家具の選び方に悩んでいる人必見!コツや注意点を詳しく解説!

新居に引っ越す際、家具選びが楽しみという人は多いことでしょう。しかし、その一方で「張り切って家具を選んだのに、部屋に置いたら使いにくくて困った」という人もいると思います。家具を選ぶときは好みだけでなく、使いやすさや部屋との相性も大切です。

そこで今回は、失敗しにくい家具の選び方を紹介します。

  1. 家具選びの基本
  2. 家具とカラーコーディネイト
  3. 家具のレイアウト方法
  4. 家具の選び方に関するよくある質問

この記事を読めば、家具選びに悩むことはありません。家具の選び方に悩んでいる人は、ぜひ読んでみてください。

1.家具選びの基本

家具を選ぶ際は、見た目だけでなく使い心地や部屋との相性も大切です。この項では、家具選びの基本を解説します。

1-1.部屋の大きさに家具が合っているかチェックする

店舗で一目ぼれをして家具を買ったが、部屋に対して大きすぎて使いにくいというケースは珍しくありません。また、柱や幅木の出っ張りに家具が当たって部屋にデッドスペースができたり、コンセントが隠れてしまったりすることもあるでしょう。このようなことがあると、部屋が使いにくくなります。部屋の大きさに家具が合っているか、きちんと大きさを確かめましょう。さらに、搬入経路も考えてください。アパートの場合は共用廊下が狭いと大型家具が通らず、窓から入れる必要もあります。一戸建ても玄関から家具が搬入できるかチェックしてください。

1-2.家具の素材もチェック

無垢材や本革の家具は高級感があります。予算に余裕があればほしい人は多いことでしょう。しかし、無垢材や本革の家具はお手入れも大変です。特に、小さい子どもがいるご家庭は高級家具の手入れまで手が回らないこともあります。特殊素材の家具を買う場合は、お手入れ方法も聞いておきましょう。

1-3.使う対象が限られている家具を買うときは慎重になる

子ども向けの椅子など、使う対象が限られている家具を買う場合は慎重になりましょう。良いものを買っても短期間で不要になることもあります。代用できるなら代用品を使うのも1つの方法です。また、使うのにいくつもの行程を経なければならない家具なども要注意でしょう。たとえば、収納家具でも2ステップ以上の行程を経ないとものが収納できなければ、使いにくい可能性があります。

2.家具とカラーコーディネイト

家具は、部屋とのカラーコーディネイトも大切です。この項では、家具を選ぶ際に覚えておくと便利なカラーコーディネイトの知識を紹介します。

2-1.面積の大きい色と合わせるとまとめやすい

家具は、壁や床など面積の大きい場所の色と合わせるとまとめやすいでしょう。たとえば、床がベージュならばベージュから茶色の家具を置けば統一感が出ます。なお、色は濃いほど重く大きく見えるものです。部屋を広く見せたいならば、淡い色使いの家具を選びましょう。

2-2.小さい家具で差し色を楽しむ

赤・青・黄色・緑などはっきりした色の家具を置きたい場合は、まず小さいものを置いてみましょう。たとえば、白っぽい色で統一した部屋に赤いものが1つあるとアクセントになります。オシャレな部屋にしたい場合は、差し色で変化をつけてみましょう。なお、赤や黄色は気分を浮きただせる効果が、青や緑などは気分を落ち着かせる効果があります。ですから、赤や黄色は家族が集うリビングや子ども部屋、青や緑は寝室に用いるのがおすすめです。

2-3.反対色を配置する際の注意点

壁や床の色とあえて反対色の家具を用いるコーディネイトもあります。成功するとオシャレな部屋になりますが、黒と白のようなはっきりした色でコーディネイトをすると刺激が強すぎるので注意しましょう。淡いパステルカラー同士でまとめるなど、目に優しい配色を心がけてください。

3.家具のレイアウト方法

では、家具をどのように並べたらオシャレで使いやすい部屋になるのでしょうか? この項では、その一例を紹介します。

3-1.窓の周りは背の低い家具を置く

窓の周りに背の高い家具を置くと圧迫感が出ます。窓の周りは背の低い家具を置いて「抜け感」を作りましょう。そうすれば、部屋に入ったときに視線が窓の外に抜けて部屋が広く見えます。背の高い家具は入り口付近に置くのがおすすめです。

3-2.導線を考えておく

たとえば、リビングダイニングルームでは、食事をするテーブルがキッチンから行きやすい場所にないと使いにくいでしょう。家具を配置するときは導線を考えてください。また、コンセントの位置も重要です。テレビやパソコンなど常時コンセントを入れておきたい家電を置いておく家具は、コンセントの近くに設置しないと使いにくくなります。

3-3.インテリアは一箇所にまとめるとよい

インテリアを部屋のあちこちに飾ってしまうと、統一感がなく掃除も大変です。インテリアは一部屋一箇所にまとめておきましょう。その方が統一感が出る上、注目を集めやすくなります。

4.家具の選び方に関するよくある質問

この項では、家具の選び方に関する質問を紹介します。

Q.藤・い草・竹など植物を使った家具は使う季節が限られているでしょうか?
A.そんなことはありませんが、これらの家具は通気性が優れているので冬は寒いかもしれません。

Q.外国製家具の方がお手入れが難しいでしょうか?
A.いいえ。生産国より素材で手入れの難しさは決まります。

Q.マンションは重すぎる家具は使わない方がいいでしょうか?
A.家具ぐらいで支障が出ることはありませんが、たとえば本棚の場合は入れる本の量によっては補強が必要です。また、水槽も重いので気をつけましょう。

Q.純白の家具は汚れやすいものですか?
A.はい。汚れやすい傾向にはあります。こまめに掃除できるなら問題ありません。また、真っ黒な家具はホコリが目立ちます。

Q.原色の大きな家具は使いにくいですか?
A.原色のソファーやラグなどは1点なら差し色として用いることができます。しかし、大きな家具ほど存在感があるため、複数の色があると統一感がなくバラバラな印象になるでしょう。

まとめ

今回は、家具の選び方を解説しました。家具は見た目だけでなく手入れの仕方や部屋との相性で選びましょう。特に、ヨーロッパ製の大きな家具は日本の家には合わないこともあります。部屋の大きさと家具の大きさをよく比べて選んでください。そうすれば、失敗する確率が低くなります。