとから「やっぱりああしておけばよかった」ということになりかねませんよね。
後悔のないリフォームを行うためにも知っておきたいリフォームの流れやリフォームすべきタイミング、注意点などについて紹介します。

大切な家のリフォームなので、確認をしながら慎重に進めましょう。
今回紹介することを参考にして頂ければ、リフォームでの失敗を避けることができるはずです。

1.リフォームの流れ

1-1.問い合わせ・打ち合わせ

基本的なリフォームの流れとして、まずはリフォーム会社に問い合わせをし、打ち合わせの予約をしましょう。
この時に具体的にどのようなリフォームを考えているのかイメージを膨らませておくのが理想的です。

また、資金についてもいくらの予算で考えているのかをはっきりさせておいたほうが打ち合わせで具体的な話がしやすくなります。

相談や打ち合わせの時点で気になることや確認しておきたいことがあれば必ず質問をし、少しでも不安なことがあった場合はこの時点でしっかり確認しておいたほうがいいです。
ただ、細かい点は実際にショールームを訪れたうえで考えたほうがイメージを固めやすいかもしれません。

1-2.プランの提案・見積もり

住まいの調査を行ったあとにプランが作成されることになりますが、こちらの要望がしっかり通っているか?ということを確認しておきましょう。

もし不満があれば遠慮せずに希望通りになるまで相談をしたほうがいいですね。
プランが決定したら見積もりが作成されるので、こちらもよく確認しておくことが大切です。
問題がなければ正式に契約をします。

1-3.工事開始

いよいよリフォーム作業の開始です。
全てリフォーム会社に任せて全くチェックをしない方もいますが、自分の希望がしっかり通っているか確認をしに訪れたほうがいいでしょう。

途中でリフォーム内容を変更することは難しいので、プランの変更などは工事開始前に決定しておかなければなりません。

1-4.完成・引渡し

工事が完成したら再度プラン通りに仕上がっているかを確認し、問題がなければ引渡しという形になります。
リフォームの内容によっては保証書が発行されることになるので、こちらも事前に確認しておいたほうがいいですね。

1-5.アフターメンテナンス・アフターサービス

引渡しが完了したあとに不具合が見つかったという場合は、すぐにリフォーム会社に連絡をしましょう。
アフターメンテナンスの期間や内容についてもよく確認しておくことをおすすめします。

2.リフォームを考えるタイミング

2-1.修理修繕が必要になった時

修理修繕を伴う場合は、できるだけ早くリフォームを開始したほうがいいですよね。
例えばキッチンの場合、念入りに掃除をしても落ちないカビや汚れがたくさんある、蛇口から水漏れが発生する、排水溝が頻繁に詰まって臭いがするなどの状態であれば、リフォームすべきタイミングだと言えるでしょう。

逆に、簡単な部品交換や掃除のみで状態が改善できる場合はまだリフォームを検討しなくてもいいかもしれません。

2-2.使い勝手の悪さを感じている時

「○○が○○だったら使いやすいのに…」と感じているところはありませんか?
例えば、「台所のシンクがもっと広ければいいのに」とか、「ここの段差にいつもつまずいてしまう…」という時にもリフォームを検討してみてはどうでしょうか。

2-3.家が古くなった時

現段階でまだ修理修繕が必要なわけではないものの、家が古くなってしまったと感じている時もリフォームのタイミングです。
リフォームをするだけで見違えるように綺麗になるので、リフォームの規模によってはまるで新築の家に引越したかのように見違えます。

2-4.ライフスタイルの変化があった時

家族が減ったり増えたりした時もリフォームのタイミングだと言えるでしょう。
例えば、子供が独立して家を出たり、子供が生まれた時ですね。

子供部屋を増設したり、それまで2部屋だったものを1部屋になるよう間取りを変更するなどのリフォームもできるので、ライフスタイルに合わせて住みやすい環境を作りをしてみませんか?
このように家の修復だけでなく機能も向上するリフォームをリモデルといいますが、住宅は長く済めば住むほど老朽していくものです。

適切なタイミングでリフォームやリモデルを行えば、常に過ごしやすい環境を保つことができます。

3.リフォーム前の確認と注意点

3-1.補修に関すること

デザイン関係のリフォームを依頼する際に、リフォーム会社から補修も同時に行ったほうがいいと提案される場合があります。
劣化が進んでいる場合には、リフォームと同時に補修を行ったほうがいいです。

あとから補修のみを行うという形になると無駄な費用がかかってしまうこともあるので注意しておきましょう。
ただ、不要な補修を行うリフォーム会社もあるので、会社選びは慎重に行わなければなりません。

3-2.仮住まいに関すること

リフォームの場所や規模によっては一時的に仮住まいで生活をしなければならない場合があります。
そうなると引っ越しの準備をしなければなりませんよね。

家具や荷物の整理をしなければならないわけなので、早めに確認をしておいたほうがいいでしょう。

3-3.予算に関すること

プランを作成する中で、リフォームに関する様々な希望が出てくることもあるはずです。
しかし、場合によっては予算をオーバーしてしまうことも考えられるので、事前に本当に必要なリフォームと予算について考えておくことが重要となります。

4.リフォーム会社選びのポイント

4-1.自分が求めるリフォームができるか?

せっかくリフォームをしたのに満足のいかない結果になってしまったということになると大変です。
そこで、自分の要望をしっかり叶えてくれる業者かどうか確認しておきましょう。

おしゃれなキッチンにしたかったのによくある無難なキッチンになってしまった、使い勝手を重視していたのにデザインが良いだけの使いにくいお風呂場になってしまったということがないよう、話をしっかり聞いてくれるリフォーム会社を選ぶのがポイントです。

4-2.経験や実績は充分にあるか?

営業を始めたばかりでほとんど経験や実績のないリフォーム会社は避けておいたほうがいいです。
こういった会社の中には実績を積むためにかなり格安で工事を行ってくれる事例もありますが、失敗したくないと思っているのであれば、長年にわたって運営しているリフォーム会社を選びましょう。
更に施行実績や実例を詳しく確認し、信頼できるリフォーム会社なのかチェックすることが大切です。

また、リフォーム会社選びをする際には、従業員の中に一級建築士の資格を持った人がいるかどうかも確認しておきましょう。

4-3.詳細な見積もり書を作ってくれるか?

費用に関するトラブルが多いので、無料見積もりを行ってくれるリフォーム会社を選びましょう。
見積もり書は全ての費用をまとめて記載した簡単なものではなく、細かく項目が分かれているものを作成してくれるリフォーム業者を選んだほうが安全です。

4-4.近所への挨拶はしてくれるか?

リフォームの工事期間中は騒音や臭い、ホコリが近所に流れてしまうこともあり、なにかと迷惑をかけることになります。
また、駐車の問題もありますよね。
近所への工事説明や挨拶などをしっかり行ってくれるリフォーム業者を選べば、近所から苦情が寄せられるといったトラブルを防ぐことができます。

4-5.人柄や話し方は信頼できるか?

いくら費用が安くても言葉遣いが乱暴だったり、愛想がないリフォーム会社では気持ちよくリフォームをしてもらうことはできません。
相談や打ち合わせの際に、安心してお任せできる人柄であるかという点もチェックしておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?
リフォームをする際に知っておきたいことについて紹介しました。

  • リフォームの流れ
  • リフォームを考えるタイミング
  • リフォーム前の確認と注意点
  • リフォーム会社選びのポイント

これらのことを確認したうえでリフォームを進めましょう。
納得のいくリフォームを行うためには、信頼できるリフォーム会社を選ぶことが重要なので、まずはお気軽に資料請求をしてカタログを確認してみてはどうでしょうか。

ここで紹介したことを参考にしながら理想的なリフォームを実現してみてくださいね。