暖房器具を効率よく使う方法を紹介! 暖房器具を使い分けるコツは?

寒くなると暖房を使う機会も増えてきます。「できるだけ部屋を暖めたいけれど、光熱費が心配」と悩む人も多いことでしょう。暖房は、種類によって暖め方も光熱費も異なります。暖房を組み合わせて使うことで、効率的に部屋を暖めることもできるでしょう。

今回は、暖房を効率的に使う方法を紹介します。

  1. 暖房の種類
  2. 暖房効率を上げるポイント
  3. 暖房器具の光熱費を節約するコツ
  4. 暖房器具を使う際の注意点
  5. 暖房器具に関するよくある質問

この記事を読めば、用途に合わせた暖房の使い方がよく分かります。暖房の使い方に悩んでいる人は、ぜひこの記事を読んで参考にしてくださいね。

1.暖房の種類

はじめに、一般家庭で使われる暖房の種類や部屋を暖める仕組みを紹介します。それぞれどんな特徴があるんでしょうか?

1-1.部屋全体を暖めるのに向いている暖房

エアコンやファンヒーターなど、温風がでて部屋の空気を対流させて、部屋全体を暖める暖房のことを「対流式暖房」といいます。部屋全体を暖めるのに向いており、広い部屋ほど効果的です。その一方で、空気の対流が起こることで、部屋のホコリやゴミを巻き上げてしまうことがあるほか、空気が乾燥するなどのデメリットがあります。

1-2.特定の場所を暖めるのに向いている暖房

ハロゲンヒーターや電気ストーブ、オイルヒーターなどは「輻射(ふくしゃ)式暖房」といい、暖房器具の熱を四方に輻射(ふくしゃ)することで周りの空気を暖めます。温風がでないので空気の対流が起こりません。限られた対象物を暖めたいという場合に適しています。

1-3.体を直接温める暖房器具

ホットカーペットや電気毛布などは、それ自体が熱を発して対象物を暖めます。体に触れている場所が暖かくなりますが、部屋全体を暖めるのには適しません。

1-4.熱源にも注目する

暖房の熱源には、ガス・電気・石油があります。コスパ的には石油が最も安価ですが、マンションなど建物の形状によっては石油を熱源とする暖房が使えないこともあるでしょう。

2.暖房効率を上げるポイント

では、どうすれば暖房効率を上げることができるのでしょうか? この項では、その一例を紹介します。

2-1.使う場所を考える

たとえば、広い部屋でホットカーペットを使用しても、暖かいのは体に触れている部分だけです。逆に、脱衣所などの狭い場所で短時間使う場合、エアコンでは効率が悪いでしょう。部屋の広さ、暖める時間、暖める対象を考えて暖房器具を選びましょう。

2-2.暖め方が異なる暖房器具を組み合わせる

たとえば、広い部屋でエアコンを使って部屋を暖めたが、体の周りがまだ少し寒いという場合、エアコンとホットカーペットを組み合わせることで快適な状況になれます。また、部屋全体を暖めながら輻射式の暖房を使えば、エアコンの設定温度を低くしても快適な状況を保てるでしょう。

2-3.空気の対流を生ませる

暖かい空気は上にたまりやすくなっています。エアコンの温度を上げても床付近が寒い場合は、サーキュレーターを起動させてみましょう。暖かい空気が床まで循環してきます。また、輻射式の暖房とサーキュレーターを組み合わせてもいいでしょう。

2-4.断熱性を考える

部屋が密閉状態に近いほど、部屋は暖まりやすくなります。暖房を使うときは扉を閉めて断熱性を高めましょう。

3.暖房器具の光熱費を節約するコツ

では、暖房器具の光熱費を可能な限り節約するにはどうしたらいいでしょうか? この項では、その方法を紹介します。

3-1.こまめに温度調節はするが、スイッチはオンのまま

暖房器具はスイッチを入れて稼働させるまでの間に最もエネルギーを使います。ですから、部屋が暖まってきたからといってこまめにスイッチのオン・オフをくりかえすと余計に光熱費がかかるのです。エアコンなど温度調節ができるものは、部屋が暖まってきたら温度を下げましょう。

3-2.フィルターの掃除をこまめにする

フィルターがある暖房器具は、こまめにフィルターを掃除しましょう。そうすれば、余計なエネルギーを使いません。

3-3.部屋の大きさに合わせた暖房器具を使う

エアコンやファンヒーターなど対流式暖房は、適した部屋の広さがあります。小さい部屋用のもので大きな部屋を暖めようとすると余計なエネルギーがかかるので、部屋に対応した大きさのものを使いましょう。

3-4.服装にも工夫を凝らす

薄着で過ごし、暖房だけで部屋を暖めようとするとどうしても光熱費がかさんでしまいます。寒い日に部屋の中で過ごすときは、ヒートテックの下着やフリースなど体の熱を逃さない服装をしましょう。

4.暖房器具を使う際の注意点

最後に、暖房器具を使う際の注意点を解説します。ぜひ、参考にしてください。

4-1.乾燥に気をつける

前述したように対流式暖房は空気が乾燥しやすくなります。加湿器と組み合わせて使うなど、工夫をしましょう。また、部屋の掃除もこまめにすれば、ホコリっぽくもなりません。

4-2.低温火傷(やけど)に気をつける

ホットカーペットや電気毛布など体に直接触れて使う暖房器具は、低温火傷に注意しましょう。特に、高齢者や幼児は皮膚が弱く火傷しやすいので注意が必要です。

5.暖房器具に関するよくある質問

この項では、暖房器具に関する質問を紹介します。

Q.対流式暖房より輻射式の暖房の方が光熱費は安いのでしょうか?
A.そうとも限りません。一般的な傾向として、新しい製品の方がより光熱費は安くなります。

Q.空気を汚さない暖房とはなんですか?
A.輻射式暖房の場合は、空気の対流を起こさないので空気中に床のホコリなどが舞い上がることはありません。そのため、輻射式暖房を「空気のきれいな暖房」と称することがあります。

Q.床暖房で部屋全体を暖めるのは難しいのでしょうか?
A.時間はかかりますが、部屋の空気をいくらか暖めることができます。

Q.電気とガスではどちらが光熱費がお得でしょうか?
A.契約しているプランによります。ガスを多く使う場合やオール電化の場合など、応じてお得なプランが用意されているので、各家庭の状況に最も有利となるプランを選びましょう。

Q.狭い部屋ならば輻射式暖房の方が効率よく暖められるでしょうか?
A.そのようなケースもあります。また、小型の対流式暖房を使ってもいいでしょう。

まとめ

今回は、効率よく暖房器具を使うコツなどを紹介しました。暖房器具はいろいろな種類があります。暖房をする目的や場所によって使い分けることで、効率よく暖房することができるでしょう。光熱費の節約にもなります。