食材を無駄にしないための冷蔵庫整理術! 3つのポイントは?

買ってきた食材。そのまま冷蔵庫に詰め込んでいませんか? もしそうなら「期限を過ぎた食材や調味料が忘れた頃に出てきて泣く泣く処分した」という経験があることでしょう。買ってきた食材を無駄にしないために、冷蔵庫をきれいに整理しておく必要があるのです。

しかしながら、「冷蔵庫をキレイに整理したいと思っているけど、イマイチうまく出来ない」という人もいます。

冷蔵庫をキレイに整理するコツ。知りたいと思いませんか? そこで今回は、誰でも簡単に始めることができる冷蔵庫の整理術を3つご紹介します。なかなか冷蔵庫が片付かずお困りの方は是非参考にしてみてください。

  1. 期限内に使い切れる量の食材だけを購入
  2. 冷蔵庫の棚ごとにいれる物を分類する
  3. ストックしたい食材は透明なケースに入れる

1.期限内に使い切れる量の食材だけを購入

スーパーの特売日には通常高くて買えない食材がとても安く購入できるため、ついつい買い過ぎてしまう人は多いようですね。あなたはいかがですか?

確かに特売日は魅力的です。しかし安いからといって食材を買い過ぎるなら、冷蔵庫の中がパンパンになってしまいますよね。冷蔵庫を整理するために、食材は期限内に使い切れる量だけ購入してください。そうすれば冷蔵庫の整理をしやすくなりますし、食材が余ってしまうことも無いでしょう。一週間分の献立を決めておくと、必要な食材だけを購入する助けになりますよ。

2.冷蔵庫の棚ごとにいれる物を分類する

冷蔵庫の中には棚が付いていますよね。その棚を上手に使って入れるものを分類するなら冷蔵庫の中をキレイに整理することができますよ。例えば、

  • 冷蔵庫の一番上:ストックしておきたい調味料
  • 冷蔵庫の二段目:カットした野菜やその日の料理に使う肉や魚
  • 冷蔵庫の三段目:自分や子供が食べるおやつ

というように分類することができます。このように入れる物を棚ごとに決めておくなら、冷蔵庫のスペースを無駄無く使うことができるでしょう。これも冷蔵庫をキレイに整理するために役立ちます。

3.ストックしたい食材は透明なケースに入れる

冷蔵庫の扉を開けた時に何がどれだけ残っているか一目瞭然に出来たらいいと思いませんか?何がどれだけ残っているか直ぐに分かれば、無駄な食材を購入しないで済みますよね。そのために役立つのが透明なケースです。

100均などでもよく見かける透明なタッパーに必要な調味料や食材を入れておくなら、何がどれだけ減ったかを直ぐに見極めることができます。減った分だけ購入すればいいので冷蔵庫を常に整理しておくことが出来ると思いませんか? ラベルを貼って、何が入っているか直ぐに分かるようにしておくのもオススメです。

まとめ

この記事では冷蔵庫をキレイに整理するために役立つ整理術を3つご紹介しました。

  • 整理術その1:決めた期限内に使い切れる量の食材だけを購入する
  • 整理術その2:冷蔵庫の棚ごとにいれる物を分類する
  • 整理術その3:ストックしたい食材は透明なケースに入れる

冷蔵庫をなかなか上手に整理できないという方は是非これら3つの方法を参考にしてみてください。冷蔵庫の中をしっかり片付けることができます。

給湯器の交換工事・修理をお考えの方必見

トップブランドの給湯器が最大81%オフ!