グリストラップの臭いは何が原因? 掃除方法・予防方法を詳しく解説!

グリストラップの臭いでお困りではありませんか? 飲食店にとって、衛生管理はとても大切なことですよね。しかし、グリストラップが臭っていては、衛生的な店とはいえません。まずは、何が原因で臭いが発生してるのかを突き止め、正しく対策する必要があります。来店客を不快にさせないためにも、グリストラップの臭いを撃退しましょう。

そこで今回は、グリストラップの臭いについて詳しく解説します。

  1. グリストラップの臭いは何が原因?
  2. グリストラップの掃除方法
  3. グリストラップの臭いを防ぐ方法は?
  4. グリストラップの掃除を業者に依頼する方法
  5. グリストラップの臭いに関するよくある質問

この記事を読むことで、グリストラップの掃除方法や臭いを防ぐポイントがよく分かります。グリストラップの臭いでお悩みの方は、記事を読んでみてください。

1.グリストラップの臭いは何が原因?

最初に、グリストラップが臭う主な原因について見ていきましょう。

1-1.掃除が不十分

掃除が不十分だと、油や生ゴミがたまって腐敗し、悪臭の原因になります。飲食店は一般家庭の数倍以上の量になるので、腐敗すると強烈な臭いになるのです。特に、気温が高い時期には、掃除が不十分だと腐敗の進行が早く、悪臭に加えて害虫の繁殖も活発化します。グリストラップの掃除が面倒なことも、汚れが残りやすい原因です。

1-2.排水管が詰まっている

グリストラップの排水管が詰まっていると、うまく排水が流れずに悪臭がすることがあります。食品カスや油脂が徐々にたまって排水管にこびり付き、悪臭を発生させるのです。普段からこまめに掃除しているつもりでも、長年使い続けることで排水管が詰まることがあります。排水が流れるときにゴボッという音がする場合、排水管が詰まっている可能性が高いでしょう。

1-3.グリストラップ自体に浄化機能がない

グリストラップ自体に浄化機能がないことも、臭いが発生する原因です。グリストラップは、あくまでも生ゴミや油などがそのまま排水管に流れないようにするものであり、脱臭機能や浄化機能は付属していません。したがって、グリストラップを使えば、臭いが発生するのも当然のことなのです。

2.グリストラップの掃除方法

グリストラップの掃除に必要なものや方法を手順に沿って詳しく解説します。

2-1.グリストラップの掃除に必要なものは?

グリストラップの掃除を自分たちでする場合は、以下の道具をそろえてください。

  • ストレーナー
  • バケツ
  • マスク
  • ゴミ手袋
  • 安全靴(底が滑りにくい靴)

2-2.グリストラップの掃除方法

グリストラップの掃除方法を詳しく見ていきましょう。

2-2-1.バスケットのゴミを除去する

グリストラップには、生ゴミが流れないよう、上部にバスケットが設置してあります。バスケットがいっぱいになっていては意味がないので、毎日バスケットを取り外して中のゴミを捨てましょう。バスケットには、生ゴミがたくさんたまっています。放置すると腐敗して、ひどい臭いが店内に広がるので気を付けましょう。

2-2-2.グリストラップに浮いた油脂をすくう

グリストラップに浮かんでいる油脂は、ストレーナーなどですくいましょう。油脂をそのままにすると、やがて細かなゴミや汚泥なと絡んで底に沈み、落としにくい汚れに変化します。こまめに油脂をすくうようにすれば、大がかりな掃除をする回数を減らすことも可能です。

2-2-3.グリストラップの底や排水口の掃除も大切

グリストラップの底にも、徐々に汚れがたまります。放置し過ぎると、いくらバスケットや浮かんだ油脂をすくっても、悪臭が消えない原因にあるので気を付けましょう。さらに悪化すると、排水口が詰まってしまうので、早めに掃除する必要があります。ただし、自分たちで掃除するのは大変なので業者に依頼するといいでしょう。

3.グリストラップの臭いを防ぐ方法は?

グリストラップの臭いを防ぐ方法を詳しくご紹介します。

3-1.定期的に掃除をする

グリストラップの臭いを防ぐには、定期的に掃除をすることが大切です。こまめに掃除をすることで常に清潔な状態を保つことができ、臭いを気にせずに済みます。

  • 毎日:バスケットのゴミを取り除く
  • 週1回:グリストラップに浮かんでいる油脂をすくう

なお、グリストラップの底や排水口にたまった汚れは、月1回程度、専門業者に依頼して掃除してもらうことをおすすめします。

3-2.消臭剤を使用する

グリストラップに専用の消臭剤を投入するのもよい方法です。消臭剤の効果で、嫌な臭いが気にならなくなります。ただし、消臭剤に頼り過ぎて掃除をサボると、汚れがたまって手が付けられなくなることがあるので注意しましょう。ひどくなると、消臭剤を使用しても臭うようになります。

3-3.グリストラップを屋外に設置する

グリストラップを屋外に設置することで、店内に嫌な臭いが広がるのを防ぐことができます。ただし、グリストラップの移設工事は、費用と時間がかかるため、予算の問題ですぐには実施できないことも多いでしょう。たとえば、店舗を改装するタイミングで検討してみることをおすすめします。なお、屋外にグリストラップを設置した場合でも、こまめに掃除しないと近隣の迷惑になり、苦情がくることもあるので気を付けてください。

4.グリストラップの掃除を業者に依頼する方法

グリストラップの掃除は、専門業者に依頼することがおすすめです。

4-1.信頼できる掃除業者の選び方

グリストラップの掃除は、以下のポイントを参考にして選んだ業者に依頼しましょう。

  • グリストラップなど店舗清掃で豊富な実績がある
  • 丁寧な作業で定評がある
  • 見積もりは無料
  • リーズナブルで分かりやすい料金システム
  • 都合のいい日時に作業してもらえる
  • スタッフの感じがよく言葉遣いも丁寧
  • 顧客からの評判がいい

4-2.最初に現場視察と見積もりを依頼する

業者にグリストラップの掃除を依頼するときは、最初に現場視察と見積もりを依頼しましょう。都合のいい日時を指定し、業者にグリストラップの状態を見てもらうのです。業者は、現場視察でグリストラップの構造や汚れ具合などをチェックし、見積もりを作成します。見積もりを受け取り、作業内容や料金などに問題がなければ、正式に契約してください。

4-3.費用相場は1回1~5万円程度

グリストラップの清掃を業者に依頼した場合の費用相場は、1回1~5万円程度です。グリストラップの大きさや構造、汚れ具合などによっても異なるので、詳しくは業者の見積もりで確認してください。なお、業者によっては、定期契約できることがあります。1回ずつ依頼するよりもお得なことが多いので、考えてみるといいでしょう。

4-4.悪質業者に注意すること

悪質業者に注意してください。突然店舗にやってきて、強引にグリストラップをチェックした後、「今すぐ掃除をしないと大変なことになる」などと不安をあおって高額契約を取ろうとします。契約をしてしまうと、指定日時に掃除にこない、掃除が雑で臭いが解消しないなど、思わぬトラブルに巻き込まれることがあるので注意してください。

5.グリストラップの臭いに関するよくある質問

最後に、グリストラップの臭いに関する質問に回答します。それぞれ確認しておきましょう。

Q.グリストラップの汚れを放置すると臭い以外にどんな問題がある?
A.以下のような悪影響があります。

  • 雑菌やカビが繁殖する
  • ゴキブリやネズミが発生する
  • 排水がうまくいかずに逆流することがある

いずれにしても、不衛生で飲食店には大きな問題となります。

Q.グリストラップの臭いが気になるときの応急処置は?
A.一番手早いのが消臭剤の使用です。また、換気扇を回して店内にこもった臭いを屋外に追い出しましょう。なお、そのまま放置せず、店舗の営業が終了したら早めに掃除して臭いの原因を取り除くことが大切です。

Q.グリストラップが臭うと営業停止になる?
A.グリストラップの臭いだけでは、営業停止になることはありません。しかし、保健所の立ち入り時に臭いがあると、衛生管理の点で指摘され、改善指導を受けることがあります。

Q.土日の早朝でもグリストラップの掃除を依頼できる?
A.業者によっては可能です。まずは、業者に問い合わせてみるといいでしょう。グリストラップの掃除は、飲食店の営業時間外に作業するのが通常なので、土日の早朝でも依頼できることがあります。

Q.冬ならグリストラップの臭いが少なくなる?
A.いいえ。冬でも、臭いが少なくなるとは限りません。屋内にグリストラップがある場合、暖房や調理場の熱気などにより、冬場でも室温が高いままになるからです。

まとめ

今回は、グリストラップの臭いについて詳しく解説しました。グリストラップの臭いの原因は、掃除不足によるものが多いでしょう。まずは、きちんと掃除をしてみてください。掃除をしても臭いが解消されない場合は、排水口など見えない部分に汚れがたまっている可能性があります。自分たちで掃除できない部分は、専門業者に依頼して対応してもらうといいでしょう。この記事を参考にして信頼できる業者に依頼し、グリストラップの臭い対策をしてください。