三か月続ければOK! 面倒くさがりやさん向けの家計簿活用術とは?

節約の第一歩は家計簿をつけること。
節約指南の本の多くも家計簿をつけることを勧めていますね。
でも、中々続かない人も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、今まで何度家計簿つけにチャレンジしても失敗してしまった人向けの家計簿活用術をご紹介しましょう。

そもそもなぜ家計簿つけは続かないのか。

今はたくさんの種類の家計簿が出ていますし、スマホやパソコンで使える家計簿ソフトやアプリもたくさんあります。
「今度こそ続けられる」「簡単らくらく」と謳っているものも多いですね。
このような家計簿の多様化はそれだけ多くの人が家計簿付けに挫折していることの表れでしょう。
そもそも、なぜ家計簿付けは続かないのでしょうか。
自分がずぼらだから? いえいえそれは違います。
家計簿を真面目につけようと思ったら

  • 毎日家計簿をつける時間をとる
  • 家の収入をすべて把握する(夫婦共働きの場合は夫と妻両方)
  • 家の支出をすべて把握する(買い物、銀行の引き落とし、カード)
  • 通帳類の記帳・残高チェック

が必要です。
さらにつけた家計簿をもとに支出の分析や反省、来月の予算建てなども行わなくてはいけません。
もうこれを見ているだけで面倒くさいと感じている人もいるのではないでしょうか。
家計簿は会社で言えば帳簿付けと一緒です。
真面目にやろうと思うほどにやることは増えていき、結局は時間も根気もなくなって続かなくなってしまうのですね。

家計簿はどうして必要なのか。

では、家計簿はなぜ必要なのでしょうか。
それは収入と支出を把握するためです。
「どうしてもお金がたまらない」という人の多くが自分が一か月にどのくらいお金を使ったのか把握できていません。
「え、まさか?」思うでしょうが本当です。
収入はほとんどの人が把握できているでしょうから、家計簿をつけることで正確な支出額を把握すれば節約や貯蓄がしやすくなるのです。

面倒くさがりやさんの家計簿のつけ方。

時間がなくて面倒くさがりやさんには、専用の家計簿もアプリも必要ありません。
一番安い大学ノートを一冊用意して、毎日の食費・生活費・その他の3種類に分けて使ったお金を書いていきます。
品目を書く必要はありませんよ。
たとえば、仕事の帰りにスーパーによって夕飯と朝食の材料、シャンプーを買い、車にガソリンを入れたとします。
使ったお金は計6000円。
これを家計簿につけると

  • 食費・・・2000円
  • 生活費・・・300円
  • その他・・・3700円

といった感じになります。
「もう少し詳しくつけたい」という人は食費を食事の材料とお菓子等の嗜好品とに分けたり、その他のところに何に使ったか書いておきましょう。
これならば5分もあれば記入できますね。
外食費は食費に、遊興費も全部その他のところに記します。
そして、電気ガスなどの光熱費・携帯電話などの通信費は銀行の引き落としになっている人が多いでしょう。
その場合は一か月に一度通帳を記入すれば金額が記載されますのでそれでOKです。
クレジットカードの引き落としになっている場合は請求書を取っておきましょう。
そして月末に最終的な支出を合算すれば、自分が一か月にどのくらいお金を使っているかわかりますね。
これを3か月続けてください。
そうすれば自分が使っているお金の流れが見えてきます。
毎日いくら使ったか記載しておけば、ちょこちょことした出費が積み重なれば大きな出費になっていくことも実感できますね。
これはレコーディングダイエットと同じ仕組みです。
自分が毎日何円使っているか把握することで、自然と節約意識が芽生えてくるでしょう。
そして、3か月たったら一か月くらすのにいくら必要かがおおよそわかってきますので、その金額だけを銀行からおろし、後は一か月ATMに近づいてはいけません。
そうすれば余計な無駄遣いがなくなり、家計簿をつける必要もなくなるのですね。
ただ、光熱費は季節によって若干変化しますので、1年ほど記帳を続けたり、請求書を取っておいたりするとより家計が把握できます。

いかがでしたでしょうか。
どうしても家計簿が続かないという方は、来月からこの方法を試してみませんか?