老後の住み替えを考えている方必見! 理想の住まいを探すコツを伝授!

「老後は身の丈にあった暮らしをしたい」「生活が便利な場所で第二の人生を始めたい」など、老後の住み替えを考えている人もいることでしょう。第二の人生を楽しく過ごすためにも、自分たちの希望に合った住まいに住み替えることは大きなメリットがあります。しかし、何から準備するべきかよくわからないものでしょう。そこで、今回は、老後の住み替えで理想の住まいを実現するために必要な知識を詳しく解説します。生前整理についても触れているので、必見です。

この記事を読むことで、老後の住み替えに必要な知識が身に付き、的確な準備ができるようになります。理想の住まいへの住み替えをするためのポイントやコツが理解できるので、満足度の高い結果を手に入れることが可能です。まずは、ひとつずつ確認しながら記事を読み進めてみてください。必ず役に立つ情報が満載です。

1.老後の住み替えとは?

最初に、老後の住み替えについての基本を学びます。目的や理由をはじめ、メリット・デメリット・最近の傾向も解説しましょう。

1-1.老後の住み替えの目的や理由

老後の住み替えの目的や理由で主なものは、以下のとおりです。住み慣れた家を手放しても実現したい理由がある人も多いことを知っておきましょう。

  • 現在の家が広過ぎてライフスタイルに合わない
  • 子どもたちに家を引き渡したい
  • 理想の住空間を実現したい
  • 現在の家では老後の生活に不便(バリアフリーではないなど)

1-2.老後の住み替えのメリット・デメリット

老後の住み替えには、メリット・デメリットの両方があります。それぞれ主なものを確認しておきましょう。

1-2-1.メリット

老後の住み替えは、理想のライフスタイルを実現できる・身の丈にあった暮らしができるなどのメリットがあります。今まで暮らした家を離れ、新しい環境でやり直すことは、老後の人生を始めるためのいいきっかけです。特に、子育てが終わり夫婦2人だけ、もしくは自分ひとりだけの生活になる人は、住み替えのメリットを大きく感じることでしょう。

1-2-2.デメリット

高齢になってからの引っ越しは、新しい環境になじみにくい人もいます。また、住み替えには費用がかかるため、誰にでも実現できるとは限りません。また、引っ越しに伴う作業が大変なことも事実です。デメリットを知ってもなお、住み替えを希望するかどうか考えてみましょう。

1-3.老後の住み替えに関する最近の傾向

ひとむかし前と比べて、老後も自分の人生を自由に楽しむ人が増えています。子ども世代に頼ることなく、自立した生活を送りたいと願う人たちにとって、自分たちの理想の生活空間を実現するためにも、住み替えが人気なのです。住み替え場所としては、田舎よりも都会を選ぶ人が増加している傾向があります。老後は自動車の免許を返上し、公共交通機関を利用して暮らしたい人にとっては、都会の方が便利なのです。

2.老後の住み替えのタイミングやポイント

老後の住み替えのタイミングやポイントについて、詳しく解説します。

2-1.老後の住み替えのタイミングやきっかけ

老後の住み替えのタイミングやきっかけで、多いものは以下となります。

  • 子どもが独立した
  • 家が老朽化した
  • バリアフリー住宅に住みたい
  • 生活の利便性を高めたい

2-2.老後の住み替えで押さえておくべきポイント

老後の住み替えには、事前に考えておくべきポイントがたくさんあります。主なものについて解説しましょう。

2-2-1.資金について

住み替えをするためには、さまざまな費用が必要です。新居の購入もしくは賃貸費用・引っ越し費用・新居での生活用品購入費用など、実際に住み替えをするとこまごまとした出費も多いことに気が付きます。預金に余裕がある場合は安心です。また、現在の家がすでに売却できる予定がある人は問題がないでしょう。しかし、資金不足の場合は、調達方法を考える必要があります。

2-2-2.家を売却するか・賃貸に出すか

現在の家を売却するか、賃貸に出すかを決める必要があります。子ども世帯がそのまま受け継いで済む場合は、特に問題なく進むでしょう。しかし、子ども世帯が必ずしも現在の家で暮らすとは限りません。家を売るか賃貸に出すか、よく考えておきましょう。いずれにしても、それぞれで必要な手続きを踏む必要があります。

2-2-3.住み替え先はマンションか一戸建てか

住み替え先を、マンションにするか一戸建てにするか考えてみましょう。ガーデニングなど、庭があることで実現する趣味もあります。プライバシーを保ちたいのなら、一戸建ての方が有利でしょう。しかし、マンションは庭がない分、管理が楽です。集合住宅ならではの良さもあります。老後のライフプランを考え、どちらがいいかじっくり考えてみましょう。

2-2-4.住み替え先の立地条件について

住み替え先の立地条件も、外すことができないポイントです。自動車の運転をしない人は、公共交通機関の利用が便利なところをおすすめします。また、自然を好む人は公園や緑地が近くにあると安らげるでしょう。日当たりがいい方が、健康にもいいことは確かです。立地条件についても、いろいろと考えてみてください。

2-2-5.広さはどうするか

老後の暮らしをコンパクトにしたい場合でも、人によって快適な広さは異なるものです。夫婦の場合は、寝室を別にするか同じにするかでも必要な部屋数が異なります。また、リビングが広いことを外せない人もいるでしょう。まずは、多くの物件を見て、理想の広さをつかんでおきましょう。

2-2-6.設備で希望するものはあるか   

老後に安心して暮らすために、バリアフリーのトイレ・風呂の設備があると便利です。そのほかにも、キッチンが広い・収納が多いなど、希望する設備があるかチェックしておきましょう。なお、希望する設備がなくても、後日追加導入することも考えて物件を探してください。

2-3.老後の住み替えのタイミングやポイントに関する注意点

老後は、いつ終わりが来るかわかりません。本気で住み替えを考えているのなら、タイミングを待たずに行動してもいいのです。いつ住み替えしてもいいように、家の中を整理し、不用品やごみはどんどん処分しましょう。思い立ったときにフットワークが軽くなって、楽ですよ。

3.老後の住み替えの方法や問題点

老後の住み替えの方法や問題点について詳しく解説します。実際の住み替えで焦ることがないように、しっかり学びましょう。

3-1.老後の住み替えの準備はいつごろから始める?

老後の住み替えの準備は、いつからでも始めることができます。時間は有限なのですから、思い立った時点で始めましょう。まずは、住み替えのスケジュールを決めてください。希望の時期から逆算して、何をいつすべきかを把握するのです。すると、想像以上に時間がないことがわかるでしょう。

3-2.老後の住み替えで確認すべきこと

老後の住み替えをするときには、以下のことを確認しておきましょう。

  • 家のローン返済をどうするか
  • 家の売却依頼はどの業者に依頼するか
  • 家の査定額に納得できない場合は保留するか
  • 住み替え先の物件はいつまでに購入もしくは賃貸を開始するか
  • 引っ越しスケジュールはどうするか
  • 住み替えの完了日はいつにするか

3-3.老後の住み替えの問題点

老後の住み替えを実現するためには、独特の問題点をクリアする必要があります。たとえば、以下のことです。

  • 家の中のものの整理・断捨離
  • 生前整理(遺品の区別や財産整理)

老後の住み替えは、現在の家よりコンパクトなタイプになることが多いものです。今までは十分な広さがあるために収まっていたものでも、新居に持っていくにはものが多過ぎることもあるでしょう。中には、不用品がたくさん含まれているため区分・処分する必要があります。さらには、遺品として残すものを探しておく必要があるでしょう。老後の住み替えならではの問題と言えます。

3-4.家を売却する場合はハウスクリーニングも必要

家を売却する前には、ハウスクリーニングを依頼することも必要になります。長年暮らした家には、たくさんの汚れやにおいが溜(た)まっているものです。タバコのヤニなど、自分たちでは掃除しきれないものもあります。プロのハウスクリーニングに依頼することで、自分たちで掃除するよりも楽にキレイな状態になり、資産価値が上がるものです。有利な条件で売るためにも、積極的に検討してください。

3-5.老後の住み替えに関するそのほかのこと

住み替えをしても、今までの人間関係をリセットするわけではありません。お世話になった人や、友人・知人にはきちんと連絡をしておきましょう。また、実際に引っ越しスケジュールが確定したときには、郵便局に転居届を出して郵便物を転送してもらう手続きを取ってください。役所関係の手続き(転出届や転入届など)なども必要です。ガス・水道・電気・インターネットの移転手続きも欠かすことができません。住み替えには、さまざま手続きがあるものです。リストアップして、できるものから早めに手を付けていきましょう。

3-6.老後の住み替えに関する注意点

老後の住み替えは、思いきりも必要です。いろいろと悩んでいるうちに、理想に近い物件がほかの人に取られてしまうこともあります。気になる物件を見つけたときは、すぐに現地見学を申し込むなどして、行動に移しましょう。すべての条件を満たす物件を見つけることは困難です。妥協できる点とできない点を書き出して、自分の中で優先順位を付けながら物件探しをしてください。

4.生前整理について考えてよう

老後の住み替えを検討している人は、生前整理についても考えてみてください。住み替えの前にしておくと、安心です。

4-1.生前整理の大変さを学ぼう

生前整理は、想像以上に大変です。長く暮らした家には、たくさんのものであふれています。遺品として残したいもの・生活に必要なもの・不用品などが混在しているため、まずは、仕分け作業をすることになるでしょう。しかし、多くのものを仕分けするだけで大きな労力がかかり、時間も必要です。生前整理は計画的に行うことをおすすめします。

4-2.生前整理をプロに依頼した方がいい場合とは?

以下に当てはまるときは、生前整理をプロに依頼した方がいいでしょう。

  • 生前整理が面倒なとき
  • 作業する人や時間が足りないとき
  • ものが大量にあって途方に暮れているとき

4-3.生前整理をプロに依頼するメリット

生前整理をプロに依頼することは、多くのメリットがあります。主なものは、以下をご覧ください。

  • 時間や手間を節約できる
  • 客観的に仕分けしてもらえる
  • 遺品探しをしてもらえる
  • 不用品で価値の高いものは買い取りしてもらえることがある
  • 不用品・ごみを処分してもらえる

4-4.生前整理の料金相場

生前整理の料金相場にかんしては、以下を参考にしてください。実際には、物量や契約条件で上下します。詳しくは、業者に見積もりを取って確認しましょう。

  • 2LDK程度:約15万円
  • 3LDK程度:約20万円
  • 4LDK程度:約26万円

4-5.生前整理の業者選びのコツ

生前整理は、経験豊富で信頼できる業者を探しましょう。選び方のコツは、以下を参考にしてください。

  • 生前整理の知識が豊富で的確なアドバイスができる
  • 作業見積もりを無料で行っている
  • 費用がリーズナブルでさまざまな料金プランがある
  • 不用品の処分・買い取りも行っている
  • 希望の作業日時で依頼できる
  • 顧客からの評判がいい
  • 不法業者ではない(古物所許可などを得ている)

上記のポイントが当てはまる業者なら安心して生前整理を依頼できます。人気の業者は、早い者勝ちでスケジュールがうまっていくものです。早めに希望日程を伝え、押さえてもらいましょう。

4-6.生前整理の流れをつかんでおこう

業者に生前整理を依頼すると、大体以下のような流れで進みます。なお、生前整理の作業中に在宅するべきかどうかについては、業者に確認してください。

  1. 業者が現地視察にやってくる
  2. 業者から作業見積もりが届く
  3. 作業見積もりの内容(費用・日程・作業内容など)に問題がなければ契約
  4. 指定した日時に業者がやってきて生前整理を開始する
  5. 作業完了後、業者・依頼者のチェックを受けて完了

4-7.生前整理の相談や申し込みについて

生前整理の相談や申し込みは、葬祭会社の相談窓口・生前整理業者の相談窓口などを利用すると便利です。必要な作業や資金についての相談、疑問の解決に役立ちます。中には、相談したことをきっかけに、契約をすすめてくることもあるでしょう。しかし、必ずしも契約しなくてもいいので安心してください。

4-8.生前整理に関する注意点

生前整理で最も処分に困るのは、思い出の品でしょう。アルバムや記念品など、生活必需品ではないものの、捨てるのが惜しいものたちです。不用品はできるだけ処分することが望ましいのは事実と言えます。しかし、思い出の品はかけがえのない宝物ですから、無理に処分しなくても構いません。新居で思い出の品たちをながめながら、なつかしい思い出に浸るのもいいでしょう。

5.老後の住み替えに関するよくある質問

最後に、老後の住み替えに関するよくある質問に回答します。理想の住まいを実現するためにも、それぞれ確認しておきましょう。

5-1.住み替え先で賃貸住宅を選ぶときのリスクは?

老後の住み替えで賃貸住宅を希望する場合は、保証人の有無が影響するものです。自分たちがすでに年金暮らしの場合、保証人は会社員・公務員など、安定した収入がある現役世代の人を求められることが多いでしょう。子どもや親戚から保証人を見つけることができるとは限りません。老後の賃貸契約は、想像以上にハードルが高いことを知っておきましょう。

5-2.田舎暮らしをしてみたいのですが老後には無理でしょうか?

老後の田舎暮らしにあこがれを持つ人は、とても多いものです。人には向き・不向きがあるため、田舎暮らしがなじむ人もなじまない人もいます。最初から無理と思わず、チャレンジしてみてもいいでしょう。実際に試してみて、自分に合わないと思ったら再度住み替えを行ってください。

5-3.生前整理と同時に生前分与をした方がいいですか?

生前整理と生前分与は、まったくの別問題です。同時に行う必要はありません。しかし、生前整理をきっかけに財産分与をしてもいいでしょう。自分たちの死後に遺産相続で問題が起こりそうな場合は、生前分与により解決できることもあります。急ぐ必要はないので、じっくり考えてください。

5-4.住み替え先になじめないときの対策方法は?

住み替え先になじめない理由は何か、考えてみてください。理由がわかれば、対策方法もわかります。人見知りがあるとなじむのに時間がかかるものです。まずは、ご近所の方にあいさつをすることから始めましょう。明るいあいさつがきっかけで、親しくしてくれる人が作れる可能性があります。自分からなじもうとする姿勢が大切です。買い物を近所で行う、散歩をするなども試してみてください。

5-5.住み替え後に生前整理をするのではダメですか?

もちろん、住み替え後でも可能です。しかし、大量の荷物を住み替え先に持っていってから生前整理をするのは、無駄な作業が多く発生します。引っ越しと同時に行う方が、結果として手間や時間がかからないものです。また、引っ越しと同時に不要品を処分することもでき、スッキリした状態で新しい生活をスタートできます。できるかぎり、住み替え前に生前整理を行いましょう。

まとめ

今回は、老後の住み替えについて詳しく解説しました。一所懸命に働いた時代を終え、老後を楽しく安心して暮らすためにも、自分たちの希望を叶(かな)える住まいを探してください。住み替えがうまくいけば老後の暮らしは楽しいものになるでしょう。しかし、住み替えには準備が必要です。物件探しや費用・住み替えのタイミングなど、考えるべきことがたくさんあります。また、生前整理を行うことも考えてみましょう。生前整理を早めに行っておくことで、万が一のときの家族の負担も少なくなります。