ガーデニングの雑草対策を知りたい方へ ~3つの方法~

ガーデニングを楽しみたいけれど、雑草が次々と生えてきてしまい困っている人は必見です!
この前雑草をとったばかりなのにすぐに生えてくる雑草に悩みを抱えている人も多いと思います。
雑草対策をきちんとおこなっていれば雑草に困ることはありません。
ガーデニングも自由に楽しくすることができるでしょう。
では、雑草対策とはどうやってすればいいのか…詳しくみていきたいと思います。

雑草対策1.除草剤や草刈り機を使う

もし生えてきた草をスムーズに処理したいのであれば、除草剤や草刈り機がオススメです。
わざわざ手で1本つず抜いていっても時間が無駄にかかってしまいます。
除草剤はまくだけで簡単に雑草を取り除くことができます。
しかし、土に残ったままになってしまったり、ほかの植物に影響するのではないかというデメリットもあるので注意しておかなければなりません。
とくに、小さい子供が外で遊ぶ場合は除草剤はオススメできません。
草刈り機は高いイメージがありますが、最近では安い値段で手に入れることができる機械もあります。
比較的、大きい庭に生えている雑草を駆除した場合は草刈り機は便利です。
けれども、取り扱いが難しかったり、根元を駆除できるわけではないので再び生えてきてしまう恐れがあります。
一時的な対処としてはオススメです。

雑草対策2.草が生えてこない砂利を敷きつめる

再び雑草が生えてこないようにするために、雑草を生やしたくない場所に雑草対策となる「砂利」を敷きつめるのも方法のひとつです。
雑草の種が土の中に入るのを防ぐことができ、雑草を生えなくさせる効果があります。
砂利もさまざまな種類があり、ブラウン・グレー・ライトブラウンなどカラーもバリエーションが豊富です。家にあった防草砂利を敷きつめると良いでしょう。
砂利は踏むたびに音が鳴るため、防犯対策としても効果を発揮することができます。
ホームセンターで気軽に購入することができます。
ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

雑草対策3.防草砂を利用する

砂利を使うのがちょっと…と思っている人は砂タイプのものもあるのでいかがでしょうか。
「防草砂」と呼ばれており、どのような仕組みになっているのか気になっている人も多いと思います。
防草砂は雑草を生やしたくない場所に砂をまきます。
そして、そのうえから水をかけてください。
それだけで砂の表面が固くなり、雑草の種を寄せ付けなくしてくれるのです。
また、地面の中にすでに種が入っているとしても太陽の光を浴びることができず、光合成ができないので育つことはありません。
防草砂もホームセンターやガーデニング類の商品を発売しているところで気軽に手に入れることができます。
ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。
砂を敷くまえに必ず雑草は処理しておいてくださいね。

まとめ

ガーデニングの邪魔になってしまう雑草の取り除き方は次のとおりです。

  • 除草剤・草刈り機を使う
  • 防草砂を利用する
  • 草が生えてこない砂利を利用する

以上3つの方法が主となっています。
除草剤や草刈り機はすでに生えてきてしまった草を駆除するときにオススメですが、雑草を生やさないようにするためには防草砂や砂利を敷きつめる方法がオススメです。
ぜひ試してみてください。