腰痛防止ベルトの選び方を解説!注目すべきポイントは?

腰痛に悩まされている人は、多いことでしょう。腰痛を放っておくと、日常生活に深刻な影響が出ることもあります。腰痛対策はいろいろありますが、「腰痛ベルトを使ってみたい」という人もいるでしょう。その一方で「腰痛ベルトはたくさんの種類があり、選び方に悩んでいる」という人もいると思います。

そこで今回は、腰痛ベルトの選び方やおすすめ商品などを紹介しましょう。

  1. 腰痛ベルトの特徴と使用するメリット
  2. ウエストのサイズに合った腰痛ベルトを選ぶことが大切
  3. おすすめの腰痛ベルト
  4. 腰痛ベルトの正しい使い方
  5. 腰痛防止ベルトに関するよくある質問

この記事を読めば、体に合った腰痛ベルトを選ぶコツなども分かります。腰痛ベルトを使ってみたい方は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.腰痛ベルトの特徴と使用するメリット

はじめに、腰痛ベルトの特徴や、使用方法などを紹介します。

1-1.腰痛ベルトは腰椎を支える役割を担う

腰痛ベルトは、腹部に巻くことで内臓を圧迫し、腹圧を高めます。すると、腰の椎間板にかかる負担が軽減して、腰痛が起こりにくくなるのです。また、腰痛ベルトを巻くと腰の動きが制限され、動くことで痛みを感じるタイプの腰痛の症状を軽減する効果も期待できます。

1-2.腰痛ベルトと骨盤ベルトは違う

腰痛ベルトとよく似た商品に、骨盤ベルトがあります。骨盤ベルトは、産後に開いてしまった骨盤を締めるためにつけるものです。どちらも「腰に巻く」という共通点がありますが、骨盤ベルトの方が細いのが特徴となっています。なお、骨盤ベルトを腰痛ベルトの代わりにすることはできないので、必ず腰痛対策専用のベルトを購入してください。

1-3.腰痛ベルトは腰痛を治すものではない

腰痛ベルトは、腹圧をあげて腰椎をサポートするためのものです。一定期間巻いたからといって、腰痛が治るわけではありません。腰痛ベルトを巻かなければ動けないほどの腰痛がある場合は、必ず病院を受診しましょう。

2.ウエストのサイズに合った腰痛ベルトを選ぶことが大切

腰痛ベルトは、腹部を圧迫したり腰の動きを制限したりするために使います。ですから、ウエストのサイズに合ったものを選びましょう。体型が違う家族とは共有できません。また、巻くときは着物の帯を巻くようにしっかりときつめに締めないと効果が期待できないので注意してください。

3.おすすめの腰痛ベルト

この項では、多くの人に選ばれている腰痛ベルトの一例を紹介します。

3-1.腰部骨盤ベルト

ミズノから発売されている腰部骨盤ベルトは、装着することで体幹を安定させます。慢性的な腰痛に悩んでいる人はもちろんのこと、腰痛予防にも効果的です。ノーマルタイプのほか、メッシュタイプやワイドタイプがあります。腰痛に悩んでいる人はワイドタイプもおすすめでしょう。価格は高めですが、二重ベルトになっているので軽い力でもしっかり固定できるのが特徴です。スポーツメーカーならではのパフォーマンスも期待できるでしょう。
価格:5,590円

3-2.D-drempating 腰 サポーター ベルト

トルマリン・遠赤外線・20個の磁気が使われており、体温によって発熱するサポーターベルトです。腰を安定させるだけでなく、熱によって腰痛を軽減します。口コミでは、生理痛にも効果的な人もいるそうです。
価格:1,199円

3-3.至高のコルセット 

装着するだけで、腰痛が軽減すると口コミでも評判が高いコルセットです。重いものを持ち上げる仕事の方々にも重宝されています。
価格:1,450円

3-4.腰痛ベルト サポートベルト

柔道整復師が考えたとうたっているだけあって、腰痛を軽減する効果が高いサポートベルトです。口コミも上々で、椎間板ヘルニアの患者さんにも重宝されています。
価格:2,680円

3-5.バンテリンサポーター

バンテリンコーワが製造・販売しているサポーターです。口コミではやや小さめという意見が多いので、大きめのサイズを買うといいでしょう。ドラッグストアでも手に入りやすいので、手軽さが人気です。
価格:4,000~5,000円台

3-6.FINALIST 腰痛ベルト

薄い・軽い・蒸れないが売り文句の腰痛ベルトです。「夏に最適」とか、「蒸れなくていい」といった口コミが寄せられています。軽いので、高齢の女性にもおすすめです。
価格:2,388円

3-7.Darchen 腰痛ベルト 

上質のナイロンとメッシュが使われており、背中部分の縦幅が23cmと長くなっているのが特徴です。骨盤から腰をしっかりと支えられるでしょう。厚みがある分暑さを感じやすいのですが、ぎっくり腰の回復期などに重宝したという口コミが寄せられています。色展開も豊富です。
価格:1,500~3,000円台

3-8.日本シグマックス マックスベルト

高い通気性とフィット感がある腰痛ベルトです。装着したら長年悩んでいた腰痛が軽減したという購入者もいます。幅広なので、腰をしっかり支えてくれるでしょう。
価格:4,098円

3-9.SPORTIA 腰痛 サポートベルト 

サポート力が強く、360℃メッシュ構造なので通気性も抜群と高い評価があるサポーターです。つけた次の日から腰痛が軽減したという報告もあり、高い効果が期待できます。廉価なのも人気の1つです。
価格:1,090円

3-10.腰痛 コルセット Koeve

薄さ・通気性・フィット感を備えた腰痛コルセットです。口コミでは、着脱が楽でフィット感が気持ちいいと高評価を得ています。
価格:2,380円

4.腰痛ベルトの正しい使い方

この項では、腰痛ベルトの正しいつけ方や注意点を紹介します。

4-1.痛いときは無理をしてつけない

前述したように、腰痛ベルトは腰痛を治す効果はありません。痛いときは安静にして、無理につけないようにしましょう。

4-2.隙間ないようにしっかりとつける

コルセットは、体に密着してつけましょう。最初は少し苦しいと思うくらいでも大丈夫です。ただし、息をするのも苦しいというほど締め付けてはいけません。

4-3.腰痛防止にも使用する

腰痛ベルトは、重いものを持ち上げるなど、腰痛を発症するリスクが高い作業をする際にも用いましょう。腰痛防止になります。

5.腰痛防止ベルトに関するよくある質問

この項では、腰痛防止ベルトに関するよくある質問を紹介します。

Q.整形外科などでも腰痛防止ベルトを購入できるでしょうか?
A.はい。可能です。健康保険が使える腰痛ベルトもあるので、医師に相談してみてください。

Q.腰痛防止ベルトをしてスポーツを行えますか?
A.はい。メッシュなど通気性の良いものを用いて行いましょう。

Q.腰痛防止ベルトは男女兼用ですか?
A.はい。多くのベルトが男女兼用です。

Q.さらしのような幅広の布でもベルトの代わりになりますか?
A.いいえ。布ではすぐにずれたり蒸れたりします。

Q.腰痛防止ベルトの寿命はどのくらいですか?
A.使い方にもよりますが、毎日使えば数か月で交換が必要になるときもあります。

まとめ

今回は、腰痛防止ベルトの選び方や正しいつけ方などを紹介しました。腰痛防止ベルトには、メッシュやノーマルタイプなど複数の種類があります。使う場所や季節によって使い分けてもいいでしょう。可能ならば実際に装着してみて使い心地を確かめ、選ぶのがおすすめです。