掃除が苦手な人必見! 簡単で効率の良い掃除の仕方

毎日少しずつ掃除をしていれば、大掃除など必要ないと分かっていても、なかなかできないのが現実ではないでしょうか?
忙しい毎日の中で掃除ができない人も多く、気付いた時には不要な物が溜まり、どこから出を付けて良いのか分からない状態に・・・特に掃除の際に一番頭を悩 ませるのが水回りで、常に使う場所なのでマメに掃除をしないと、あっという間に水垢や汚れが溜まってしまい、不潔な印象になってしまう場所です。
突然友人にトイレや洗面所を貸すことになって慌てたなんて経験がある人も多いはずです。
ただ何も考えずに掃除をしていても無駄な動きが多く、時間ばかりかかってしまいます。
その結果、掃除は面倒で大変なことと思い込んでしまい、逃げたくなるのではないでしょうか?
しかしある方法を実践すると、効率良く掃除をすることが身に付き、家中を短時間できれいにできるようになります。

1.水回りは「ながら・ついで掃除」

水回りは、毎日必ず使う場所なので毎日使う際に「~しながら・ついで掃除」がお勧めです。
例えば、朝トイレに入った際にスプレータイプのトイレ用洗剤とトイレットペーパーを使いササッとふくだけで、常に清潔なトイレを保つことができます。
また、歯磨きをしながら洗面台の水しぶきや水垢を取り替える前のタオルで拭くと、洗面台の掃除回数をかなり減らすことができます。
自分ができる「ながら・ついで掃除」を一つでも多く見つけることが、効率の良い掃除につながるのです。

2.掃除する曜日を決める

毎日掃除をするのはとても大変で、家中掃除すると何時間もかかってしまいます。
なるべく掃除の時間を短く効率良くするために、各場所を曜日で分けて掃除するとう方法です。
自分のライフスタイルに合わせて朝や夜に15分ほど時間を作るだけで、家中を掃除することができるので、掃除が大変という気持ちがなくなるはずです。
また、短い時間で毎日続けることなので、習慣にしやすくいつの間にか毎日掃除をする癖が身に付いてしまうのです。
例えば

  • 月曜・・・一階の掃除機がけ
  • 火曜・・・二階の掃除機がけ
  • 水曜・・・家具や電化製品の拭き掃除
  • 木曜・・・トイレ掃除、リビングの掃除機がけ
  • 金曜・・・お風呂掃除
  • 土曜・・・玄関掃き掃除
  • 日曜・・・洗面所の掃除

このように曜日を決めてしまえば、時間をかけてまとめて掃除をするよりも断然効率的に掃除ができるのです。
もちろん、その家庭の汚れ具合の応じて、週に二回や三回掃除しなくてはならない個所もありますが、それでも短時間で終わるのです。
これに「ながら・ついで掃除」が加われば、一日の掃除時間はもっと短くなり掃除が楽になるはずです。

まとめ

いかがでしょう?

  1. 水回りは「ながら・ついで掃除」
  2. 掃除する曜日を決める

この二つだけで掃除は効率的になり無駄がなくなるはずです。
忙しい毎日の中で掃除に時間をかけることは難しくストレスになることもあります。
しかし、毎日の習慣にすることで全くストレスを感じることなく、歯を磨いたりお風呂に入るのと同じような当たり前になるのです。