ガーデンルームのメリット・デメリットとは?

ガーデンルームとは別名サンルームともいい、壁や天井がガラス張りのスペースのことです。
内と外の中間的な位置づけであり、サンルームがあれば悪天候でも洗濯物が干せますし、冬の間でもガーデニングが楽しめます。しかし、メリットばかりではありません。
そこで、今回はガーデンルームのメリット・デメリットをご紹介しましょう。
ガーデンルームの特徴を知っていれば、造る際の参考になります。
また、ガーデンルームを造る際の注意点も一緒にご紹介しましょう。
ガーデンルームの増築や新築の家にガーデンルームを造りたいという方は、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

1.ガーデンルームとは?

ガーデンルームとは前述したように、壁や天井をガラスやポリカーボネート製にした日当たりのよいスペースのことです。
室内から行き来できる温室のようなものとイメージしていただければ分かりやすいでしょう。
最近のガーデンルームはより過ごしやすいように壁の部分が開閉できたり、日よけがついていたりします。
また、ウッドデッキの上に造ることもできますから、子どもの遊び場やペットスペースなどにも利用できるでしょう。
さらに、リビングルームやベッドルームの一部をガーデンルームにすることもできます。
この場合は、夜景も楽しめるくつろぎスペースにすることもできるでしょう。

2.ガーデンルームのメリット・デメリットとは?

では、さっそくガーデンルームのメリット・デメリットをご紹介します。
いったいどのようなものがあるのでしょうか?

2-1.ガーデンルームのメリットとは?

ガーデンルームの最も大きなメリットは、雨の日でも洗濯物が干せるということです。
最近は、雨の日だけでなく黄砂や花粉が飛んでくる季節も室内干しをする人も増えています。
また、豪雪地帯に住んでいる場合は冬の洗濯物干し場にも困りません。
さらに、床を土間仕様にしたりウッドデッキにしたりした場合は、子どもやペットの遊び場になったりガーデニングを楽しんだりできるでしょう。
特に、夏の暑い時期や冬の寒い時期は家にいながら半ば外のような空間のガーデンルームはとても便利です。
さらに、ガーデンルームを窓ガラスなどでリビングと仕切っている場合は、ガーデンルーム自体が二重壁の役割はたします。
ですから、冷房や暖房が効きやすくなり光熱費の節約になるでしょう。

2-2.ガーデンルームのデメリットとは?

ガーデンルームの最も大きなデメリットは、温度管理が難しいところです。
ガラス張りの天井と壁では、夏暑く冬寒くなるでしょう。
特に、夏はサウナ状態になることは確実です。
ですから、夏の盛りもガーデンルームでくつろぎたいと思ったら日よけ対策を万全にしておきましょう。
また、冬の寒さも忘れてはいけません。
壁がガラス張りということは断熱材が入れられないということです。
ですから、外の寒さがダイレクトに伝わってくるでしょう。
日が入ってこなければ、室温が0度以下になることも珍しくありません。
地方によっては冬に曇りや雪の日ばかりで、あまり日が差さないこともあるでしょう。
そのような地域ではガーデンルームは温室の役割を果たさないかもしれません。
また、ほとんど日が差さない家の北側にガーデンルームを造っても同じことが言えるでしょう。
さらに、ガーデンルームはガラス張りですので、目かくしがないと外から丸見えになります。
幹線道路に面した家やオープン外構の家は注意してください。

3.ガーデンルームを造る際の注意点とは?

では、メリット・デメリットをふまえてガーデンルームを造る際の注意点はなんでしょうか?
この項では、その一例をご紹介します。

3-1.ガーデンルームの目的を考えて造る

ガーデンルームを造る際は、目的をよく考えて造りましょう。
開放的なくつろぎスペースが欲しいという場合は、多少日当たりが悪くても大丈夫です。
北側は避けた方がよいですが、東よりや西よりでもかまいません。
ただし、西にガーデンルームを造ると西日がかなりきついので日よけ対策をしっかりとしておきましょう。
洗濯物干場として利用したりガーデニングを楽しむ温室として利用したりしたければ、できる限り南側に面して作ってください。また、床も靴のまま出入りするか靴を脱いで出入りするかを考えてから作りましょう。
ガーデンニング専用ルームとして利用するならば、ウッドデッキ仕様にした方が何かと便利でしょう。
逆に、くつろぎスペースとして利用したければフローリングにした方が便利です。

3-2.ガーデンルームを造るのに適した立地であるか考える

敷地が狭くオープン外構の家の場合、ガーデンルームを造れば通行人から内部が丸見えになる場合もあります。
また、幹線道路沿いに建っている場合もガーデンルームから見えるのは、行きかう車ばかりになるかもしれません。
また、ガーデンルームはガラス張りですから、汚れが目立ちます。
たとえば、排気ガスや雨、泥汚れなどがつきやすい場合はせっかくガーデンルームを造ってもあっという間に薄汚れてしまうかもしれません。
ガーデンルームを造る前に、確認しておきましょう。

3-3.防犯性も忘れないこと

ガーデンルームは壁全体が窓のようなものです。
ですから、通常の外壁よりどうしても壊れやすいでしょう。
もちろん鍵もかかりますから全く無防備というわけではありません。
しかし、石など硬いものを投げこまれればどうしても割れてしまうでしょう。
ですから、地域によっては注意が必要です。繁華街に近い住宅街の場合は、いたずらで壊される可能性もゼロではありません。

3-4.増築する場合の注意点

家を建てた後に、ガーデンルームを増築する場合は家の保証制度に気をつけましょう。
たとえば「建築後10年以内に不具合が起きた場合は、無償で修理します」という保証がつけられている家もありますが、増築で壁や柱に穴をあけた場合は無効になる可能性があります。
ですから、ガーデンルームを増築する際は家の保証がどうなるのか確認してから施工を申し込みましょう。
工事が始まった後で気がついても、取り消すことはできません。
よく分からない場合は、住宅メーカーに問い合わせてみてください。
このような例は決して珍しくないのです。

4.おわりに

いかがでしたか?
今回はガーデンルームのメリット・デメリットについてご紹介しました。
まとめると

  • ガーデンルームは雨でも洗濯物が干せたり子どもの遊び場になったりする。
  • 開放的なくつろぎスペースになり、二重壁の役割も果たす。
  • 夏暑く冬寒くなりやすい。
  • 立地によっては内部が通行人から丸見えになる。

ということです。
ガーデンルームを取り扱っている業者のサイトなどを見てみると、庭に面して建てることを前提に考えられているものが多いでしょう。
しかし、必ずしも庭がなければガーデンルームを造れないわけではありません。
目かくしをしっかりと行えば庭がなくてもガーデンルームを造れるでしょう。
詳しくは施工してくれる業者と相談してみてください。
また、ガーデンルームには簡易的なタイプと部屋の一部を改造して作る本格的なタイプの2種類があります。
本格的なタイプはリビングや寝室の一部を改装しても造れますが、日当たりや外からの目などをよく考えて決断してください。