一人暮らしの家具は何がおすすめ? 選び方・購入のポイントを解説!

「一人暮らしを始めるが、どんな家具が必要かよく分からない」「一人暮らしが快適に過ごせる家具を知りたい」などと、お悩みではないでしょうか。特に、初めての一人暮らしとなると何をそろえていいのかよく分からないですよね。そこで、今回は、一人暮らしの家具について選び方や購入のポイントなど、詳しく解説しましょう。

  1. 一人暮らしに必要な家具は?
  2. 一人暮らしにおすすめの家具は?
  3. 一人暮らしの家具の選び方
  4. 一人暮らしの家具をお得に購入する方法
  5. 一人暮らしの家具に関するよくある質問

この記事を読むことで、一人暮らしの家具について詳しく分かり、家具選びがスムーズにできます。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

1.一人暮らしに必要な家具は?

最初に、一人暮らしに家具にはどんなものがあるか見ていきましょう。

1-1.ベッド・寝具類

ベッドや寝具類は、一人暮らしの家具で外すことができません。部屋の広さを考え、体に合ったものを選ぶのがベストです。模様替えがしやすいよう、折り畳み式のベッドに布団を組み合わせるのもいいでしょう。また、丸洗い可能・抗菌加工済みなど、簡単にお手入れがしやすいものをおすすめします。

1-2.ローテーブル

ローテーブルは、食事用・勉強用・くつろぎ用とさまざまな目的に使用できます。好みの色やデザインのものを用意すれば、一人暮らしの楽しさが広がることでしょう。折り畳み式のものにすれば、不要なときは片付けることができ、部屋を広く使えます。ガラスを使用したものは、インテリア性を求める場合におすすめです。

1-3.ソファー

テレビ鑑賞や読書の際に、ソファーがあると便利です。一人暮らし用なら、1~2人用を選ぶといいでしょう。ソファーがあれば、来客時のもてなしにも利用できます。ソファーベッドとして利用できるものなら、知人の宿泊時にも役立つことでしょう。

1-4.食器棚

一人暮らしでも、食器棚は必要です。食器棚があれば、さまざまな種類の食器を整理して収納することができます。食器は、生活が長くなるほど増える傾向がありため、コンパクトなタイプでも、収納量や使いやすさとのバランスを考えて選ぶといいでしょう。

1-5.カーテン

カーテンは、窓からの日光をさえぎったり目隠ししたりするために必要です。カーテンの長さや幅は、部屋で実際に測定してから合うものを購入してください。カーテンと同時に、カーテンレールが必要かも確認しておきましょう。カーテンは、部屋の印象を大きく左右するので色やデザインは慎重に考えて決めることをおすすめします。

1-6.クローゼットやシューズボックスは部屋を見てから

クローゼットやシューズボックスは、一人暮らし用の物件では備えつけになっていることが多いでしょう。そのため、最初から慌てて購入することはありません。まずは、備えつけのもので十分に足りるかチェックしてください。

2.一人暮らしにおすすめの家具は?

一人暮らしにおすすめの家具について、男性・女性・学生別に詳しく解説します。

2-1.男性

男性の一人暮らしは、デスク回りに凝ることをおすすめします。上質なデスクとイスを用意することで、趣味や仕事がはかどることでしょう。また、仕事でスーツを着る機会が多いのなら、スーツ用のクローゼットを別途用意するのもおすすめです。普段着とスーツを分けて収納すれば手入れが楽なほか、スーツのシワや傷みを防ぐこともできます。

2-2.女性

女性なら、全身鏡や鏡台を用意することをおすすめします。女性は、ファッションやメイクにこだわる人が多く、全身鏡や鏡台があれば重宝することでしょう。また、カーテンは、ピンクなどの女性をイメージさせる色は避け、ブルー系やベージュ系を選ぶと防犯になります。屋外から室内の様子が分かりにくい、ブラインドを採用してもいいでしょう。

2-3.学生

学生には、勉強机とイスが必要です。図書館などの施設を利用しなくても、部屋に勉強机とイスがあれば試験前などに集中して勉強することができます。今まで使っていたものを流用してもいいでしょう。新しく購入するのなら、シンプルなデザインのものにしておくと社会人になってからも飽きずに長く使えます。

3.一人暮らしの家具の選び方

一人暮らしの家具の選び方について詳しく解説します。

3-1.一人暮らしの家具の選び方

一人暮らしの家具を選ぶときは、以下のポイントをチェックするといいでしょう。

  • 一人暮らしする期間
  • 部屋の広さ
  • 予算
  • 家具が必要になる時期
  • ほしい家具の種類

3-2.一人暮らしの家具のサイズについて

一人暮らしの家具のサイズは、ファミリー用に比べるとコンパクトになります。一人で使うことを想定しているからです。ただし、洋服や本などがたくさんある・ベッドは広くなければ嫌だなど、人によっては不満が出ることもあるでしょう。一人暮らし用にこだわらず、自分のライフスタイルに合ったサイズの家具を選んでください。

3-3.一人暮らしの家具はどこで購入する?

一人暮らしの家具の購入場所は、主に以下のようなところがあります。さまざまな場所で比較し、好みに合う家具を探してみるといいでしょう。

  • 家具専門店
  • ホームセンター
  • インターネット
  • リサイクルショップ

3-4.一人暮らしの家具の価格相場

一人暮らしの家具の価格相場は、以下を目安にしてください。

  • ベッド・寝具類:1台20,000~80,000円程度
  • ローテーブル:1台6,000~20,000円程度
  • ソファー:1個15,000~30,000円程度
  • 食器棚:1個15,000~30,000円程度
  • カーテン:一式5,000~20,000円程度

3-5.学校の寮やシェアハウスは備えつけの家具の確認を

部屋によっては、ベッドやクローゼットなどの家具が備えつけてあることもあります。特に、学校の寮やシェアハウスに入居するときは、事前に部屋に何があるのか・足りないのか確認しておきましょう。きちんと確認しておかないと無駄に購入することになります。また、備えつけの家具の位置により、ほかの家具が入らないこともあるので気をつけましょう。

4.一人暮らしの家具をお得に購入する方法

一人暮らしの家具をお得に購入する方法について、詳しく解説します。

4-1.一人暮らし用のセット販売を利用する

家具販売店では、一人暮らしを想定した家具を数点組み合わせてお得な価格で販売しているので、チェックしてみるといいでしょう。販売店によって、最初からメーカーや種類が決まっていることもあれば、一定範囲内から自分で組み合わせることができることもあるのでいろいろと比較してみてください。

4-2.一人暮らしの家具を購入するタイミング

一人暮らしの家具をお得に購入するなら、春先などの入学・進学シーズンのタイミングがいいでしょう。各メーカーや販売店が一人暮らし用の家具の需要を見越し、販促キャンペーンを展開することがあります。

4-3.アウトレットや中古品も候補に入れよう

小さな傷や汚れを気にしないのなら、アウトレットも候補に入れるといいでしょう。アウトレット品は、ごくわずかな難点があるために正規品として扱うことができない商品ですが、実用性は問題ありません。また、新品にこだわりがないのなら、中古品も検討しましょう。ただし、アウトレットも中古品も、必ずしも好みや希望の条件に合う家具があるとは限りません。選ぶ時間がある・根気強く探すことができる場合に、おすすめです。

4-4.様子を見て買い足すのもよい

一人暮らしの家具は、最低限のものを購入しておき、様子を見ながら買い足すのもいいでしょう。最初から家具一式をセット販売で購入したものの、人によってはまったく使わないものが含まれている場合があります。実際に暮らしてみて自分に必要な家具を買い足すほうが、無駄になりません。時間とお金はかかりますが、無駄なものを買いたくない・実用性を重視したいときにおすすめです。

5.一人暮らしの家具に関するよくある質問

最後に、一人暮らしの家具に関するよくある質問に回答します。それぞれ確認し、役立ててください。

Q.セット販売で購入した家具を一部だけ返品できる?
A.一部だけの返品はできないでしょう。セット販売の家具は、まとめて購入することで安くしているからです。どうしても必要のない家具があるのなら、最初から不要な家具が入っていないセットを選びましょう。

Q.一人暮らし用でもできるだけ長く使いたい場合は?
A.シンプルなデザインで、上質な素材・造りがしっかりしたものを選びましょう。海外製の家具はシンプルで安価に入手できますが、壊れやすいというデメリットがあります。長く使いたいのなら、予算の範囲内で品質第一に選ぶと後悔しません。

Q.3年程度使う予定なので安さ重視で選んでいい?
A.3年なら、品質も重視したほうがいいでしょう。安いだけの家具は、使いにくい・壊れやすいものもあります。結局買い直すのであれば、高くつくこともあるでしょう。安さ重視で選ぶときは、買い替えのリスクを理解しておいてください。

Q.一人暮らしの部屋が広く見える家具の配置は?
A.壁に沿って配置することをおすすめします。家具の高さや色をそろえることで、さらに空間が広く見えることでしょう。また、色をナチュラル系か白系に統一すれば、開放感のある部屋に仕上がります。

Q.将来一人暮らしでなくなったときに家具を売ることは可能?
A.家具の状態と種類により、売ることもできます。購入時から売ること前提に、人気の家具ブランドを選ぶことも考えてみてください。ただし、購入後数年以上経過した家具は、使用感がある・傷みや汚れが目立つなどの理由で、売れないこともあります。

まとめ

今回は、一人暮らしの家具について詳しく解説しました。家具販売店では、一人暮らし用のセット販売を展開していることがあります。別々に購入するよりもお得な価格で家具一式がそろうので、いろいろと見比べてみてください。なお、こだわりを持って選びたいのなら、自分のライフスタイルに合った家具をひとつずつ追加していくのもおすすめです。一人暮らしが快適になる家具をじっくり選んでください。