「ガス代が高い」と思ったときの節約方法! 契約の見直しもおすすめ

「毎月のガス代が高い」とお困りではありませんか? 特に冬はお風呂を沸かすことも多いため、夏に比べてガス代が上がってしまいますよね。「光熱費の中でガス代が一番高い」という家庭も多いのではないでしょうか。

この記事では、お風呂やキッチンのガス代を節約する方法や、ガス会社との契約を見直す必要性などを詳しくご紹介します。

  1. 都市ガスとプロパンガスはどちらが安いのか?
  2. お風呂のガス代を節約しよう
  3. キッチンのガス代を節約しよう
  4. ガス会社との契約を見直して節約しよう
  5. ガス代の節約に関するよくある質問

この記事を読むことで、プロパンガスと都市ガスの違いや、ガス代節約のために心がけることなどが分かるはずです。

1.都市ガスとプロパンガスはどちらが安いのか?

まずは、都市ガスとプロパンガスの違いについて解説しましょう。

1-1.ガスの原料や供給方法が異なる

プロパンガスと都市ガスの主な違いは、ガスの原料や供給方法にあります。都市ガスはメタンを主成分とする天然ガスで、プロパンガスはプロパンやブタンを主成分とする液化天然ガスです。契約者の家庭に供給する方法については、以下のような違いがあります。

  • 都市ガス:地面の下を通っているガス管を通じて各家庭に供給する
  • プロパンガス:液化したガスを容器に詰めて家庭に配送する

1-2.料金システムにも違いがある

料金システムにも違いがあります。都市ガスはもともと「規制料金制」であり、国の認可を必要とする料金システムでした。2017年に自由化が行われましたが、新規参入する企業が少なく、以前のままの料金制度が残っているケースも多く見られます。一方のプロパンガスは以前から変わらず「自由料金制」となっており、販売店が自由に料金を設定しているのです。

1-3.都市ガスのほうが安い

プロパンガスより都市ガスのほうが安い理由は、都市ガスの供給には手間がかからないためです。プロパンガスの場合、ガスボンベの配送や入れ替え・ガス設備のメンテナンス作業などが必要になるため、その分の人件費が発生します。その手間が必要ない都市ガスに比べて、ガス代が高くなってしまうのです。

2.お風呂のガス代を節約しよう

お風呂でできるガス代の節約方法をご紹介しましょう。

2-1.追い炊きの回数を減らす

追い炊きの回数を減らすことで、ガス代を大幅に節約できることが分かっています。具体的な方法としては、お風呂のふたをこまめに閉めてお湯が冷めるのを防ぐ・家族の入浴時間をできるだけそろえるなどがおすすめです。

2-2.シャワーの時間を短くする

シャワーを出している時間を意識的に短くしてみましょう。流しているとき以外はシャワーを止める・シャワーで流すのは仕上げだけにして浴槽のお湯を使って体や髪の毛を洗うなどの方法があります。

2-3.浴槽にためるお湯の量を減らす

浴槽にためるお湯の量を減らしましょう。浴槽の半分ぐらいでも、体を沈めれば十分温まることができるはずです。冬場も、できるだけゆっくり湯船につかるようにすれば問題ありません。

2-4.節約グッズを活用する

ガス代の節約におすすめの便利グッズを活用する方法もあります。節水シャワーヘッドや、湯船に浮かべて保温するシートなどがおすすめです。

3.キッチンのガス代を節約しよう

次に、キッチンのガス代を節約するための工夫をご紹介しましょう。

3-1.鍋を火にかける時間を短くする

鍋を火にかける時間をできるだけ短縮しましょう。調理の際は鍋に落とし蓋をすると熱が逃げにくくなり、調理時間を短くすることができます。また、効率よく熱が伝わるように、大きめの鍋を使って調理するのもおすすめです。

3-2.可能なものは電子レンジで調理する

可能なものはできるだけ電子レンジを使って調理するようにしましょう。たとえば、野菜の下茹(ゆ)でやおかずの再加熱などは、電子レンジを使うのがおすすめです。

3-3.洗い物にできるだけお湯を使わない

食器を洗う際のお湯にも、相当なガス代がかかっています。冬場はゴム手袋を使うか、あらかじめつけ置きしておいて仕上げだけお湯を使うなどの方法がおすすめです。

4.ガス会社との契約を見直して節約しよう

ガス代を節約するには、ガス会社や支払い方法の見直しを検討することも必要でしょう。

4-1.可能な場合は都市ガスや他社への乗り換えを

プロパンガスを利用している場合は、都市ガスに乗り換えるのが一番です。都市ガスへの乗り換えが難しいようであれば、もっと安い料金のプロパンガス会社を探してみましょう。

4-2.支払い方法の変更で節約できる

賃貸物件などでガス会社の乗り換えが難しい場合は、支払い方法をクレジットカード払いに変更する方法もあります。クレジットカード払いにするとポイントが還元されるため、そのポイントをガス代の支払いに充てることが可能です。支払い方法の変更については、各ガス会社のホームページを参照してください。

5.ガス代の節約に関するよくある質問

「ガス代を節約したい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.プロパンガスのガス代はどのように計算して出しているのでしょうか?
A.基本料金と従量料金を合計して出しています。従量料金は、1㎥当たりの重量単価にその月の使用量をかけて算出するしくみです。

Q.  安いプロパンガス会社を探す方法を教えてください。
A.プロパンガス会社の一括見積もりサイトを利用するとよいでしょう。厳選されたガス会社の中から、最も安い料金の会社をすぐ見つけることができます。

Q.一般家庭における1か月のプロパンガス代は、平均いくらぐらいですか?
A.関東地方を例に挙げると、2人暮らし世帯で約6,100円、3人暮らしの家庭だと約8,300円が平均となっています。

Q.  都市ガスにもデメリットはあるのでしょうか?
A.自宅の近くにガス管が通っていない場合、工事費用が高額になること・災害時の復旧がプロパンガスに比べて遅いことなどがデメリットです。

Q.  現在のガス代が適正な料金なのか調べる方法はありませんか?
A.ガス料金自動診断サイトを利用するとよいでしょう。お住まいの地域ごとの適正料金がいくらぐらいなのか1分で調べることができます。

まとめ

ガス代の節約方法やガス会社を変更する必要性などを詳しくご紹介しました。ガス代を節約するためにできることはいろいろあります。ぜひこの記事を参考に、自分ができることを実践してみてください。