家電を売りたい方必見! 買取に出す方法と高額査定のポイントを紹介

不要になった家電は、買取に出すことができます。しかし、どんな家電が買取可能で、どんな方法で買取してくれるのかという疑問が出てくるでしょう。買取先などと併せ、買取に出す前のチェックポイントを覚えておくと安心です。そこで、本記事では、高額買取になる家電の特徴や、買取業者の選び方などをご紹介します。

  1. 高く売れる家電とは?
  2. 家電の買取相場
  3. 買取対象外となる家電の特徴
  4. 家電を買取に出す際に確認すべきこと
  5. 家電を買取に出す方法
  6. 買取業者の選び方
  7. 家電の買取でよくある質問

買取価格の相場を知っておくと、損をしないで家電を買取に出すことができます。家電を売りたいと思っている方は、本記事を参考にしてみてください。 

1.高く売れる家電とは?

高額買取になる家電とはどのようなものなのでしょうか? 特徴などをご紹介します。

1-1.高年式のもの

製造から3年以内と高年式の家電なら、高額買取が期待できます。家電は、製造から5年が経過すると、故障や劣化が出てくるため、高年式の家電が買取業者の間では好まれるのです。

1-2.高機能なもの

高機能な家電は、新規購入すると高額な費用がかかります。中古で探す人が多くいるため、高額買取になる可能性があるでしょう。

1-3.きれいなもの

買取では、きれいなものが好まれます。外観だけでなく、内部まで丁寧に掃除されているものは、買取で有利になるでしょう。普段からこまめに掃除することをおすすめします。

1-4.季節商品は需要があるシーズンを選んで買取に出す

暖房や冷房などの季節商品は、需要があるシーズンを選んで買取に出すのが、高額査定につなげるポイントです。シーズンを迎える直前は、買取を強化している業者が増えるでしょう。

2.家電の買取相場

家電は、いくらぐらいで買取してもらえるのでしょうか? 買取価格の相場について考えていきます。

2-1.冷蔵庫

冷蔵庫の買取価格は、容量やメーカーなどによって異なります。年式でも変わってくるでしょう。

  • 製造から5年以上経過しているもの:100〜1,000円程度
  • 製造から3年以内と高年式なもの:500〜2万円
  • 最新モデル:1,000〜3万円

2-2.洗濯機

洗濯機の買取価格は、さほど高値になりません。衛生面が重視されるため、使用済みのものは敬遠されるからです。しかし、最新モデルは高額買取が期待できるので、査定に出してみましょう。

  • 製造から5年以上経過しているもの:0〜1,000円
  • 製造から3年以内と高年式のもの:100〜5,000円
  • 最新モデル:100〜1万円

斜めドラム式モデルは、洗濯機の中でも人気が高いモデルです。

2-3.テレビ

テレビは、インチ数によって買取価格が変わってきます。

50インチ以上

  • 製造から5年以上経過しているもの:2,000円程度
  • 製造から3年以内と高年式のもの:5,000〜1万5,000円程度
  • 最新モデル:2万円程度 

40〜49インチ

  •  製造から5年以上経過しているもの:1,000円程度
  • 製造から3年以内と高年式のもの:2,000〜1万円程度
  • 最新モデル:1万5,000円程度 

30〜39インチ

  •  製造から5年以上経過しているもの:1,000円程度
  • 製造から3年以内と高年式のもの:1,000〜5,000円程度
  • 最新モデル:1万円程度 

20〜29インチ

  •  製造から5年以上経過しているもの:100円程度
  • 製造から3年以内と高年式のもの:100〜1,000円程度
  • 最新モデル:2,000円程度 

19インチ以下

  •  製造から5年以上経過しているもの:100円程度
  • 製造から3年以内と高年式のもの:100円程度
  • 最新モデル:1,000円程度 

3.買取対象外となる家電の特徴

買取不可となる家電とはどのようなものでしょうか? 特徴についてご紹介します。

3-1.傷や汚れがひどいもの

傷や汚れがひどいものは、買取してもらえない可能性があります。特に、家電の機能に影響を及ぼすほどのものは、買取価格がつきません。処分を検討しましょう。

3-2.動作不良があるもの

動作不良があるものは、買取対象外となります。製造から8年以上経過しているものは、寿命も近く、修理部品の保有期間も終了していることがあるので、買取不可となるケースがほとんどです。

3-3.生活臭などが染み付いているもの

家電は、美品や未使用品が買取では有利です。生活臭やタバコ臭などが染み付いているものは、衛生面などを考慮し、買取不可となるケースが多くなっています。できるだけきれいな状態にしてから、買取に出しましょう。

4.家電を買取に出す際に確認すべきこと

家電を買取に出す際は、どんなことを確認すべきなのでしょうか? チェックポイントをご紹介します。

4-1.付属品の有無

買取に出す際は、購入時の付属品がそろっているか確かめてください。取り扱い説明書・保証書・予備パーツ・交換パーツ・専用工具・リモコンなど、付属されていたものがそろっているほど、高額買取が期待できます。

4-2.動作確認

家電が正常に機能するか、動作確認を必ず行ってください。付加機能がある場合も、すべて点検しましょう。1つでも動かない機能があると、マイナス査定になります。普段からメンテナンスをしっかり行い、不具合などがあれば修理しておくことが大切です。

4-3.全体を掃除する

買取に出す前は、査定時の印象をよくするため、全体を掃除することをおすすめします。家電は静電気でホコリを誘引しやすいので、細かな部分までしっかり掃除することが大切です。柔らかい布で拭き掃除をしましょう。

5.家電を買取に出す方法

家電の買取方法と、それぞれのメリット・デメリットについてご紹介します。

5-1.リサイクルショップ

最寄りのリサイクルショップへ、家電を買取に出すという選択肢があります。気軽に立ち寄ることができるのがメリットです。とはいえ、営業時間内に家電を持ち込まなければならないため、重量がある家電だと運搬方法を考える必要があります。また、査定基準が厳しいため、わずかな汚れや傷でも、買取不可とされてしまう場合もあるでしょう。

5-2.不用品回収業者

不用品回収業者は、不用品の回収以外に、家具や家電の買取を行っています。リサイクルショップより高値での買取が期待できるのがメリットです。また、出張買取をしてくれるため、自分で運搬する必要がありません。ただし、出張費用を買取価格から差し引く業者もあるので、費用を差し引いた後の価格をしっかり確認しておくことが大切です。

5-3.家電量販店

大手家電量販店では、家電の買取を行っている場合があります。家電を専門に扱っている業者であるため、安心感を抱くことができるのがメリットでしょう。とはいえ、買い替えが前提になるなど、業者ごとに買取の条件が異なるので注意してください。

5-4.個人売買

個人売買で家電を買取に出す方法もあります。ネットオークションやフリマサイトに登録すれば、誰でも出品可能です。希望価格で出品できるメリットはあっても、値引き交渉や送料負担など、必ずしも理想どおりに手続きが進まない可能性があります。また、家電は未使用品や展示品など、業者による出品が中心であるため、買い手が現れるまでに時間がかかるのがデメリットです。

6.買取業者の選び方

家電の買取業者を選ぶコツやポイントをご紹介します。

6-1.家電の買取を強化している

家電の買取を強化している業者は、通常より高値で買取してもらえるケースがあります。複数の業者から見積もりを出してもらい、買取価格を比較してみましょう。買取価格の相場が見えてきます。

6-2.家電の買取実績が豊富

買取価格だけでなく、買取実績などにも目を向けることが大切です。買取実績が豊富であることは、家電の価値を見極め、適正価格を付けてもらえるポイントとなります。

6-3.買取方法が利用しやすい

買取方法に注目することも大切です。重量がある家電の場合、出張対応してくれる業者が重宝します。簡単に持ち運びができる家電なら、持ち込み買取や宅配買取でもいいでしょう。利用しやすい買取方法を採用している業者を選んでください。

6-4.対応が丁寧で誠実であること

メールや電話での対応が、丁寧で誠実な業者は安心して利用できます。タイムラグがある業者や、面倒な様子が感じられる業者は、利用者の気持ちになって考えてくれません。見積時の対応などもしっかり確認しておきましょう。

7.家電の買取でよくある質問

家電の買取に関する質問を集めました。

Q.昭和レトロの家電も買取してもらえるのか?
A.はい、買取してもらえる可能性があります。ヴィンテージ品を取り扱う業者に依頼し、査定してもらったほうが、買取価格が付きやすいでしょう。

Q.買取で有利になる家電メーカーとは?
A.国内大手メーカーです。たとえば、パナソニック・日立・三菱・ソニー・東芝などがあります。無名ブランドでも、最新モデルなら買取可能な場合があるでしょう。諦めず、査定を受けてみてください。

Q.電化製品をまとめて売りたい場合はどこへ依頼すべきか?
A.不用品回収業者がおすすめです。まとめて買取を依頼したら、買取価格がアップする可能性があります。出張買取が基本であるため、大型製品でも運搬の必要がありません。

Q.売りたい家電に買取価格が付かない場合はどうすべきか?
A.無料で業者に引き取ってもらえるか相談してみましょう。無料引き取りが難しい場合は、自分で処分する方法を考えなければなりません。粗大ゴミなどとして自治体回収に出すことができるかどうか、自治体のルールを確認してください。家電リサイクル法や小型家電リサイクル法の対象となる家電は、法律が定める手順に沿って、リサイクル回収に出しましょう。

Q.家電の買取価格は交渉できるものなのか?
A.はい、業者によっては交渉できます。買取価格を交渉する際は、他社の見積もりなどを提示するのも1つの方法です。複数の業者で見積もりを出してもらい、買取価格の相場を把握しておくと、交渉がうまく進むでしょう。

まとめ

家電は、買取に出すことができます。ただし、高額買取になる家電は、高年式で状態がいいものに限定されるので注意してください。買取に出す際は、掃除をしてきれいにしておく・付属品をそろえる・家電の買取強化店を探すことなどが、高額査定につながるポイントです。家電を売りたいと思っている方は、本記事を参考にしてみてください。