レコードを買取に出すには? プレミアがつくレコードの特徴などをご紹介

レコードをたくさん持っていて、不要なレコードを処分したいという方や、所有しているレコードの中にプレミアがつくものがあるのではないかと思っている方もいると思います。レコードの価値を判断してもらうため、処分時は買取査定を受けるようにしましょう。買取対象となるものや中古需要などを覚えておき、売却時の参考にしてください。

本記事では、レコードを買取に出すときのポイントについてご紹介します。

  1. レコードの買取について
  2. レコードを買取に出す方法
  3. レコードの買取でよくある質問

この記事を読むことで、レコードの買取についてよく分かります。買取前に高額買取のポイントや買取に出す方法を把握し、レコードの売却に役立ててください。

1.レコードの買取について

まず、レコードの中古需要や人気のジャンルなどをご紹介します。

1-1.レコードについて

近年は、CDのリリースがほとんどです。しかし、最近では、若者を中心にレコードの人気が再燃しています。レコードの種類は、収録時間や回転数によって異なるものです。LPレコード・EPレコード・シングルレコード・SPレコード・12インチシングルレコードなどがあります。名盤といわれるものや廃番となっているものは、プレミア価格がつく可能性が高いでしょう。

1-2.レコードの買取需要

人気の再燃に伴い、レコードの中古需要が高まっています。買取を行う店舗も増えているでしょう。邦楽より洋楽のほうが高値になる傾向があり、中でもビートルズやローリングストーンズなどは不動の人気を誇っています。

1-3.買取対象となるレコード

レコードは、きちんと再生できることが買取条件となります。傷や汚れなどがあり、音に支障をきたすものは買取できません。希少価値があるものでも、状態が悪いものは値段が下がるので注意してください。

2.レコードを買取に出す方法

レコードを高額査定に結びつけるポイントや、買取に出す方法などを見ていきましょう。

2-1.買取時期

レコードの買取は、年間をとおして行っています。しかし、年末年始・お盆・春先などは買取の利用者が増えて繁忙期になるため、在庫を多く抱える店舗が増えるものです。なるべく閑散期を狙って買取に出したほうが、値段がつきやすいでしょう。

2-2.高額査定の商品や高く売るポイント

レコードの買取は、リサイクルショップでも受け付けています。しかし、価値をきちんと見極めてもらうためには、レコード専門店での買取がおすすめです。ジャケット・帯・歌詞カード・解説などの付属品があると、高額査定になる傾向があります。レコードの中でも高額査定になりやすいのは、今でも根強い人気がある洋楽やプレス枚数が少ないものでしょう。また、表面のホコリや汚れを軽く拭き取るなど、事前にメンテナンスをしておくことが、高額査定に結びつけるポイントになります。査定額が上がるように工夫しましょう。

2-3.プレミア価格がつきやすいレコードは?

プレミア価格がつきやすいものには、以下のようなものがあります。

  • テレサ・テン 12,000〜18,000円
  • 大滝詠一 12,000円前後
  • ザ・チェファーズ 60,000円前後
  • ザ・ビーバーズ/ビバ・ビーバーズ 60,000円前後
  • ザ・フー 100,000円前後
  • ザ・マザーズ・オブ・インヴェンション 100,000円前後
  • イエス 120,000円前後
  • ピンク・フロイド 180,000円前後
  • ビートルズ 90,000〜360,000円

上記は一例です。希少価値が高いため、買取価格も思わぬ値段になることが多いでしょう。とはいえ、買取対象でも、人気度や話題性が下降気味な場合は、安価で取引されるケースもあるのです。また、レコードの状態で買取価格が左右されるため、ネットで複数の業者を比較し、買取価格を比較することが重要になります。

2-4.買取方法

リサイクルショップやレコード専門店の買取に出す方法や、自分で売却する方法をご紹介します。

2-4-1.持ち込み

持ち込みは、レコードを店舗に持参し、査定をしてもらう方法です。希少価値があるものや、プレミア価格がつきそうなものは、店頭で直接やりとりができるため、持ち込みが適しています。しかし、店舗が開いている時間だけの受付となるので、時間の制約がある場合は不便に感じるでしょう。

また、運搬は自己責任となるため、運搬時にレコードの破損が起きないように注意してください。

2-4-2.宅配

宅配は、レコードをダンボールにこん包し、宅配便を使って業者に送る方法です。宅配便は集荷サービスを利用すれば、自宅からこん包したものを送ることができます。手が空(あ)いているときに発送手配ができるのがメリットです。

ただし、レコードの発送にかかる送料を、発送者が負担する場合もあります。業者によってサービス内容が異なるので注意してください。

2-4-3.出張

出張は、業者が自宅訪問し、レコードの買取を行う方法です。業者が運搬を行うため、レコードのこん包や運搬などの手間がありません。大量に売りたいレコードがある場合も、自宅まで訪問して買取を行ってくれるため、手軽に利用できるとても便利な方法です。しかし、業者によっては出張費用が別途発生する場合があります。

料金体系を事前に確認してから利用しましょう。プレミアがつくレコードの場合、持ち込み買取のほうが高い買取価格がつく傾向があるため、業者の買取実績などを調べておき、事前に知識を身につけておくことも業者選びでは大切です。

2-4-4.ネットオークションやフリマサイト

ネットオークションやフリマサイトを使えば、自分でレコードを売ることができます。希少価値のあるレコードを高く売りたいという場合は、自由に価格設定できるため、希望価格で売却できる手段でしょう。あらかじめ過去の取り引き状況をチェックし、相場を確認してから価格設定をすれば、より売りやすくなります。

出品時は、レコードの画像と商品紹介文のアップロードが必要です。傷や汚れなどの欠点がある場合は、分かりやすく記載しておきましょう。ただし、個人間の取り引きでは、トラブルもつきものです。未入金・音信不通・商品の未着など、起こりやすいトラブルもしっかり理解してから利用するようにしてください。

3.レコードの買取でよくある質問

レコードの買取に関する疑問を集めました。レコードの買取を希望する方は、ぜひご一読ください。

Q.レコードの買取価格を一律で決めているショップもあるのか?
A.はい、あります。そのため、価値をきちんと見極めてもらうためにも、レコードを専門に取り扱う店舗を利用することが大切です。また、事前にインターネットで相場を探り、だいたいの価格を調べておきましょう。買取価格の交渉をする際の参考になります。

Q.レコードを高額買取に結びつけるためには、収納の仕方も考えておく必要があるのか?
A.価値のあるレコードでも、収納の仕方が雑では、ジャケットや帯が傷んでしまい、価値を下げてしまいます。レコードを高く売るためには、普段から良好な状態を維持できるよう、直射日光を避け、通気のいい場所で保管するようにしてください。

Q.希少価値のあるレコードの場合、どのくらいの買取価格がつくものなのか?
A.高いものでは、数万〜十数万円の買取価格がつく場合があります。レコードの価値は一般の人では判断しにくいため、処分前に査定を受け、価値を見極めてもらいましょう。

Q.宅配査定を受けた後にキャンセルする場合、返品送料も負担しなければならないのか?
A.業者の中には、返品時の送料は業者負担というところもあります。業者によっては、査定後のキャンセルができない場合もあるため、あらかじめ利用規約を確認してください。

Q.プレス枚数が少ないものは、買取価格が上がる傾向にあるもの?
A.流通量が多いレコードに比べ、プレス枚数が少ないレコードは買取価格が高くなる傾向があります。当時のプレス枚数が分からない場合は、査定を受けてみましょう。レコードは、意外なものに高額な値段がつくことがあります。査定で中古ニーズを見てもらう方法がおすすめです。

まとめ

いかがでしたか? レコードは、若者を中心に人気が再燃しています。不要になったレコードは、捨てずに買取を利用しましょう。買取では、思わぬ価格がつく場合があります。複数の業者で査定を受け、価値をきちんと見極めてもらうことが大切です。レコードの売却は、レコード専門店などを利用することをおすすめします。