どんな庭にする? 植栽の選び方と場所別のおすすめ植栽

家を建てたときの楽しみの一つが庭づくりではないでしょうか。
木や花を植えて華やかに、見て楽しめてリラックスできる庭を作りたいですよね。

しかし、庭づくりに慣れていない場合は植栽選びに迷ってしまうものです。
庭づくりは1日にしてならず!
場所ごとに適切なものを植え、理想の庭になって行くように配置しましょう。

ここでは植栽選びのポイント・場所別の適した植物などを紹介しています。
いまから庭づくりをするかたはぜひ参考になさってくださいね。

植栽選びのポイントは「木を植える場所」と「植える目的」

気持ちのいい庭を作るためには、さまざまな種類の木を適切に配置することが欠かせません。
「庭」とひと口で行っても、人目に付きやすい場所や目立つ場所・目立たない場所、手入れしやすい場所・しづらい場所などさまざま。

その場所にあった木や植物を植えることで、美しく気持ちいい庭ができていきます。

また、植える目的を「目隠し」にするのか「鑑賞」にするのかによって選ぶ植物は違います。
ここにはどんな植物を植えて、どんな役割を持たせるのか?
それを考えながら植栽選びをしていきましょう。

場所別・適した木と配置の仕方

テラスまわり

テラスの近くに植える木は、「夏は日陰を作り冬は葉が落ちて日光を通してくれる」という役割を持たせましょう。

最も適しているのは落葉樹(カツラなど)が適しています。

落葉樹は葉が落ちて手入れがめんどくさい・・・という方もいますが、冬に日光をさえぎられるととても寒く感じます。
夏涼しく、冬暖かい役割を果たしてくれる落葉樹から選んでください。

目隠ししたい場所

外から見えないようにしたい場合は、背が高く1年を通して葉をつけている常緑樹が最も適しています。

良く選ばれるのはシマトネリコ・ソヨゴ・キンモクセイなど。

特にキンモクセイは古くから日本で人気が高く、秋になると香りのよい花を咲かせることで有名です。

とても丈夫な木ですから、素人でも育てやすいというのが利点ですね。

庭の中心・窓から見える近い場所

庭の中心や窓から見得る場所には、花が目立つものや実がなるものがおすすめ。
鑑賞用のものを植えると目にも楽しく、リラックス効果が期待できます。

好まれるのは紅葉・椿・サルスベリなど。

スペースが広い場合は複数の木を植えて楽しむのもおすすめです。
季節ごとに違う顔を見せてくれますから、1年中美しい植物たちを楽しめます。

隣の家との境・生垣

生垣や境に適しているのは低木の植物たち。
背が高すぎる木は圧迫感を与えますし、壁際が背の高い木ばかりだとメリハリがなくなってしまいます。

低木で手入れのしやすい植物を選びましょう。

おすすめはマユミ・マホニア・丘マリモ・プリペットなど。
たくさん種類を植えて低木のかわいらしさを楽しみましょう。
手入れも楽しくなりますよ。

植栽の選び方をご紹介しました。
庭づくりのためにぜひ参考になさってください。