フローリングの色の選び方 3つ

家の床といえば、最近は多くの家でフローリングが使われています。
多くの部分を占めるため、なりたいイメージにあわせて色選びをしなくてはなりません。
リフォームをする際にフローリングを張り替えるならば、たくさん色がある中から選ぶのは大変です。
また家具や建具などとの色あわせも必要ですから、今回は色の選び方をご紹介します。

濃い色のフローリング

ダーク色などといいますが、濃い色のフローリングにするとぐんと落ち着きが部屋全体に現れます。
壁紙の色などにもよりますが、白という真逆な色であっても部屋にはまとまりが出るので相性はいいと思います。
また、壁紙の色が暗めの場合には、ダーク色にすると更にまとまりが出ます。
基本的にはフローリングは壁紙よりも暗い色が部屋全体のイメージとしてはよくなります。
しかし、あまりに暗い色で統一をしすぎると部屋のイメージも暗くなりすぎてしまうため、注意をしながら選びましょう。
濃い色のフローリングは色だけで高級感がアップするので、少し予算が少なめでも高級感あるフローリングに見えるはずです。

中間色のフローリング

濃くもなく、薄くもない…中間色といいます。
色の雰囲気としては、ナチュラル色というような色でしょうか。
もちろん中間色の中でも種類がありますから、家のイメージにあわせて選んでください。
中間色と呼ばれる色は、定番で飽きることがない色だと思います。
しかし、逆にいうと、定番すぎて面白みがなくなってしまう…ということもあります。
おしゃれなお部屋にと思うのであれば、少し家具などでアクセントを持たせてみてください。
やはり長く使いやすいということもあり、定番である中間色を選ぶ人は多いと思います。

明るい色のフローリング

明るい色というと、肌色ぐらいのような色合いを指します。
明るい色はやはり空間を広く見せることができるので、爽やかな雰囲気に仕上がるでしょう。
家具もナチュラル色から明るい色系統にそろえると、より一層爽やかさが増します。
全体的に明るいイメージになるので、ゆっくりリラックスしたいときには電気の色をオレンジにして爽やかさを和らげると、より一層素敵な雰囲気になるのではないでしょうか。

まとめ

  • 濃い色のフローリング
  • 中間色のフローリング
  • 明るい色のフローリング

この3つをご紹介しました。
濃い色・中間色・薄い色、この3つの色でフローリングをまずは選ぶことになります。
この3つの中からも更に細かく色が分かれていますので、微妙な色の違いについては実際にリフォームをする際に業者と話し合って色合わせをしていきましょう。