コンセントの増設はどうやる? 増設方法や業者の選び方まで解説

コンセントの増設をしたいけれど具体的な方法が分からないという人もいるでしょう。コンセントが増えれば電気製品もたくさん使うことができます。タコ足配線という方法もありますが、火災などのリスクが心配な人もいるはずです。どうすればよいのでしょうか?

  1. コンセント増設をDIYでやるのは危険
  2. コンセントの増設前に確認したい4つのこと
  3. コンセントの増設3つの方法
  4. コンセントの増設場所おすすめ5選
  5. コンセントの増設を業者に依頼するときの注意点
  6. コンセントの増設よくある5つの質問

この記事ではコンセントを増やすため解説します。自分で行えるのかどうか、業者に依頼をするときの注意点なども解説するのでチェックしてください。

1.コンセント増設をDIYでやるのは危険

コンセントの増設を自分で行うことはできるのでしょうか? 結論から言えば、必要な資格を持っていなければできません。特にコンセントを増設するために、配線までいじるようなDIYは危険です。

1-1.電気工事士の資格を持っていないとダメ

コンセントの増設について、電気配線を取り扱うためには資格を持っていなければできません。コンセントの増設を自分で行えば確かに費用の節約はできます。しかし、屋内の電気配線を工事するには電気工事二種の資格が必要です。電気工事士の資格を持っていないのに自己判断でコンセントを増設すれば、厳しい罰則を受けることになります。

1-2.電気工事士の資格を持っている人でも危険

電気関係の学校などを卒業し、電気工事士の資格を持っている人なら法律的にはコンセントの増設を行うこと自体は問題ありません。ただし、日常的に電気配線を扱っていなければ、施工ミスが起きる可能性は十分にあります。表向きには問題がないようでも、ちょっとしたミスで漏電が生じる危険性があるのです。配線は壁の中に隠れていて、表から見ることができません。壁の中で火が出たとしても、見えないために気づくのが遅れる危険性があります。結果、家電が壊れるどころでは済まないレベルの事故につながる場合があるのです。コンセントの増設は専門業者に任せたほうが無難でしょう。

1-3.コンセント増設を失敗したときに起こるトラブル

  • 感電
  • 転落
  • 漏電火災

ブレーカーを落とさずにコンセントの増設作業を行うと、ショートによる感電の可能性があります。また、脚立などに登り工事をしようとすれば、転落するリスクもあるでしょう。また、感電・転落などが起きなくても、施工後、電線や配線を被覆処置せず、むき出しになっていれば漏電から火災につながるリスクがあります。他にも、水に触れる場所を通っていても、漏電やショートにつながるので注意してください。

2.コンセントの増設前に確認したい4つのこと

コンセントの増設を行う前に確認しておきたいことは複数あります。忘れていると、増設不可になることも多いのでチェックしておきましょう。

2-1.分電盤に空きはあるか

分電盤は、電気を各部屋に分配する・漏電ブレーカーなどで事故を防ぐ役割を持っている機器です。漏電があった場合、分電盤のブレーカーがいち早くトラブルを察知し、電気を遮断する役割を持っています。分電盤がなければ、電気の分配だけではなく、火災事故につながるリスクが高まるので重要な機器です。この分電盤ですが、許容範囲が設定されています。許容範囲に余裕があり、空きがあればコンセントの増設することができるのです。しかし、許容範囲に余裕がない場合もあります。この場合は、許容範囲が大きい分電盤に交換しなければ増設できません。

2-2.コンセントを増やす場所を決める

コンセントを増加したくてもできない場所があります。それが、水回りです。防水コンセントなどもありますが、お風呂場など浴室では対応できません。増設しても漏電のリスクが高く危険です。外に設置するとしても、水がよくかかる場所だと漏電リスクがあります。そのため、水回りは避けたほうがよいでしょう。

2-3.増設した場所が不便なら意味がない

コンセントは多ければいいと、適当な場所に増加すれば失敗します。増設の前に、どうしてその場所でなければならないのか改めて考えてみましょう。コンセントをつける場所を間違えると、たとえば、扇風機のコードが短い場合、置きたい場所に置けないなどの問題が生じます。せっかく増加しても、物を置く場所なら使い勝手は悪いだけです。

2-4.賃貸物件なら家主に確認が必要

マンションやアパートでコンセントを増設したい人も多いでしょう。ただ、賃貸物件の場合は管理している不動産会社や大家さんに確認しなければなりません。コンセントの増設には、壁に穴を開けるなど加工が必要になるからです。断られる場合もありますが、差し込み口の増加程度でしたら、大規模な工事も必要はありません。そのため、許可される可能性は十分にあります。

3.コンセントの増設3つの方法

コンセントの増設をする方法は複数あります。どんな方法があるのかチェックしておきましょう。

3-1.差し込み口が多いコンセントに変える

一番手軽なのは、古いコンセントを差し込み口が多いコンセントに変更する方法があります。電気配線を変える必要もありませんし、新しいコンセント器具内部にある配線をつなぎ替えるだけなので簡単です。ただ、使用する器具しだいでは、電気容量の問題で分電盤のブレーカーが落ちる可能性もあります。電力量についてもチェックしなければなりません。

3-2.すでにある電気配線から分岐する方法で増設

すでにある電気配線から分岐させる方法があります。屋内用の電気配線の電圧が100Vなら、引くことが可能です。たとえば、電灯などのスイッチ部分からも配線を分岐させることができます。

3-3.分電盤から専用の配線を引く

分電盤にブレーカーなどを新しく設置し、新しいコンセントまで配線を行う方法です。分電気から分岐させることなくストレートに配線をするため、電力の使用量は関係がありません。消費電力が大きな器具だとしても十分使用に耐えられます。

4.コンセントの増設場所おすすめ5選

コンセントの増設場所は悩むところです。基本的には、普段の生活をイメージするとよいのですが、結果として失敗する可能性もあります。そんな方に、おすすめのコンセントの増設場所をご紹介しますのでチェックしてください。

4-1.リビングはテレビの周辺がおすすめ

リビングでは、テレビ周辺がおすすめです。テレビだけでなく、録画機器・ゲーム機など多くの、コンセントが必要になる機器が集まる場所となります。コンセントを増設するなら、口数が多いタイプをテレビの裏側などに増設するのがおすすめです。ただし、テレビの裏側はホコリが集まりやすい場所となります。コンセントにホコリが入るなどすれば、トラッキング火災のリスクが高まるため注意してください。その場合、トラッキング火災防止用コンセントを採用するとよいでしょう。

4-2.キッチンは調理器具の使い勝手を考える

キッチンの場合、調理家電をどう使うかを考えて増設場所を検討しましょう。主にどんな調理器具を使用するかも検討材料となります。キッチンでコンセントの増加をする場合、一例として、壁の上側がおすすめです。壁の下側にコンセントがあると、調理家電のプラグを挿し込むときいちいちしゃがまなければなりません。システムキッチンの横や壁の高い位置に設置することでプラグの抜き挿しが楽になります。

4-3.寝室は枕元や足元

寝室では、枕元を検討してみてください。ミニスタンド・スマホ充電機器などを枕元で使えるようになるからです。他にも、テレビ用の録画機器や、パソコンなども使えるようになります。また、足元辺りに設置するのもよいでしょう。電気毛布・布団乾燥機・扇風機などが使えるようになるからです。

4-4.階段の踊り場

階段の踊り場は掃除をするとき、コードつき掃除機を使う場合に重宝します。コードが短くて上から下まで階段の掃除ができないことを防げるでしょう。

4-5.車庫・庭・駐車場など

車庫・庭・駐車場に屋外用コンセントがあると便利です。車内の掃除を、掃除機を使用してできます。充電式掃除機のパワー不足にストレスがたまっている人はよいでしょう。また、車庫や庭でDIYをよく行う人にもおすすめです。コードつきの電動工具を使えるので、いちいち充電する手間を省けます。また、電動芝刈り機を使用するときにも重宝するでしょう。

5.コンセントの増設を業者に依頼するときの注意点

コンセントの増設は信頼できる業者に依頼しなければなりません。悪徳業者などに引っかかると、火災などのトラブルに発展する可能性があるからです。コンセントの増設を業者に依頼するときに知っておきたいポイントをご紹介します。

5-1.コンセント増設の実績が多い業者に依頼

電気工事会社・リフォーム業者・コンセントの交換や修理を専門に行っている業者があります。多くの業者はホームページを設けているので、そこでコンセントの増設などの実績があるかチェックしてください。同時に、コンセントの増設ができる資格を持っているかどうかも調べましょう。もし、資格が記載されていなければ、怪しいので止めたほうが無難です。また、コンセントの増設を行ったことがある業者を、近所の人から口コミで聞く場合もあるでしょう。そうだとしても、一社で決定するのではなく、複数社から見積もりをすることをおすすめします。

5-2.見積時に細かい点までチェック

本当によい業者を選びたいなら、見積時に工事内容の細かい疑問点までしっかり答えてくれるところにしましょう。よい業者は、依頼者の不安を取り除くため誠実に答えてくれるものです。また、説明が分かりやすいかどうかもチェックしましょう。コンセントの増設で、配線工事を行った経験がたくさんある業者は分かりやすく説明してくれます。また、見積もりに関しても内訳をきちんと書いている業者は信頼できるでしょう。

5-3.損害保険に加入しているかどうか

電気工事を行う業者の多くは、損害保険に加入しています。施工中に誤って家の一部を壊してしまった場合、責任を取ってもらわなければなりません。業者が損害保険に加入していなければ、保証してもらえず長期的なトラブルとなり、泣き寝入りという結果も十分考えられます。

5-4.アフターフォローはあるか

アフターフォローもしっかり行ってくれるかどうかもチェックしたほうがよいでしょう。中には、コンセントの増設を行いトラブルになっても後は知らないという業者も存在します。コンセントの増設は簡単なようですが、配線もいじれば、後になってトラブルが発生する可能性も十分考えられるのです。自信と責任を持ってくれる業者なら、アフターフォローもしっかり行ってくれます。

5-5.費用相場

コンセントを増設する場合、どれぐらいの費用になるかは事前に知っておきたい情報でしょう。コンセントの差し込み口を増やす程度の工事では、5,000円程度が目安です。電気配線の変更もなく、新しいコンセント器具の内部配線をつなげばよいだけの工事となります。すでにある配線から分岐させてコンセントを増設する場合だと、12,000円程度が相場です。分電盤から配線を引いてコンセントを増やす場合には、16,000円が相場でしょう。また、配線の距離が長くなる・埋め込み工事が必要になると費用が高くなりますので注意してください。配線が通しにくい・天井裏を経由する必要がある・ボードなどの張り替えが必要な場合も費用は高くなります。

6.コンセントの増設よくある5つの質問

コンセントの増設でよくある5つの質問についてご紹介します。

Q.エアコンや電子レンジでは専用のコンセントが必要と聞いたけれど本当?
A.エアコン・電子レンジだけではなく、IHなども専用のコンセントが必要になる場合があります。IHなどでは消費電力が1000W以上になるからです。消費電力が大きいので、他の電気製品を使うことでブレーカーが切れることが多くなります。他にも、照明がちらつく、火災などのトラブルに発展するため専用のコンセントが必要になるのです。

Q.コンセントが壊れやすい条件などはあるの?
A.壊れやすい条件はあります。一般的にコンセントも寿命があり、できれば10年目安で点検するとよいでしょう。コンセントが壊れやすい条件としては、ホコリが多い場所・抜き挿しを何度も行う・塩や油の蒸気が多い場所・高温になる場所などが挙げられます。

Q.コンセントを増設する高さは何を目安にするとよい?
A.コンセントを抜き挿ししやすい場所・使用する器具のことをイメージしてください。また、身長のことも考えなければなりません。高い場所にコンセントをつけると、台が必要になります。高齢者なら、コンセントを抜き挿しするのは一苦労です。このような点を考えて、増設する場所の高さを調節してください。高齢者の場合は、床から40~45cm程度の高さがおすすめです。

Q.コンセント一つ増設したいだけでも業者は依頼を受けてくれる?
A.業者によって考え方は違います。ただ、多くの場合、コンセント一つでも対応してくれるでしょう。中には一定料金以上でなければ依頼を受けないという業者もあります。ただ、聞いてみなければ分からないので、問い合わせなどをして相談してみてください。

Q.コンセント増設を業者に依頼するとき用意したほうがよい物はある?
A.電気配線が分かる図面などを用意するとよいでしょう。図面があればスムーズに工事を進めることができるからです。図面がないという場合、少し手間がかかり、業者によっては追加費用がかかる場合があります。その点も問い合わせ時に質問したほうがよいでしょう。

まとめ

コンセントの増設では、自分で行える場合もありますが、配線を触らなければならないときは、素直に業者へ依頼してください。何の知識も持っていない場合、下手をすると火災に発展する可能性があるからです。また、自分で行える場合でも、ブレーカーを落として作業をしたほうがよいでしょう。コンセントの増設では安全第一を心がけてください。