布団のハウスダスト対策ならお任せ! 寝具の選び方・手入れ方法も!

布団のハウスダスト対策でお悩みではないでしょうか。寝室にハウスダストが多いと、アレルギーの原因になる・ダニが繁殖するなど、さまざまなデメリットがあります。何とかしてハウスダストを減らしたいものですよね。実は、布団や寝具の選び方や手入れしだいでハウスダストを減らすことができます。今回は、布団のハウスダスト対策や寝具の選び方・手入れの仕方を詳しく解説しましょう。

  1. 布団・寝具とハウスダストの関係
  2. 布団・寝具の選び方
  3. 布団・寝具のお手入れ方法
  4. そのほかのハウスダスト対策について
  5. 布団のハウスダストに関するよくある質問

この記事を読むことで、布団・寝具とハウスダスト対策について詳しく分かります。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

1.布団・寝具とハウスダストの関係

最初に、布団・寝具とハウスダストの関係を学びましょう。

1-1.布団はダニが発生しやすい

布団には、ダニが発生しやすいものです。保温性に優れ、汗を吸収して湿気がこもりやすいだけではありません。毎日寝るたびに皮脂や角質が付着するため、ダニの栄養分になるのです。特に、布団を敷きっぱなしだったりこまめに掃除や干したりしないと、大繁殖しやすくなります。寝るとかゆい・赤みを伴う虫刺されができるなどの症状がある人は、布団のダニ対策を徹底しましょう。

1-2.ハウスダスト対策の必要性

ハウスダスト対策は、健康的な生活を維持するために必要なことです。ハウスダストは、ダニや雑菌・カビの温床になります。ぜんそくやアレルギーなどの原因になるため、常にキレイに掃除することが大切です。特に、免疫力のない小さな子どもや高齢者・病み上がりの人がいる家庭では、しっかり対策してください。

2.布団・寝具の選び方

ハウスダストが出にくい布団や寝具の選び方について、詳しく解説します。

2-1.天然素材を避ける

羽毛や綿・絹などの天然素材を使用した布団や寝具は、ハウスダストが多く発生します。また、湿気や汚れを帯びることでダニの繁殖も心配です。ハウスダスト対策のためには、ウレタン・ポリウレタン・ポリエステルなどの化学素材の寝具を選びましょう。

2-2.高密度繊維のカバーを選ぶ

布団カバーや枕カバーは、高密度繊維方式で作られているものを選ぶといいでしょう。通常のものより繊維の密度が高いため、ダニが通過しにくくなっています。布団や寝具の内部に入りにくいので、ダニの繁殖を防ぐことができるのです。ただし、カバーの表面にはハウスダストやダニが付着するので、こまめに洗うことを忘れないでください。

2-3.「丸洗い可能」のものを選ぶ

布団の洗濯は、効果的なハウスダスト対策になります。購入するときは洗濯表示を確認し、丸洗い可能かどうかチェックしてください。丸洗い可能なものでも、洗濯機で洗えるもの・手洗いに限るものなどさまざまです。なお、自宅で洗濯できないものは、コインランドリーで洗うこともできます。洗濯機に入らないものは、クリーニングに出すことも考えてください。

3.布団・寝具のお手入れ方法

布団や寝具からハウスダストを除去するために効果的な方法を、詳しく解説します。

3-1.外に干す・布団乾燥機を使う

天気がよく、湿度が低い日には、布団を干しましょう。布団の湿気が逃げて、ダニの繁殖を防ぐことができます。ただし、花粉症の人は注意してください。昼間に布団を干すと大量の花粉が付着してしまいます。布団に花粉がつかないようにするためには、室内の日当たりがいい場所で干すといいでしょう。また、布団乾燥機を使うのもおすすめです。

3-2.掃除機を丁寧にかける

ハウスダストは、布団や寝具の上に付着します。掃除のたびに丁寧に掃除機をかけてハウスダストを吸い取りましょう。1か所につき3秒以上、ゆっくりとかけてください。布団用の専用ノズルを用意すると、より効率よく除去することができます。仕上げに、コロコロタイプのクリーナーを使うといいでしょう。

3-3.定期的に丸洗い・クリーニングする

きちんと掃除しても、布団や寝具の内部に入り込んだハウスダストやダニ対策まではできないため、定期的に丸洗い・クリーニングしましょう。頻度は、半年~1年に1回を目安にしてください。アレルギーがある人は、より短い周期で行うことをおすすめします。丸洗いすることで、布団内部のダニやダニのふん・死がいを除去でき、繁殖を抑えることができて効果的です。

4.そのほかのハウスダスト対策について

寝室のハウスダスト対策でそのほかのものを解説します。

4-1.掃除をこまめに行う

寝室のハウスダスト対策の基本は、こまめな掃除です。ハウスダストは常に空中を舞っています。1日に1回、午前中に掃除をしてください。掃除をするときは、上から下へ・静かに行う(ハウスダストが舞い上がるのを防ぐため)などに気をつけましょう。フローリングの掃除は、フロアーワイパーを使用すると便利です。

4-2.カバー類は毎日取り換える

枕カバーやシーツなど、肌に触れるものはできるだけ毎日取り換えて洗濯しましょう。人間のはがれ落ちた角質やフケも、ハウスダストの主成分のひとつです。枕カバーやシーツを、常に清潔に保つことがハウスダストの削減につながります。また、皮脂や角質が付着したままで放置するとダニが繁殖しやすくなるので注意してください。

4-3.ペットの抜け毛対策をする

ペットを飼っている家では、抜け毛対策も必要になります。抜け毛自体がハウスダストになるだけでなく、ダニが繁殖しやすいからです。ブラッシングやシャンプーを行って抜け毛を減らし、気が付いたときに粘着式クリーナーで除去するといいでしょう。特に抜け毛が多い時期は、ハンディータイプのクリーナーが役立ちます。

4-4.布製品をできるだけ置かない

ぬいぐるみなどの布製品は、寝室にできるだけ置かないようにしてください。繊維くずが発生し、ハウスダストを増やします。ぬいぐるみを置きたいときは手入れを欠かさないでください。また、ソファーは布張りのものでなく、レザーや合皮性のものをおすすめします。カーテンやじゅうたんも、ハウスダスト対策を施したものを選ぶといいでしょう。

4-5.空気清浄機を使用する

寝室に空気清浄機を置くのもいい方法です。空気中のハウスダストや花粉を吸着してくれるだけでなく、適切な湿度感度にも役立ちます。ただし、定期的にフィルターの掃除をすることを忘れないでください。フィルターの掃除を忘れると、効果が薄れるだけでなく、カビが繁殖して排気からまき散らしてしまうことがあります。

5.布団のハウスダストに関するよくある質問

最後に、布団のハウスダストに関するよくある質問に回答します。それぞれ確認し、参考にしてください。

Q.布団の上げ下ろしでホコリっぽくなる気がするのですが?
A.布団の上げ下ろしをすると、ハウスダストが舞います。できるだけそっと行うようにするといいでしょう。また、上げる前に布団の上のハウスダストを掃除機やコロコロタイプのクリーナーで除去するのも効果的です。

Q.ハウスダスト対策を徹底すればダニを0匹にできますか?
A.どんなにキレイな部屋にも、ダニは存在するものです。したがって、布団のハウスダスト対策をしても0匹にすることは難しいでしょう。しかし、布団の丸洗いなどを活用し、ダニの繁殖を抑えてアレルギーが出ないようにすることは可能です。

Q.古い布団にはハウスダストが多く発生しますか?
A.従来の布団は、素材が綿・羽毛・絹などの天然素材を使用したものが多く、ハウスダスト対策が行われていないものがほとんどです。また、古いものは長年の間に湿気や汚れを含み、ダニが繁殖している可能性があります。寝室のハウスダストを減らすためにも、買い替えを検討してください。

Q.ベッドにすればハウスダストが減りますか?
A.状況によるでしょう。ベッドでも、布団の素材によっては多く発生します。ただし、上げ下ろしをしない、という点ではハウスダストが舞い上がるのを抑えることは可能です。その分、布団にハウスダストが蓄積しやすいのでこまめな掃除・カバー類の交換を忘れないでください。

Q.業者に布団のクリーニングを依頼するメリットは?
A.以下のようなメリットがあります。自宅の洗濯機やコインランドリーで洗えない・洗うのが大変なときなどに、適宜依頼するといいでしょう。

  • 布団を集荷し、クリーニング後に配達してくれる
  • 自分で洗うよりもキレイで確実
  • 手間や労力・時間の節約になる

まとめ

今回は、布団のハウスダストについて詳しく解説しました。ハウスダストを減らすためには、普段の対策が必要です。ハウスダストが多いとダニが繁殖しやすくなるため、こまめにお手入れしてください。ハウスダストを減らすためには、定期的に布団を洗う・クリーニングすることも効果的です。また、布団・寝具の選び方にも気をつけましょう。この記事を参考に、ぜひ、試してみてください。