ハウスダスト対策は掃除の仕方も大切!? まずはこれから始めよう

「ハウスダスト」という言葉を聞いたことがある方は多いでしょう。
でも、「ハウスダストとは何か?」と聞かれたら答えられる方は少ないと思います。
そこで、今回はハウスダストとは何か、ということについてご説明しましょう。
ハウスダストはアレルギーの原因になりますが、その対策方法もご紹介します。
ハウスダストのことを詳しく知りたいという方や、ハウスダストが原因のアレルギー対策を探しているという方は、ぜひこの記事を読んで参考にしてくださいね。

1.ハウスダストとは?

ハウスとは家、ダストとはほこりという意味ですので、ハウスダストは家に発生するほこりの総称です。
しかし、ならば普通に「ほこり」といってもいいでしょう。
ハウスダストの特徴は「細かくて肉眼では見えにくい」ということ。
ですから、毎日掃除をしていても見逃すことが多いのです。
また、細かいほこりは空気と一緒に肺に入りこみやすく、アレルギーや喘息の原因にもなります。
ハウスダストは通常の掃除では除去しきれないことが多いので、アレルギー対策には掃除方法を工夫する必要があるのです。

2.ハウスダストになりやすい物質とは?

では、ハウスダストになりやすい物質にはどのようなものがあるのでしょうか?
この項では、その中でも代表的なものをご紹介します。

2-1.カビやダニの死骸(しがい)

カビというと、食品や家の中の湿っている場所に固まって生えているものというイメージがありますが、空気中にもカビの胞子は漂っています。
また、家に潜んでいるダニの死骸(しがい)やフンもハウスダストになるでしょう。
どちらも大変小さくて目に見えないので、きれいな場所でも注意が必要です。

2-2.花粉や排気ガス、土ぼこり

こちらは外から家の中に入ってくるハウスダストの素(もと)です。
これからの季節、天気がよい日は窓を開けて風を入れたくなりますが、家の立地によってはハウスダストの素(もと)になるものが入ってくるかもしれません。
また、花粉症の季節はスギ花粉もハウスダストになるのです。

2-3.服の繊維やペットの毛

服の繊維やペットの毛もハウスダストになるのです。
ペットの毛というと犬や猫の毛を想像する方が多いですが、ハムスターやウサギなどの毛もハウスダストになります。
また、インコやオウムなど鳥類の羽毛も要注意です。
さらに、フェイクファーやムートンなど毛足の長い敷物の抜け毛もペットの毛と同じと考えてください。
服も、素材によっては細かい繊維が落ちてハウスダストになるでしょう。
このほかにも、食べ物のカスや抜け落ちた毛髪、さらにタバコの煙などもハウスダストになるのです。

3.ハウスダストをできるだけ出さないようにするには?

ハウスダストの素(もと)はたくさんあります。
ですから、ハウスダストをゼロにすることは難しいでしょう。
しかし、工夫次第でハウスダストを減らすことは可能です。
この項では、ハウスダストを減らす方法をご紹介します。

3-1.空気清浄機を使う

今の空気清浄機は、ハウスダストを除去する機能がついたものも多いです。
家族に喫煙者がいたりペットを飼っていたりするご家庭は、空気清浄機を利用すればハウスダストを減らせるでしょう。
ただし、空気清浄機はフィルターを定期的に交換しないと性能が落ちます。
利用している方は、フィルターのチェックを忘れないようにしましょう。

3-2.毛足の長いカーペットなどを使用しない

毛足の長いカーペットやラグは、抜け毛がハウスダストの原因になります。
ふわふわとした長毛のラグやカーペットは肌触りがよく温かいですが、アレルギーの方がいる場合は使用しないほうがよいでしょう。
また、ペットが長毛の場合は美容院で短くしてあげると、ハウスダスト対策になります。
ペットが嫌がらなければ服を着せるのも効果的です。

3-3.花粉の季節は服装に気をつける

花粉症の原因となる花粉は、ハウスダストの素(もと)にもなります。
花粉症の季節は、外を歩くだけでも服に花粉がつく可能性があるのです。
そこで、ポリエステルなどつるつるとした素材の服を着れば、花粉の付着を防げます。また、今は花粉警報などもテレビで放映されているので、花粉がたくさん飛ぶ日は外出を控えるのも効果的です。さらに、家に帰ってきたら部屋に入る前に服をはたいて花粉を落としましょう。

3-4.風が強い日は窓を開けない

お天気がよいとつい窓を開けて風を入れたくなりますが、風の強い日は土ぼこりなども一緒に入ってきます。
風の強い日はできるだけ窓を開けないようにしましょう。
また、空気の入れ替えは、小さな窓を開けるだけでも十分です。

4.ハウスダストを取り除く掃除の仕方とは?

では、最後にハウスダストをできるだけ取り除く掃除の方法をご紹介します。
実は、私たちが普段行っている掃除の方法では、ハウスダストを除去しきれないのです。

4-1.掃除時間を工夫する

人が動けば、細かいハウスダストは空中にまいあがります。
ですから、ハウスダストを除去するためには、できるだけ人の動きがないときに掃除をしましょう。
お勧めは起床直後と帰宅直後です。
睡眠中や外出中は、家の中の空気があまり動きません。
ですから、ハウスダストも床や家具の上に落ちているのです。
そこを掃除すれば、ハウスダストを除去できるでしょう。

4-2.最初は拭き掃除から

掃除をするときに、まずは掃除機をかけるという方は多いでしょう。
しかし、掃除機は排気口から出る風でハウスダストを吹き飛ばしてしまいます。
ですから、ハウスダストを除去したい場合は、拭き掃除から始めましょう。
クイックルワイパーなど、立って拭き掃除ができる道具をつかえば便利です。
また、ハウスダストを除去する便利グッズも販売されています。
床だけでなく、家具の上なども拭き掃除をしましょう。
掃除機をかけるのはそれからです。

4-3.パッシブハウスでハウスダスト対策をしよう

パッシブハウスとは、高気密高断熱の住宅です。
24時間熱交換換気システムを使用しているため、窓を開けて換気する必要もありません。ですから、ハウスダストの素(もと)になる花粉や土ぼこり、車の排気ガスなどが入ってきにくくなるでしょう。ハウスダストアレルギーや花粉症で、「家の中では少しでも快適に過ごしたい」と思っている方は、一度モデルハウスの見学にいってみてはいかがですか。家を建てる場所によっては、一番効果的な対策方法になります。

5.おわりに

いかがでしたか?
今回は、ハウスダストの原因やアレルギー対策についてご紹介しました。
まとめると

  • ハウスダストは目に見えにくいほこりの総称である。
  • ハウスダストの原因となる物質はたくさんある。
  • ハウスダストを除去する際はまず拭き掃除から始めよう。
  • 起床直後や帰宅してすぐに掃除をすると、ハウスダストを除去しやすい。

ということです。
ハウスダストアレルギーは子供が発症しやすいアレルギーのひとつ。
こまめに掃除をしているのにせきや鼻水が治まらないという場合は、掃除の時間ややり方を変えてみましょう。
また、車がたくさん通る幹線道路沿いにお住まいの方は、排気ガスもハウスダストになります。
できるだけ車の少ない夜間や早朝に窓を開けるなど、工夫して生活しましょう。
さらに、前述したように空気清浄機を使う際は、フィルターの交換や掃除を忘れないことです。