椅子の選び方について解説! デザインや用途、重要視するものはコレ!

椅子は、意外と選び方が難しい家具です。「デザイン性やブランドにこだわって椅子を選んだら、どうも座り心地がよくない」とがっかりするケースも珍しくありません。特に、長時間使用することが多いオフィスチェアは選び方が悪いと腰痛や肩こりの原因となるでしょう。

そこで今回は、椅子の選び方を解説しましょう。

  1. 椅子選びは健康のためにも重要
  2. 椅子選びの際に注意するポイント
  3. 椅子の使い道別選び方
  4. 長時間使う椅子は値段が高めのものを選ぶ
  5. 椅子の選び方に関するよくある質問

この記事を読めば、椅子を選ぶ際のポイントや注意点もよく分かります。椅子選びに悩んでいる人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

1.椅子選びは健康のためにも重要

椅子は、最も長時間使う家具の1つです。座りにくい椅子をがまんして使っていると肩こりや腰痛など健康にも悪影響が出てきます。特に、オフィスで使うチェアは座り心地しだいで仕事の効率にも影響が出てくる可能性があるので、選び方が重要です。

2.椅子選びの際に注意するポイント

では、椅子選びの際に注意するべきポイントには何があるのでしょうか? この項では、その一例を紹介します。

2-1.椅子の使い道

椅子は、いろいろなところで使われます。食事をするときに使うダイニングチェア、仕事中に使うオフィスチェアが代表的です。このほか、くつろぐためのソファーや会議用の椅子などがあり、それぞれ使う時間なども異なってきます。使う時間が短ければデザイン性重視でもかまいませんが、長時間使う椅子ほど座り心地を重視しましょう。

2-2.素材

椅子の素材にもいろいろな種類があります。代表的なのは本体が木製で座る部分がクッションになっているものでしょう。このほか、メッシュ素材・プラスチック素材、合皮素材、本革素材などがあります。また、クッション性も重要です。ほとんどないものから、体が沈み込みそうなほどクッション性が高いものもあり、使うシチュエーションに応じて選びましょう。

2-3.機能

椅子は、高さや背もたれの角度が調整できるものもあります。長時間使う椅子には、自分の体に合わせて背もたれや高さが調節できるものがおすすめです。

2-4.形

椅子の形は千差万別です。背もたれの高さ、座る部分の広さ、アームレストやヘッドレストの有無など、使い道に応じて最適な形を選びましょう。たとえば、長時間座る椅子に背もたれがないものは不向きです。反対に、短時間狭い場所で使う椅子は、コンパクトなものが適しているでしょう。

3.椅子の使い道別選び方

この項では、椅子の使い道に応じた選び方を解説します。

3-1.ダイニングチェア

食事をするときに使うダイニングチェアは、ダイニングテーブルと合わせて選ぶことが大切です。テーブルとの高さが合っていないと、使いにくくなるでしょう。その一方で、背もたれはあまり高くなくても大丈夫です。そして、高さの調節など、機能性もあまり必要はありません。また、食べこぼしなどが掃除しやすいように、革張りや合皮張りよりも、お尻を乗せる部分だけ布張りになっているものや、クッションをつけられるものを選ぶといいでしょう。

3-2.オフィスチェア

オフィスチェアは長ければ数時間座り続けるものです。ですから、背もたれが高く体を預けられる面積が広い椅子がいいでしょう。「オフィスチェア」として販売されているものの多くが、背もたれが高いものです。アームレストやヘッドレストがついたものもあります。また、素材はメッシュのものがおすすめです。革張りなどは高級感がありますが、湿気が逃げにくく、夏場などは長時間座り続けていられません。そして、クッション性も重要です。あまりクッション性が高いと姿勢が安定しません。

3-3.ソファー

ソファーは、くつろぐ目的のものです。クッション性が高く、寝転べるようなものを選んでもいいでしょう。また、布張りや合皮張りはお手入れが簡単です。革張りは高級感がありますが、お手入れが大変ですので、クッションカバーなどをかけられるものを選びましょう。

3-4.会議用椅子など

会議用の椅子はシチュエーションに応じて使い分けましょう。人数が変動しやすい場所で使うには、パイプ椅子など持ち運びがしやすいものがおすすめです。一方、使う人がある程度決まっている場合は、オフィスチェアなどが使いやすいでしょう。

4.長時間使う椅子は値段が高めのものを選ぶ

椅子は値段もさまざまです。椅子の値段は、素材・機能・デザイン性で決まります。長時間使う椅子は、機能が高いので高価な椅子を選びましょう。たとえば、五千円のオフィスチェアと一万円のオフィスチェアならば、高いほうが高機能です。また、腰痛が出にくい椅子などもあるので、必要な機能がそろったものを選びましょう。

5.椅子の選び方に関するよくある質問

この項では、椅子の選び方に関するよくある質問を紹介します。

Q.デザイナーズチェアは、総じて座りにくいのでしょうか
A.そんなことはありませんが、背もたれが低くクッション性が少ないものは長時間座るには向いていません。

Q.高い椅子は寿命が長いのでしょうか?
A.そうとも限りません。革張りの椅子は高価ですが、お手入れをしないとすぐに寿命が来てしまいます。

Q.オフィスチェアは、背もたれが高いもののほうがいいでしょうか?
A.はい。そのほうが腰への負担が少なくなります。

Q.勉強用の椅子もオフィスチェアで代用できるでしょうか?
A.代用は可能ですが、読み書きをするにはやや前傾姿勢になりがちなので、オフィスチェアよりも長時間使うならば、背もたれがやや低めの椅子がおすすめです。

Q.市販品の椅子は、どうしても形が合いません。
A.オーダーメイドにするか、クッションや足台などを用いて調節しましょう。

まとめ

今回は、椅子の選び方について解説しました。椅子は、使い道や素材・機能などで選びましょう。デザイン性ばかり重視すると座り心地が悪いものをがまんして使うことになります。また、ダイニングチェアをオフィスチェアに流用するようなことはおすすめできません。やはり、用途に合わせて作られた椅子を使うことが重要です。