ファンヒーターの処分には注意が必要! 正しい廃棄の仕方とは?

故障して使えなくなったファンヒーターはどのように処分したらよいのでしょうか。ファンヒーターの種類によっては注意しなければ危険な場合もあります。ここではファンヒーターを廃棄する際に知っておきたい、あらゆる情報をまとめました。

1.ファンヒーターの処分方法

1-1.自治体に引き取ってもらう

ファンヒーターは、家電リサイクル法の対象になっていません。ですから基本的には粗大ゴミとして回収してもらえるでしょう。ただし、どのような扱いになっているのかは各自治体によって異なります。お住いの地域のルールを確認してください。
粗大ゴミとして出す場合には、事前に予約をするのが一般的です。担当の窓口に電話をして、回収の日時を確認します。そして当日には粗大ゴミ回収用の有料のシールを貼って、指定された場所に置いておく必要があるでしょう。粗大ゴミの回収は有料となるところがほとんどです。

1-2.買い替え時に引き取ってもらう

使えなくなったファンヒーターの代わりに、新しく購入される人も多いと思います。そのようなときには販売店が引き取ってくれる場合があるので確認してみましょう。家電量販店だけでなく、最近では通販でもそのようなサービスを行うところが増えてきました。ただし、店によって無料か有料かは違います。また無料であったとしても配送する場合は、送料が必要となることを忘れないようにしましょう。

1-3.不用品回収業者に引き取ってもらう

あらゆる不用品を回収してくれる専門の業者は、もちろんファンヒーターも回収してくれるでしょう。電話などで申込みをするだけなので、もっとも手軽に処分できるのが、この業者を利用する方法です。自分で重いファンヒーターを運ぶ必要もありません。
自治体に依頼するよりも料金は高めですが、それなりにメリットがあるので検討してみてはいかがでしょうか。

2.石油ファンヒーターの廃棄に関する注意点

石油ファンヒーターは石油を使用しているため、処分する際にも注意が必要です。特に、次の点に気をつけてください。

2-1.石油は使いきる

石油ファンヒーターを処分するときには、石油が残らないように全て使いきるようにしましょう。石油ファンヒーターが異常なく動作するのであれば、燃焼させて灯油タンクを空にします。ただし、壊れていたり調子が悪かったりする場合には、ポンプなどを使ってくみだすようにしてください。石油が残ったまま廃棄するのは危険ですから、注意しましょう。

2-2.どうしても石油が残ってしまったら

燃焼しきれないなど石油が残ってしまう場合もあるでしょう。そのようなときには、ガソリンスタンドで石油を処理してもらいましょう。
石油は約260度で発火し、40度以上で引火するといわれています。常温で自然発火するようなケースはあまりないですが、万が一のことを考えて責任をもって処分してください。

2-3.石油をこぼしてしまったら

自分で処理をしようとして、石油を床にこぼしてしまうこともあるかもしれません。そのようなときには、新聞紙や布にしっかりと石油を吸い込ませます。それを濡れた新聞紙か布でくるみ、ゴミ袋に入れましょう。それを燃えるゴミとして捨てれば大丈夫です。

3.ファンヒーターの処分を業者に依頼するメリット

3-1.引き取りにきてもらえる

石油の処理をしたくても、ガソリンスタンドまでファンヒーターを運べないという人もいるでしょう。そのような場合には、不用品回収業者に相談してみてはいかがでしょうか。不用品回収業者は、自宅まで回収に来てくれます。場合によっては、ガソリンスタンドまで運んでくれるかもしれません。一度、問い合わせてみてもよいでしょう。
このように、不用品回収業者に依頼するメリットは、直接取りに来てくれることです。

3-2.希望の日時を指定できる

自治体に回収を依頼すると、回収日は決められてしまうことがほとんどです。こちらの希望する日時に合わせてくれるとは限りません。しかし、不用品回収業者の場合には、好きな日時でお願いできるのです。平日は忙しくて無理だったり、夜しか時間があいてなかったりなど、それぞれの希望を考慮してくれます。業者によっては、休日でも夜間でも対応してくれるところもあるほどです。

3-3.急な依頼でも対応してくれる

壊れたファンヒーターをいつまでも置いておくわけにもいかないでしょう。しかし、自治体に回収を依頼した場合には、すぐに引き取ってもらえるわけではありません。場合によっては、かなり先になることもあるでしょう。その点、不用品回収業者であれば、対応はスピーディです。連絡をすれば、可能な限りすぐにファンヒーターを回収しに来てくれるでしょう。

4.ファンヒーターの回収を依頼する業者を選ぶポイント

4-1.正式な許可を持っているか確認する

不用品を回収するには、「一般廃棄物収集運搬許可」を持っていなければなりません。これがなければ、業者が家庭の不用品を回収できないのです。しかし、残念なことに無許可で不用品を回収している悪質な業者が多くいます。このように無許可で営業している業者は料金をもらうことが目的なので、回収した不用品は不法投棄している可能性が高いでしょう。「一般廃棄物収集運搬許可」を取得しているかどうかは、業者のホームページなどでも確認できます。依頼する前には、必ずチェックしてください。ホームページがなかったり、記載されてなかったりする業者に依頼する際には、直接問い合わせてみるとよいでしょう。その際は、きちんと書面で確認することが大切です。違法な行為に加担することのないよう、十分に気をつけてください。

4-2.「無料」という言葉に要注意

無料で不用品を回収する、と宣伝している業者もいます。しかし、実際には高額な料金を請求されるというトラブルが多く起こっているのです。また、見積もりをお願いしただけで、料金が発生するということもあります。見積もりを依頼する際にも気をつけてください。
このような被害を防ぐためには、料金について事前に細かく確認をしておきましょう。無料見積もりを必ずもらい、その内容をきちんとチェックする必要があります。

4-3.本当に存在する業者であるか

不用品回収業者のなかには、所在地が不明なところがあります。これは、何かトラブルが発生した場合に、連絡がとれないようにするためであると考えられるでしょう。事務所の所在地や連絡先を確認してください。携帯電話の番号しか伝えてくれないところも注意が必要です。また、見積書や領収書を発行しない業者も避けてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか? ファンヒーターの処分には、次のような点に注意しましょう。特に、石油ファンヒーターの廃棄には気をつけてください。

  • ファンヒーターは粗大ゴミとして回収されることが多い
  • 買い替え時に販売店に不要なファンヒーターを引き取ってもらえることもある
  • 不用品回収業者に引き取ってもらうこともできる
  • 石油ファンヒーターを処分する際には、石油タンクを空にする
  • 不用品回収業者への依頼は料金が高めだがメリットが多い
  • 「一般廃棄物収集運搬許可」を持っている業者を選ぶ
  • 無料見積もりをだしてもらうとよい

手間がかかりそうなファンヒーターの処分ですが、このように不用品回収業者を利用すると簡単に廃棄できるでしょう。

給湯器の交換工事・修理をお考えの方必見

トップブランドの給湯器が最大81%オフ!