認知症とゴミ屋敷の深い関係を解説! ゴミ屋敷の予防法や対処法も!

「親が認知症になったので家がゴミ屋敷化するのではないかと心配」「認知症の人がゴミ屋敷に住み続けるとどうなるのか?」とお悩みではありませんか? 超高齢化社会に突入した日本では、認知症を抱える高齢者が急増しているのが現状です。すでに社会問題化しているゴミ屋敷の問題にも、認知症は大きく関係していることが考えられるでしょう。

この記事では、認知症とゴミ屋敷の関係やゴミ屋敷になるのを防ぐ方法などを詳しくご紹介します。

  1. 認知症とゴミ屋敷の関係は?
  2. 認知症の方がゴミ屋敷に住み続けるリスク
  3. ゴミ屋敷になるのを防ぐ方法 
  4. ゴミ屋敷化してしまったときの対処法 
  5. 認知症とゴミ屋敷に関するよくある質問

この記事を読むことで、認知症を抱える方の家がゴミ屋敷になりやすい理由や、ゴミ屋敷になってしまったときにやるべきことなどが分かるはずです。

1.認知症とゴミ屋敷の関係は?

まずは、認知症の方が住む家がゴミ屋敷になりやすい理由についてまとめました。

1-1.ゴミを認識できなくなる

認知症になると物事を認知する能力が低下するため、ゴミを「ゴミ」と判断することができなくなってきます。確実なゴミであっても捨ててよいのか判断できず、そのままにしてしまいがちなのです。その結果、いつの間にか家中がゴミであふれ、手がつけられない状態になってしまうことが多くなります。

1-2.分別やゴミ出しが難しくなる

認知症によって判断力が低下し、ゴミの分別が難しくなることも原因の一つでしょう。何が何ゴミに分類されるのかを調べることもできなくなり、ゴミがたまっていく一方です。また、曜日感覚が失われ、ゴミ出しをする曜日が分からなくなることもあります。ゴミを出すことができない日が続き、家の中にゴミがたまっていってしまうのです。

1-3.収集癖の症状が出やすい

認知症が進行すると収集癖の症状が出る人も多くなっています。買ったり拾ったりしてものを集めてしまい、捨てることに抵抗を感じるようになるのです。本人にとっては大切なものなので、周囲の人が説得しようとしても応じようとしません。

2.認知症の方がゴミ屋敷に住み続けるリスク

認知症を抱えている方がゴミ屋敷に住み続けると、どのようなリスクがあるのでしょうか。

2-1.健康面の問題

まず、健康面や衛生面の問題が挙げられます。賞味期限が切れたものを食べて食中毒を起こす心配や、カビが生えた環境で暮らすことにより病気になってしまう心配もあるでしょう。ゴミ屋敷にはネズミや害虫が発生する可能性も高いため、住む人の健康状態が悪化することは避けられません。特に、認知症の高齢者が一人暮らししている場合は、孤独死の心配もあります。ゴミ屋敷化していると人が寄りつかなくなるため、発見が遅れるケースも珍しくないのです。

2-2.火災が発生する可能性

ゴミ屋敷は火災が発生しやすいという問題もあります。住んでいる人が認知症を抱えている場合はなおさらでしょう。「ガスコンロの火を消さずに出かけてしまった」「タバコの火をつけたまま寝てしまった」などの理由で火災につながる可能性は十分にあります。ゴミが散乱しているため火の回りが早く、大きな火災に発展してしまったケースも少なくありません。

2-3.ご近所トラブル

近隣住民とのトラブルが発生しやすいというリスクもあるでしょう。認知症だと周囲の人とのコミュニケーションもうまくとれないことが多いため、ゴミ屋敷問題も悪化しがちです。悪臭や害虫の問題が近隣の家にも影響し、自治体を巻き込んだ大きなトラブルになる例も多くあります。

3.ゴミ屋敷になるのを防ぐ方法

ゴミ屋敷になるのを防ぐためにできる対策をまとめました。

3-1.ゴミ屋敷になる前に片付ける

ゴミ屋敷化するのを防ぐためには、こまめな片付けが必要不可欠です。「実家に帰るたびにものが増えている」「ものを捨てようとすると怒る」など、予兆に気づいたらなるべく早く対処しましょう。認知症の方は自分で片付けをするのが難しいと思うので、本人のペースに合わせつつ、片付けを手伝うことをおすすめします。ものがなくなっても気づかないようなら、本人が出かけているときなどに片付けてしまうのもよいでしょう。

3-2.こまめに連絡をとる

離れて暮らしている場合は、こまめに連絡をとって安全に暮らせているか確認しましょう。定期的な訪問が難しければ、自治体の見守りサービスなどを利用して様子を見にいってもらうこともおすすめです。そうすることで、孤独死を防ぐことにもつながるでしょう。

3-3.施設への入居を検討する

近隣住民などに迷惑がかかっているようであれば、早めに施設への入居も検討すべきです。認知症の高齢者が一人で暮らしている場合や、介護する側も高齢者である場合などは、いつ家がゴミ屋敷化してもおかしくありません。家族や周囲への負担が大きくなる前に行動すべきでしょう。

4.ゴミ屋敷化してしまったときの対処法 

家がゴミ屋敷化してしまったときの対処法をご紹介しましょう。

4-1.自分たちで片付ける

ゴミ屋敷を自分たちで片付けるには、大変な労力と時間が必要になります。しっかりと計画を立てた上で、効率よく片付けていきましょう。大まかな手順は以下のとおりです。

  1. 明らかなゴミを捨てる
  2. すべてのものを「いるもの」と「いらないもの」に仕分けする
  3. 「いらないもの」を処分する
  4. 「いるもの」を整理する
  5. 家の中を掃除する

4-2.プロに片付けを依頼する

自分たちでゴミ屋敷を片付けるのが難しい場合は、プロに依頼するのも一つの方法です。家の片付けから不用品の処分までまとめて依頼できるため、一気にゴミ屋敷を片付けることができます。害虫の駆除や特殊清掃を請け負ってくれる業者もあるのでチェックしてみるとよいでしょう。

5.認知症とゴミ屋敷に関するよくある質問

「認知症とゴミ屋敷について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.認知症になると必ず家の片付けができなくなるのでしょうか?
A.症状の出方には個人差があるため、必ずしも片付けができなくなるわけではありません。ただし、判断力の低下から家の中がものであふれてしまうケースは非常に多くなっています。

Q.ものを捨てようとすると怒るのですが、どうすれば説得できるでしょうか?
A.しっかりとコミュニケーションをとり、信頼してもらうことが大切です。「この人のいうことなら信頼できる」と思ってもらえれば、片付けを任せてくれるようになる可能性があります。

Q.ゴミ屋敷の掃除で、生ゴミから出た液体が床にしみ込んで臭いがとれません。どうすればよいでしょうか?
A.特殊清掃を請け負っているハウスクリーニング業者などに依頼することをおすすめします。特殊清掃でも臭いがとれない場合は、床材の張り替えが必要になる可能性もあるでしょう。

Q.ゴミ屋敷の片付けを業者に依頼した場合、費用はどのくらいかかるのですか?
A.ゴミの量にもよりますが、ワンルームだと40,000~50,000円、2DKで180,000~220,000円前後が相場といわれています。

Q.片付け業者を選ぶ際のポイントを教えてください。
A.豊富な実績があるか・料金体系が明確か・無料見積もりを受け付けているか・対応が丁寧かなどをチェックするとよいでしょう。

まとめ

認知症とゴミ屋敷の関係や、ゴミ屋敷になるのを防ぐ対策などをまとめてご紹介しました。認知症の高齢者が住む家はゴミ屋敷になりやすいといわれています。ゴミ屋敷のまま住み続けることのリスクを知り、ゴミ屋敷にならないために気をつけるべきことを実践してみてください。