生ゴミ処理機の処分方法をご紹介! お得に処分するポイントは?

「生ゴミ処理機」は名前のとおり、生ゴミなどを処理する家電製品のことです。一時期、家庭から出るゴミを堆肥として使用したり、乾燥させて悪臭を抑えたりすることができるため、人気を博しました。しかし、いつの間にか使わなくなり、いざ捨てることになった際はどうやって処分すれば良いのか分かりませんよね。生ゴミ処理機は家電製品で大きさによって処分方法が異なるケースがあります。では、どのように処分すれば良いのでしょうか。本記事では、生ゴミ処理機の処分方法と注意点について解説します。

  1. 生ゴミ処理機の処分の基礎知識
  2. 生ゴミ処理機の処分~ゴミとして処分する場合
  3. 生ゴミ処理機の処分~リセールできるもの
  4. 生ゴミ処理機の処分~回収業者に頼む場合
  5. 生ゴミ処理機の処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、生ゴミ処理機の正しい処分方法が分かります。悩んでいる方や処分を検討している方はぜひ参考にしてください。

1.生ゴミ処理機の処分の基礎知識

まずは、生ゴミ処理機の処分に関する基礎知識をチェックしておきましょう。

1-1.生ゴミ処理機とは

家庭から出た生ゴミなどを処理する家電製品を「生ゴミ処理機」といいます。生ゴミを処分する際は水気を切り、新聞紙にくるむなどして処理することがほとんどでしょう。けれども、毎日捨てられるわけではないので、生ゴミならではの悪臭がしたり家の中に虫が湧き出たりすることもあります。しかし、生ゴミ処理機を使用すれば悪臭を抑えられ、処理したカスを肥料として使うことができるのです。

1-2.主な処分方法は?

生ゴミ処理機は、自治体のゴミとして処分することができます。自治体ごとに処分ルールとゴミの分類が異なるので注意が必要です。ほかの方法としては、リサイクルショップまたは回収業者へ依頼し処分する方法があります。それぞれ特徴とメリット・デメリットがあるので、把握してから自分に適した方法を選択すると良いでしょう。

1-3.まずはリサイクルを考えよう!

「まだ使えるのに捨てるのはもったいない」と思っている方は、リサイクルを検討してください。エコ活動に注目が集まりつつある現代において、ゴミが再利用できる生ゴミ処理機は人気商品です。生ゴミの独特なにおいやゴミの量も減らすことができるなど、たくさんのメリットがあります。需要が高まりつつある今だからこそ、中古でも買い手が見つかりやすくなるでしょう。不具合や故障がなく、正常に稼働できる状態なら「買取」という方法で処分してください。

2.生ゴミ処理機の処分~ゴミとして処分する場合

自治体のゴミとして処分する際は、お住まいの自治体における処分ルールをきちんと把握しておかなければなりません。処分前にチェックしておきたい内容について解説します。

2-1.何ゴミに分類されるのか?

生ゴミ処理機を「粗大ゴミ」に分類している自治体がほとんどです。1辺30cm以上の生ゴミ処理機は「粗大ゴミ」になりますが、コンパクトサイズのもの(1辺30cm以下のもの)は「不燃ゴミ」に指定されるケースもあります。自治体によってゴミの分類が異なるため、ホームページ等で確認してください。

2-2.小型家電リサイクル法の対象か?

小型家電リサイクル法は、ゲーム機・携帯電話・スマホ・デジタルカメラなどに含まれている貴重資源を再活用しようという法律です。量に限りのある資源だからこそ、積極的にリサイクルを行っている自治体もあります。小型家電リサイクル法の対象品目になっているかは、自治体で異なるので注意してください。

2-3.出し方、やるべきこと、料金は?

生ゴミ処理機の処分方法と費用は、ゴミの分類によって異なります。たとえば、不燃ゴミの場合は指定袋に入れてゴミ捨て場に持ち運ぶだけでOKです。特別な費用はかかりません。しかし、粗大ゴミの場合は、地元のスーパーなどで「粗大ゴミリサイクル券」を購入し貼付する必要があります。サイズや商品によって料金は異なりますが、およそ300~500円で購入できるでしょう。貼付した後は、回収指定場所またはゴミ処理センターへ直接持ち運びます。
また、小型家電リサイクル法に基づいた処分の場合は、公共施設に設置されている「小型家電回収ボックス」に投入する方法です。ただし、生ゴミ処理機はサイズが大きめなので、投入できない可能性があります。その場合は、自治体に問い合わせて処分方法を確認してください。お住まいの地域に小型家電回収ボックスがあるか調べたい方は、「小型家電リサイクル回収ポータルサイト」をチェックしましょう。

2-4.メリット・デメリットを解説!

自治体で処分する大きなメリットは、無料または低費用で手放せることです。また、自治体という安心感があるので、不法投棄される心配もありません。ただし、回収場所・曜日が決まっているのですぐに処分できない、運搬が困難というデメリットがあります。生ゴミ処理機のほかにも処分したい不用品があれば、ほかの方法を選択したほうが良いでしょう。

3.生ゴミ処理機の処分~リセールできるもの

では、生ゴミ処理機でリセールできるものとは、どのような状態なのでしょうか。ここでは、リセールの方法とポイントを解説します。

3-1.リセールできるか?

基本的に、リセールできるものは「正常に稼働できるもの」です。当たり前ですが、壊れているもの・不具合が出ているものなどは買取の対象になりません。主に、リセールできるものは以下のとおりです。

  • 不具合が起きていない、故障していない
  • 目立つ傷や汚れがついていない
  • 取扱説明書など付属品がついている
  • 年式が新しい

3-2.リサイクルショップを利用する

買取を利用したいときは、近場のリサイクルショップを利用すると良いでしょう。特に、すぐに現金化したい・手放したいという方は、直接店舗に持ち運びその場で査定し、商品と引き換えに現金を手に入れることができます。また、近場に店舗がなくても宅配回収を行っているリサイクルショップを利用すれば、離れた場所でもリセール可能です。ただし、思っていたよりも低い金額で買取となる可能性もあります。さらに、買取不可の場合はほかの方法で処分しなければなりません。手間と時間がかかる点が、デメリットとなるでしょう。

3-3.ネットのリセールを活用する

「ネットオークション」や「フリマアプリ」を利用して売るのも方法の1つです。どちらとも簡単な登録で気軽に利用できます。ただし、リサイクルショップよりも高く売れることもあれば、買い手がなかなかつかないこともあるので必ずしもすぐに売れるとは限りません。また、最近は未入金・商品にケチをつけるなど取引相手とのトラブルも続出しています。ネットのリセールを利用する際は、それらのリスクをきちんと理解しておかなければなりません。

4.生ゴミ処理機の処分~回収業者に頼む場合

生ゴミの処理機の処分を回収業者へ依頼する際の方法とポイントを解説します。

4-1.回収業者に依頼するメリット・デメリット

生ゴミ処理機が壊れていても業者に依頼すれば処分してもらうことができます。回収業者の中には、処分だけでなく買取を行っているところもあり、買取不可になっても処分できるので手間と時間がかかりません。さらに、運搬が困難な方でも出張回収を利用すれば、大量の不用品をまとめて処分できるでしょう。ただし、回収費用がかかるというデメリットがあります。業者へ依頼する際は、サービス内容はもちろんのこと、見積書の内容も細部まで確認することが大切です。

4-2.回収方法

主に、「出張回収」「店頭持ち込み」「宅配回収」の3つの方法があります。処分したい不用品が大量にある場合は出張回収、近場に店舗がありすぐに現金化したい方は店頭持ち込み、自分のペースで処分したい方は宅配回収を利用すると良いでしょう。そのときの状況に適した方法を選択するのがポイントです。ただし、業者によって回収方法が異なります。依頼前にどんな回収方法があるのか確認してくださいね。

4-3.料金はいくらぐらいか?

気になる回収費用は、プラン内容によって異なります。たとえば、不用品1点だけを処分する際は「個別プラン」となり、商品のリサイクル料金と基本料金、出張回収の場合は運搬費用がかかるでしょう。商品やサイズによってリサイクル料金は異なりますが、生ゴミ処理機の場合は約2,000~4,000円となります。あくまで目安なので、具体的な費用は業者に問い合わせてください。また、基本料金は3,000円ほど、運搬費用は1,000~2,000円ほどかかるでしょう。見積書を請求する際は、追加料金の有無も確認してください。

4-4.コストをかけずに回収するコツは?

できるだけ「買取」を利用することです。家具・家電・アクセサリー類・ブランド品など価値のあるものを買取に出すことで、生ゴミ処理機の処分費用をまかなうことができます。この機会に、思いきって要らなくなったものを買取に出してみてはいかがでしょうか。また、複数の業者に見積もりを依頼するのもコツです。複数の業者に依頼することで、低費用で処分できる業者が見つかります。

4-5.こんな業者には要注意!

無料回収を行っている業者は十分に注意してください。無料で処分できるのは大きな魅力ですが、回収後に高額な追加料金を請求される可能性があります。実際に、「追加料金を請求された」「不法投棄されていた」など、無料回収業者との間でトラブルが続出しているのです。また、古物商・産業廃棄物収集運搬許可を取得していない業者にも注意してくださいね。

5.生ゴミ処理機の処分に関してよくある質問

生ゴミ処理機の処分に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.どんな種類があるのか?
A.主に「バイオ式」「熱処理式」「ハイブリッド式」の3種類があります。それぞれの特徴を以下にまとめてみました。

  • バイオ式:微生物がゴミを分解し、5時間~1日かけて処理する
  • 熱処理式:高温の温風で乾燥させ生ゴミを細かくする。数時間で処理可能
  • ハイブリッド式:バイオ式と熱処理式の良いところを合わせた方式で処理に1日かかる

Q.どんな商品・メーカーが人気なのか?
A.最近は、バイオ式の生ゴミ処理機が人気です。特に、長寿命分解菌やランニングコストを大幅に削減できる省エネ節電モードが搭載されている商品に注目が集まっています。ただ生ゴミを処理するだけでなく、特別な機能がそなわっているタイプです。人気のあるメーカーは「パナソニック」「島産業」「ちくま精機」などがあります。

Q.高く売るポイントは?
A.取扱説明書や専用ケースなど、購入時についてきた付属品を査定に出してください。付属品の有無で買取額が大きく変わる傾向があります。また、査定前に生ゴミ処理機をキレイに掃除しておきましょう。キレイな状態のほうが良い印象を与え、買取額に大きく影響します。

Q.回収業者選びのポイントは?
A.悪徳業者に引っかからないために、以下のポイントに注目して選んでください。

  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 無料見積もり・無料相談を受けつけているか
  • 回収・買取の実績があるか
  • 低費用かつ高品質なサービスが受けられるのか
  • 口コミ・評判が良いか
  • 回収方法が選択できるか
  • 古物商・産業廃棄物収集運搬許可を取得しているか

Q.引っ越し時のおすすめの処分方法は?
A.引っ越し時にはたくさんの不用品が出てくると思います。そのため、まとめて処分できる不用品回収業者への依頼がおすすめです。また、引っ越し業者の中には、不用品引き取りサービスを行っているところもあります。買取は利用できませんが、引っ越しと併せて利用するのも選択肢の1つです。

まとめ

 いかがでしたか? 生ゴミ処理機の処分方法は、ゴミとして自治体で処分する方法とリサイクルまたは回収業者へ依頼する方法があります。処分方法によってメリット・デメリットが異なるため、きちんと把握しておかなければなりません。正常に稼働できる状態なら、「買取」という方法で手放すことができるでしょう。買取可能なら処分費用がかからず、必要としている人のもとで再利用してもらえます。また、ゴミ処理機以外にも処分したい不用品があれば、回収業者に依頼してまとめて処分することも可能です。そのときの状況やゴミの種類に適した方法で処分してください。