片付けのモチベーションを上げるには? キレイな部屋を維持するコツ!

「部屋を片付けたいけどやる気が出ないので、モチベーションを上げる方法を知りたい」とお考えではないでしょうか。片付けは面倒なことですから、なかなかやる気が起きないのも当然です。しかし、スッキリした部屋を維持するには、片付けをやる気になる必要があります。

そこで今回は、片付けのモチベーションについて詳しく解説しましょう。

  1. 片付けのモチベーションを上げる方法
  2. モチベーションを保ったまま片付ける方法は?
  3. 片付け後の部屋をキレイにキープする方法
  4. 片付けのモチベーションに関するよくある質問

この記事を読むことで、片付けのモチベーションを上げるコツがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.片付けのモチベーションを上げる方法

最初に、片付けのモチベーションを上げるための方法について見ていきましょう。

1-1.片付けのモチベーションが上がらない理由は?

片付けのモチベーションがなかなか上がらない理由には、以下のようなものがあります。

  • ものが多すぎる
  • 片付け方が分からない
  • 多忙で片付ける時間がない
  • 疲れていて体が動かない
  • 悩みごとやストレスがある
  • 散らかっていても平気な性格
  • 一人暮らしなどで注意してくれる人がいない

1-2.ほかの人にほめてもらう

ほかの人にほめてもらうと、片付けのモチベーションが上がります。部屋をキレイに片付けたら、友人や知人を招待するのもいいでしょう。部屋がキレイだとほめてもらえば、うれしくなってやる気が出ます。ほかの人にほめてもらうために、定期的に家で飲み会などを開いて招待するのも効果的です。

1-3.プチごほうびを設定する

プチごほうびを設定して、片付けのモチベーションを高めるのもいいでしょう。たとえば、1週間キレイな部屋をキープできたらお気に入りのスイーツを食べる、1か月間達成できたら新しい洋服を購入してもいい、などです。少しの努力で達成できる目標なら、やる気を維持しやすいでしょう。

2.モチベーションを保ったまま片付ける方法は?

モチベーションを保ったまま片付ける方法を、詳しく見ていいきましょう。

2-1.モチベーションが高まったときに片付ける

片付けのモチベーションが高まっているときに、片付けを始めるとうまくいきます。やる気があるので、作業も効率よく進むことでしょう。また、片付けが終わったときの満足度も高いので、次からもしっかりやろうという気持ちになります。毎日掃除するのが難しくても、モチベーションが高まったときに片付けることができればよいことにしましょう。

2-2.完璧主義にならない

完璧主義にならないようにしましょう。きっちり並べて収納しよう、少しの乱れも許さないというのでは、すぐにモチベーションが下がりやすいからです。まずは、片付けできたことをポジティブに考えましょう。今日できなかったことは明日やればいい、のように気楽に考えるほうが長続きします。

2-3.時間や場所を区切る

片付けるときは、時間や場所を区切って進めるようにしましょう。部屋全体を片付けようとすると、時間が膨大にかかり大変疲れます。片付けのモチベーションは、長時間続きません。途中で挫折して投げ出してしまう可能性もあるので、無理はやめましょう。30分作業したら10分休憩するといった感じで、適度に休憩を取るように心がけてください。

2-4.お気に入りの掃除グッズを用意する

お気に入りの掃除グッズを用意すると、片付けのモチベーションを保ちやすくなります。好みのデザインや色の掃除グッズをそろえたり、話題のアイデアグッズを取り入れたりしてみるのもいいでしょう。掃除のつらさがなくなり、楽しい気持ちで作業できるはずです。ホームセンターやバラエティーショップなどで、いろいろと探してみるといいでしょう。

2-5.第三者に片付けを依頼する

一人だけでは片付けられないと感じたときは、第三者に手伝ってもらうといいでしょう。友人や知人に頼むと気が引けるのなら、プロのハウスクリーニング業者に依頼することも可能です。プロのハウスクリーニング業者に依頼すると、隅々まで効率よくキレイにしてもらえ、労力や時間の節約になるなど多くのメリットがあります。

3.片付け後の部屋をキレイにキープする方法

片付け後の部屋をキレイにキープする方法を詳しくご紹介します。

3-1.簡単にでも掃除する

簡単でもこまめに掃除することで、いつもキレイや部屋をキープできます。楽に掃除するためにも、以下のポイントを参考にしてください。

  • フロアーワイパー・ハンディー掃除機を手が届く位置に置いておく
  • 汚れやゴミを発見したらすぐに掃除する
  • 起床後・帰宅後などタイミングを決めて数分程度掃除するようにする

3-2.定期的に不用品を処分する

定期的に不用品を処分することで、部屋がスッキリします。すでに役目を終えたものは、不用品です。以下のようなものは、思いきって処分しましょう。

  • 読み終わった本や聴き終わったCD
  • 趣味やサイズが合わなくなった洋服
  • 同じようなものが複数ある文房具
  • 今は使っていないブランド品のバッグ

そのほか、汚れや傷みがひどいもの・不具合や故障があるものなどを取っておいても仕方がありません。過去1年未使用で、今後も使う予定がないものも同様です。思い出の品で手放すと後悔する可能性があるもの以外は、処分しましょう。

3-3.不要なものを買わない・もらわない

不要なものを買わない・もらわないことも大切です。ものを買ったりもらったりするときは、本当に必要なものかどうか考えてからにしてください。部屋の物量が増えると収納しきれず、片付けにくくなってしいます。すると、片付けのモチベーションが下がって、ますます部屋が散らかってしまうことでしょう。意味もなくセールに出かけたり、サンプルをもらったりするのはやめてください。

4.片付けのモチベーションに関するよくある質問

最後に、片付けのモチベーションに関する質問に回答します。それぞれ役立ててください。

Q.片付けのモチベーションがどうしても上がらないときはどうする?
A.無理をしないでください。モチベーションが上がらないときに片付けをしても、効率が悪いだけです。やる気がないときに作業すると、片付けが嫌いになるのでやめておきましょう。

Q.ペットを飼うと片付けのモチベーションを維持できるのは本当?
A.はい。室内で犬や猫などを飼う場合、小さなものやゴミを誤飲することを防ぐため、自然と片付けるようになります。ペットに万が一のことがあってはならない、という思いが片付けのモチベーションになるのです。

Q.部屋を片付けると健康になると聞いたのですが?
A.部屋を片付けるだけで特定の病気が治るということではありません。しかし、片付けが行き届いた部屋は掃除がしやすく、雑菌やカビが繁殖を予防できて感染症やアレルギーになりにくいでしょう。また、気分的にもスッキリするのも健康にいい影響を与えるはずです。

Q.片付けを途中で挫折してしまったらどうする?
A.  無理をせず、第三者に依頼することを考えましょう。途中からでもほかの人の手を借りたほうがスムーズに片付きます。

Q.部屋の片付けに向く時間帯は?
A.午前中をおすすめします。部屋が明るいので片付けやすいこと、1日の疲れがまだ出ていない時間帯であることなどで、作業がスムーズに進みやすいからです。晴れた日なら、部屋に湿気がこもりにくいのでさらにいいでしょう。

まとめ

今回は、片付けのモチベーションについて詳しく解説しました。片付けのモチベーションを維持できれば、いつでもスッキリした部屋を保つことができます。まずは、モチベーションを上げる方法を試してみてください。なお、ものが多すぎて手が付けられない、一人だと挫折が不安だなどの場合は、第三者に片付けを依頼することも可能です。信頼できるハウスクリーニング業者に依頼すれば、友人や知人に手伝ってもらうよりも気楽で、効率よく作業してもらえるなどメリットがたくさんあります。