注文住宅を購入するまでの流れは?

家は、人生で最も大きな買い物のひとつです。
マンションや建売住宅を購入する方法もありますが、家にこだわりがある方は注文住宅を選択することが多いと思います。
では、注文住宅を購入するまでには、どのようなステップがあるのでしょうか?
そこで、今回は注文住宅を購入するまでの流れをご説明します。
建売住宅やマンションを購入するのとどのような違いがあるのでしょうか?
また、注意しなくてはならないポイントも同時にご紹介します。
これから注文住宅を建てようという方は必見ですよ。

1.注文住宅って何?

注文住宅とは、施主が工務店や住宅メーカー、建築家に自分で注文して建てる住宅を指します。
間取りから資材まで自由に決められるので、家にこだわりがある方は注文住宅を選択することが多いでしょう。
雑誌やテレビなどで「すてきな住宅」として紹介されるのは、ほぼすべて注文住宅です。
施主のこだわりや個性が感じられるので、見ているだけで楽しい住宅もあります。
しかし、その一方で住宅購入にかかわるめんどうなことも、すべて施主が行わなくてはなりません。
また、施主と施工業者の間でトラブルになることも少なくないのです。

2.注文住宅を購入するまでの流れとは?

では、注文住宅を購入するまではどのような流れになっているのでしょうか?
この項では、特に重要なことを中心に、ご紹介していきます。

2-1.施工会社を決める

注文住宅の建築は土地探しから始めます。
気に入った土地を探すのもいろいろなステップがありますが、今回は土地が決まったところからお話を始めましょう。
無事に家を建てる土地が決まったら、今度は家を建てる施工会社を決めます。
家の建築を請け負ってくれる会社は、大きく分けて

  • ハウスメーカー
  • 工務店
  • 設計事務所

があります。
このうちハウスメーカーと設計事務所は請負をするだけで、実際に工事をするのは工務店です。
しかし、窓口はハウスメーカーや設計事務所になります。
それぞれメリット・デメリットがあるので、見積もりや評判を比較して選びましょう。

2-2.土地の検査をする

無事に施工会社が決まったら、家を建てる土地の検査をします。
最近は地震も多いですから、耐震検査も兼ねてしっかりと行いましょう。
検査の結果、地盤が弱ければ基礎工事を入念に行わなくてはなりません。
施工費用も上がりますが、ここでお金を無理に節約すれば、耐震強度に問題がある家になります。
施工費用を少しでも節約したいという場合は、地盤がしっかりした土地を購入しましょう

2-3.建物のプランニング

土地の検査を行いながら、施工会社と建物のプランニングを行います。
ここが最も楽しい作業だったと思い返す施主も多いそうです。
しかし、施主の希望がすべてかなうというわけにはなかなかいきません。
予算や自治体の条例の関係であきらめなくてはいけないこともあるでしょう。
ですから、希望に順位をつけておいて「これだけはゆずれない」というものから優先していってください。
しかし、あまり「これ以外は認めない」という態度ですと、いざ家ができあがってから「こんなはずではなかった」と思うこともあるでしょう。
施工会社は家を建てるプロです。
また、家には家族も一緒に住みます。
ですから、ほかの人の意見にも、耳を傾ける余裕を持ちましょう。

2-4.建築請負契約

プランニングが固まったら、いよいよ施工会社と「建築請負契約」を結びます。
これは、施工業者と施主の間で「このような家を建てます」「これだけの資金で、このような家を建ててください」という契約になるのです。
この契約の内容を理解していないと、後でトラブルになります。
契約を結ぶ際には、

  • 工事請負契約書
  • 工事請負契約締結書
  • 見積書
  • 設計図書

の4つの書類を渡されます。
どれもボリュームがあり、専門用語もたくさん使われているのですべてに目を通して理解するのは難しいでしょう。
しかし、施工会社に任せきりだとトラブルになる可能性があります。
わからないことは時間がかかってもよいので説明してもらい、施主の要望がきちんと契約書におりこまれているかどうか確認してください。
また、有料ではありますが契約書の内容をチェックしてもらえる機関もあります。
行政書士などの法律家が行っていることも多いので、不安な方は依頼した方がよいでしょう。
契約書を交わしたら、「建築確認申請」が施工会社から自治体に提出されます。
問題がなければ工事が始まるのです。

2-5.住宅ローンの申請

家は高い買い物です。一括で払う方もいないわけではありませんが、大部分の方が住宅ローンを組むでしょう。
注文住宅の場合は土地と建物の両方をローンで支払うことが一般的です。
しかし、土地と建物の代金を支払う時期に差がでると、住宅ローンを一括で組めないこともあるでしょう。
ですから、金融機関と施工会社の両方と調整が必要になります。

2-6.施工

住宅ローンの審査が終われば、いよいよ施工になります。
施工中も、注文内容の変更は可能です。
しかし、その分施工量が上乗せされる場合もあるので気を付けましょう。
施工が終わったら、審査をして引き渡しになります。
ここまでスムーズに進んだとしてやく半年~8か月程度の時間がかかるのです。
途中でトラブルがあったり、土地探しからの期間を入れたりすれば1年以上かかることも珍しくありません。
家造りはじっくり取り組みましょう。

3.施工会社とのトラブルを防ぐためには?

施工会社とのトラブルの中で最も多いのが、施主の希望を会社が聞き入れてくれないことです。
しかし、施工会社がすんなり非を認めることは少ないでしょう。
いわゆる「言った・言わない」問題です。
この問題を防ぐためには、施工会社との話し合いではこまめにメモを取り、約束事は必ず書面にして残しておいてください。
口約束ほどあてにならないことはありません。
また、引き渡し後に不具合が見つかっても、施工会社の責任を認めさせるのは難しいのです。
ですから、施工後のチェックは念入りに行いましょう。
注文住宅を建てるのは、1年以上の長丁場になります。
ですから、あせらず確実にステップを踏んでいきましょう。
あせっても工期が早くなるだけで、ほかによいことは何もありません。
また、家を建てるには、時間や心に余裕があるときにしましょう。

4.おわりに

いかがでしたか?
今回は、注文住宅を購入するまでの流れをご紹介しました。
まとめると

  • 注文住宅は土地探しから始めることが多い。
  • 購入までスムーズに進んでも1年はかかることが多い。
  • 施工会社とのトラブルを防ぐために、必ず約束事は書面にしてもらおう。

ということです。
注文住宅の購入には、マンションや建売住宅を購入するときの期間より倍以上の時間がかかるでしょう。
ですから、最初から「時間がかかるもの」と念頭に置いて動いてください。
また、住宅ローンもややこしい手続きが多いので、金融会社の方の説明をしっかりと聞き、わからないことは質問しましょう。
さらに、施主の希望と実際に建てられる住宅にはどうしても開きがあります。
ですから、希望にも優先順位をつけてください。
さらに、あまり趣味に走りすぎるととても住みにくい家ができます。
個性的な家でも住みやすい家はたくさんあるのです。施工会社のアドバイスにも耳を傾けましょう。